ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ)の驚くべき抗がん効果:医師による研究報告のまとめ

Pocket

90c477a3984a1ad6987b7e2993bf027c_s

夏野菜の代表として食卓に登場するゴーヤ(別名、ゴーヤー、ニガウリ、ツルレイシ)ですが、最近がんを抑制する食べ物として注目を集めています。

ゴーヤはウリ科の植物で、ビタミン(特に抗酸化作用が強いビタミンC)、ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム)、食物繊維を豊富に含んでいます。このため、老化や動脈硬化を防ぐ健康食品として知られています。沖縄の人が長寿なのは、ゴーヤをいつも食べているからとも言われています。

また、ゴーヤの苦み成分であるモモルデシンチャランチンには血糖値を安定させ、コレステロールを低下させる作用があることより、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。

さらに、ゴーヤにはがんを抑制する作用があるのです。まさにスーパーフードですね!そこで、今回はゴーヤの抗がん作用についての報告を調査し、まとめてみました。

ゴーヤ(Momordica charantia)の抗がん作用の報告

496d8dd7330ff12207a88d1de2be0beb_s

ゴーヤの成分BG-4によって大腸がん細胞が死滅

BG-4, a novel anticancer peptide from bitter gourd (Momordica charantia), promotes apoptosis in human colon cancer cells. Sci Rep. 2016 Sep 15;6:33532. doi: 10.1038/srep33532.

この実験では、代表的な大腸がん細胞を2種類(HCT-116とHT-29)使い、ゴーヤから抽出された新たな生物活性ペプチドであるBG-4の抗がん作用を調べています。

BG-4は、大腸がん細胞(とくにHCT-116)の増殖(コロニー形成)を抑制しました(下図)

ゴーヤBG-4大腸がん細胞アポトーシス

さらに、このBG-4ががんの増殖を抑制するメカニズムには、がん細胞をアポトーシス(プログラムされた能動的な細胞死)に誘導して死滅させる作用が関与していることが分かりました。

ゴーヤの成分TCDが乳がん細胞の増殖を抑制

A triterpenoid from wild bitter gourd inhibits breast cancer cells. Sci Rep. 2016 Mar 1;6:22419. doi: 10.1038/srep22419.

この研究では、3β,7β,25-trihydroxycucurbita-5,23(E)-dien-19-al (TCD)というゴーヤから単離された成分が、2種類の代表的な乳がん細胞(MCF-7とMDA-MB-231)の増殖を抑制することを示しています。

さらに、このTCDという成分も、先ほどと同様に乳がん細胞をアポトーシスに導くことが示されました。

ゴーヤ抽出物が卵巣がんの成長を阻害し、抗がん剤の効果を高める

Bitter Melon (Momordica charantia) Extract Inhibits Tumorigenicity and Overcomes Cisplatin-Resistance in Ovarian Cancer Cells Through Targeting AMPK Signaling Cascade. Integr Cancer Ther. 2016 Sep;15(3):376-89. doi: 10.1177/1534735415611747. Epub 2015 Oct 19.

この研究では、以下のことを証明しています。

1.ゴーヤの抽出物が卵巣がん細胞の増殖を抑制し、アポトーシスに導入た。
2.ゴーヤ抽出物は、卵巣がん細胞の遊走(運動性)および浸潤(周りの組織などに広がること)を阻害した。
3.ゴーヤ抽出物は、マウスに移植した卵巣がんの成長を阻害した。

卵巣癌ゴーヤ抽出物

4.卵巣がん治療に使われる代表的な抗がん剤であるシスプラチンゴーヤ抽出物を併用することで、卵巣がん細胞の増殖およびマウスに移植した卵巣がんの成長を著明に抑制した。

以上の結果より、ゴーヤ抽出物は卵巣がんに対して強力な抗腫瘍効果を持ち、さらにシスプラチンの感受性(腫瘍への効果)を高める可能性があると結論づけています。

ゴーヤの絞り汁(ジュース)が膵臓がんの抗がん剤耐性を克服し、治療効果を高める

Bitter melon juice targets molecular mechanisms underlying gemcitabine resistance in pancreatic cancer cells. Int J Oncol. 2015 Apr;46(4):1849-57. doi: 10.3892/ijo.2015.2885. Epub 2015 Feb 9.

研究者らは、膵臓がんが抗がん剤のゲムシタビン(ジェムザール)に効かなくなるメカニズムの1つとして、AktとERK1/2のリン酸化が亢進していることを示しました。

そして、ゴーヤのジュースが、このゲムシタビンが無効の膵臓がん細胞のAktとERK1/2のリン酸化を阻害し、増殖を抑制することを発見しました。

このことより、ゴーヤを併用することによって、膵臓がんに対する抗がん剤治療の効果が高まる可能性があると結論づけています。

その他の研究報告

上記の他にも、ゴーヤの抽出成分が肺がん、肝臓がん、前立腺がん、あるいは咽頭がんなどの増殖を抑制したという研究報告があります。

なかでも、ゴーヤの成分であるMAP30というタンパクが、抗がん作用を発揮しているようです。

このように、多くの細胞および動物実験において、ゴーヤの強力な抗がん作用が報告されています。今後のさらなる研究を期待したいですね。

ゴーヤをとりましょう!

381925d9fcfa87da3259549b3c9e7c5b_s

さて、こんなに強力な抗がん作用をもつゴーヤですので、できれば夏は毎日でも摂りたいものです。

ゴーヤをつかった料理としては、やっぱり定番はゴーヤチャンプルーでしょうか!その他、ゴーヤの和え物、佃煮、天ぷら、サラダなどもいいですね。

でも最も効果的なのは、おそらく生のゴーヤ・ジュースだと思います。

ちなみにゴーヤだけをミキサーで絞っても苦くてまず飲めません(笑)!ちょっとした工夫が必要です。苦くないゴーヤジュースのレシピがこちら↓です(クックパッドより)。

https://cookpad.com/recipe/3993865

ゴーヤを絞るのが面倒臭い人には、ゴーヤ(丸ごと1本)に天然のオリゴ糖がたっぷりの南米アンデスの長寿野菜ヤーコンを加えた健康ドリンクもあります↓。

ミリオンのゴーヤー&ヤーコン

ゴーヤの苦みがヤーコンの甘みでマイルドになり、美味しい野菜ジュースとなっています!

興味のある方は一度試してみて下さい!


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

Pocket

こちらも併せてどうぞ

あなたへのおすすめ記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク