EPAがたっぷり含まれているオメガ3脂肪酸サプリメント(ランキング)

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

毎日の健康維持のために、EPA(エイコサペンタエン酸)はしっかりと摂取したいところですが、食べ物からだけでは十分な量をとることは大変です。

サプリメントでEPAを補いたいのですが、いろいろあってどれがよいのか迷うところです。そこで、EPAの成分量に注目してオメガ3脂肪酸のサプリメントを調査してみました

代表的な国産オメガ3脂肪酸(EPA+DHA)のサプリメントを、EPAの成分量(1日摂取目安量)が多いものから順番にならべてみました!

オメガ3脂肪酸(EPA+DHA)のサプリメント

商品名

EPA (mg) DHA (mg) EPA+DHA (mg)

その他の成分

1ヶ月の値段(通常価格)

DSさらさら

DSサラサラ

1041 1041 レスベラトロール(24.5mg)

12,000円(定期9,600円)

「イマークS」

イマークS

600 260 860  ー  7,500円(20本5,000円)

さかな暮らし 魚暮らし

600 260 860 クリオオイル(100mg) 2,800円 

美健知箋 EPA&DHA

美健知箋

200 550 750 ー   6,480円(定期4,980円、初回1,000円)

大正DHA・EPA

大正EPADHA

200 400 600 ー   4,000円(定期3,600円、初回980円)

EPAの含有量(1日量目安)からすると、1位はダントツでDSさらさらです。EPAの含有量は1,041mgです!ただし、お値段も1位です(笑)。

2位「イマークSさかな暮らしになりますEPAが600mg含まれています。EPA+DHAの合計量でも860mgと他社より多いですね!

以下、上位3位(+次点)までを紹介します。

1.DSさらさら(株式会社ソルブ)

ダントツのEPA含有量1位(1,041mg)を誇るのはDSさらさらです。

メタボリックシンドロームを初めてTVで紹介した、生活習慣病の第一人者の岡部 正医師が開発したサプリメントです。抗酸化作用のある成分トランスレスベラトロールアスタキサンチンを加えており、EPAの酸化しやすいという弱点をカバーしています。

厚生労働省が推奨するオメガ3脂肪酸量(1日1,000mg以上)を超えてますので、このサプリメントだけでEPAは十分といえます。

ただし、お値段も1位(単品で1月12,000円、定期便で月々9,600円(初回8,400円))ですので、よくご検討の上、お試しください。

ということで、利点と欠点をまとめます。

利点
  • EPA量が1番多い(厚労省の推奨量を超える量)

  • 抗酸化作用のあるレスベラトロールとアスタキサンチンを配合

  • 個別包装で携帯に便利

欠点

  • 値段が高い
  • DHAが入っていない

EPA含有量No.1にこだわる方にはこちらをオススメします。

DSさらさら

 

2.イマークS(ニッスイ)

続いてEPA含有量第2位は、ニッスイ「イマークS」です。

こちらは、カプセルではなくドリンクタイプとなります。

EPA600mg(+DHA 260mg)とたっぷり含まれています。

P1000687

さっぱりしたヨーグルト味で、とても美味しいです。魚くさいかな?と心配しましたが、全然大丈夫でした。

今なら1,000円で10日間お試しできます↓

P1000683

ということで、利点と欠点をまとめます。

利点
  • EPA(+DHA)量が多い

  • ドリンクタイプなので続けやすい

欠点

  • 値段が高い(ただし、1,000円でお試しが可能)

ドリンクタイプがよかったら、皆さんもお試しください!

「イマークS」

2.さかな暮らし(マイケア)

同率の第2位は、マイケアのさかな暮らしです。

通常価格は1袋30日分(180粒)で2800円(+税、+送料250円)です。月々の定期便でたのむと2520円になります。他社と比べても安い方ですね。

まずは通常価格で試してみました。支払いが振込(郵便局・コンビニ)しか無いのが残念ですね。まあ、コンビニには毎日行くので問題にはなりませんが。

結構ずっしり重いですね!

P1000672

さて、開けてみます。おっと、中はちょっと魚くさいですね(笑)。まあ、フィッシュオイルがたくさん含まれている証拠ですね!

P1000673

カプセルは大きめです。これは、お年寄りにはちょっときついかもしれません!飲んでみましたが、特に魚くさくて困ることはありませんでした。

P1000678

1日6粒でEPA+DHAが合計で860mgもとれるのがうれしいですね!

さらに、今話題のクリルオイル「南極オキアミ」というエビに似たプランクトンから抽出される脂質成分)も含んでいます。

やはりサプリメントは継続しないとあまり意味がありません。続けるためにはコストパフォーマンスが一番大事ですが、定期便だと1日100円以下になりますので、続けやすいと思います。

ということで、利点と欠点をまとめます。

利点
  • EPA(+DHA)量が多い

  • コストパフォーマンスが高い

  • クリルオイル(南極オキアミから摂れるオイル)もとれる

欠点

  • 支払い方法が限定(クレジットカードで支払いができない)
  • 若干、魚くさい

  • カプセルが大きい

コスパ重視ならこちらのさかな暮らしをおすすめします!

さかな暮らし

3.美健知箋(ビケンチセン)EPA&DHA(サトウ)

3位は、あの「ユンケル」でもおなじみの佐藤製薬から発売されたオメガ3脂肪酸サプリメントです。

美健知箋EPA&DHA

この美健知箋EPA&DHAですが、EPAの量は(1包あたり)200mgと若干少なくなります。しかし、逆にDHAの量が550mgと多く、オメガ3脂肪酸がトータルで750mgも含まれてます。

さらに、EPA&DHAは非常に酸化しやすいのが問題となりますが、ビタミンEを配合し、シームレスカプセル(飲みやすい小粒のカプセル)で仕上げ、さらにアルミパックで包装しているため、飲む直前まで酸化を防ぎます。

さっそく試してみました。

P1000542

注文して、数日で届きます。

箱を開けてみると・・・ユンケル(ローヤル100)と例のかわいいマスコットがおまけでついてきました!うれしいサプライズですね。

P1000547

中には、個別に包装したアルミパックがぎっしりと30包はいってます。

P1000549

これなら外出時にも持って行けますね。さっそく一包飲んでみます。

P1000552

小さな小粒のカプセルがいっぱいですね~(これは初めての小ささです)。大きいカプセルだと時々のどに引っかかるのですが、これなら大丈夫ですね。

定期便を申し込むと、最初の1ヶ月がなんと84%オフの1000円(送料無料)で試すことができます。また定期便を申し込んだとしても、気に入らなければ初月から解約も可能なのです。

ということで、利点と欠点をまとめます。

利点
  • DHA量が多い

  • 1包ずつアルミパックで包装しているため、飲む直前まで酸化を防ぐ

  • カプセルが小粒で飲みやすい

欠点

  • EPA量が若干少ない

美健知箋EPA&DHA

次点:大正製薬のDHA・EPA

こちらの大正製薬のDHA・EPAは、EPA量としては200mgと若干少ないのですが、DHA+EPA量は600mgとそこそこ含まれています。

また、定期便にすると初回1ヶ月分が980円(76%オフ)となり、それ以降も月々3600円(1日およそ120円)と続けやすい値段になってます。

コストパフォーマンス的にはこちらもオススメです。また、大正製薬という老舗の安心感もありますね!

利点
  • コストパフォーマンスがすぐれている

  • 1包ずつアルミパックで包装しているため、飲む直前まで酸化を防ぐ

  • 溶けやすいカプセルを採用(3分で溶ける)

欠点

  • EPA量が若干少ない

大正製薬のDHA・EPA

以上です。

EPAの量と値段を考えて、もっとも続けやすいものを選びましょう!

スポンサーリンク