「ガンとわかったら読む本」のなかで伝えたいこと:勇気・希望そして自分自身で治すという気持ち

LINEで送る
Pocket

ben-white-138093-unsplash

「ガンとわかったら読む本(専門医が教えるガン克服の21ヵ条)」が出版されて1ヶ月が経ちました。

おかげさまで、現在のところ2刷8千部まで伸びています。

最近では、地元の小さな本屋さんでも目にするようになりました。本当にありがとうございます。

より多くのがん患者さん(およびサポートされるご家族のかた)に手にとっていただきたいと思っています。

そして、ご意見、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。今後の診療やブログの参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。

さて、今日は、「ガンとわかったら読む本」のなかで、私がもっとも伝えたかったメッセージを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ガンとわかったら読む本」のなかで伝えたいこと

aaron-burden-238711-unsplash

まず最初にお断わりしておきますが、この本は、

●ガンが確実に治る治療法

●末期ガンが消える食事療法・サプリメント

●遺伝子治療・先進医療など(まだ臨床で使えない、あるいは保険適用外の)夢のガン治療

●ガンの放置、治療放棄

を紹介したり、すすめたりするものではありません。

このような情報は、ときにガン患者さんにとって心地よくきこえるかもしれません。

現に、私の担当患者さんにも、標準治療を否定し、本で紹介されていた民間療法を選択した方がいます。

わたしは、患者さん自身がよく考え、納得して決めたことであれば、それでよいと思っています。

ただ、このようなエビデンスのない治療法や食事療法、あるいは放置することを選択し、経過が思わしくなかった場合、多くの患者さんは後悔することになります。

では、どうすればいいのでしょうか?

ガイドラインにのっているエビデンス(医学的根拠)のある標準治療を選択すれば、それでいいのでしょうか?

私は、それだけでは足りないと思っています。

ガンを克服し、幸せな未来を勝ち取るためには、「医師の言うがままに治療を受けていればよい」という依存型の医療から脱却する必要があるのです。

そのためには、患者さん自身が「やるべきこと・できること」を見つけ、日々の暮らしで取り組むことが大切です。

この本は、ガンと告知されてから治療法を決定し、手術、あるいは抗がん剤治療を受け、その後の経過観察の期間をふくめて「患者さん自身が何をすべきか?」について、全部で21ヶ条としてまとめたものです

本書の目次を紹介します。

第1章 告知されたときに知っておくべき7つのこと

(1)「ガン=死」の認識を改める

・誤ったイメージが植えつけられてきた

・ガンになっても6割の人は治る

・2週間を目安に気持ちを立て直す

(2)病院選びを間違えない 

・意識すべき3つのポイント

・病院の信頼性はここを見て判断しよう

・自宅からの距離はやっぱり重要

・病院スタッフの印象もチェックしておく

・最終的に自分で決断すること

(3)主治医の専門性と治療方針をチェックする

・信頼できる主治医の探し方 

・主治医との相性はどう確認するか? 

・主治医に必ず確認すべき10項目 

・治療法をその場で決めてはいけない 

・ネットで情報を集める際の注意点 

・他の患者やサバイバーから情報を得る 

(4)ガイドラインが正しいとは限らない

・三大治療のメリットとデメリット

・ガイドラインに沿った治療法が示される

・ガイドラインが絶対ではない理由とは?

・ガイドラインに従うべきか熟慮を要するケース

・外科医は手術、内科医は抗ガン剤を好みやすい

(5)「先生にすべてお任せ」ではダメ 

・セカンドオピニオンを取るべきか? 

・申し出るタイミングと別の病院の選び方 

・セカンドオピニオンにはデメリットもある 

(6)非標準治療を過信するのはハイリスク 

・標準治療か、非標準治療か

・代替医療だけに頼ると死亡率が高まる 

・治療の主体はあくまでも自分自身 

(7)余命は聞くな 

・「余命3カ月=あと3カ月の命」ではない

・ステージ4から克服する人は意外と多い 

・【参考資料】信頼できるガンの本とウェブサイト  

第2章 手術前にしておくべき7つのこと

(1)手術ができることにまず感謝する 

・麻酔や手術に耐えられるのは喜ばしいこと

・必要以上に怖がらなくていい

・手術に向けていかに準備できるかが重要

(2)手術日まで安静にするな

・ガンに安静はむしろ弊害 

・術後の感染症や合併症を防ぐ「プレ・リハビリ」

・手術前からスクワットを始めよう

(3)タンパク質を意識的に摂取する 

・術前の玄米菜食やゲルソン療法はNG 

・食欲がなくてもタンパク質がとれるレシピ 

・プロバイオティクスで腸内環境を整える

(4)体をしっかりとデータ管理する 

・栄養状態の指標「PNI」とは? 

・PNIの値が低い人ほど予後が悪くなる 

・持病の対策・コントロールも忘れずに 

(5)忘れてはいけない口腔ケア 

・口腔内の細菌が術後の合併症を招く 

・2週間の禁煙でも合併症は減らせる 

(6)ガン治療の大敵「サルコペニア」に注意 

・死亡率が2~3倍に高まる 

・サルコペニアが疑われるサインとは? 

・サルコペニアを防ぎ改善する方法 

(7)完治の具体的なイメージを描く 

・ガンが根治した未来の自分を思い浮かべる 

・アファメーションの勧め 

・手術前にやるべき10カ条 

第3章 手術後に心がけるべき7つのこと

(1)手術翌日から離床を目指せ 

・術後も安静にしていてはいけない 

・1日でも早く退院することを目標に 

・ガンの再発を防ぐ生活習慣とは? 

・早期の社会復帰が治療の効果を上げる 

(2)抗ガン剤と上手につきあう 

・「抗ガン剤=毒」のイメージはどこから来たか? 

・大きく変貌する近年の抗ガン剤治療 

・新しい抗ガン剤「分子標的治療薬」 

(3)気づきの重要性に気づく 

・ガンの否定的な側面にとらわれない方法とは? 

・ガンになってよかったことリスト 

・自分の役割を放棄しない 

・ガンになった原因をもう1度考えてみる 

(4)免疫力を自分で高める 

・ガン細胞と闘う免疫のメカニズム 

・ストレスを減らす7つの方法 

(5)ガンを再発させない食事 

・手術後は糖質を減らして野菜を増やす 

・「ゆるい糖質制限食」がお勧め 

・ケトン食はガンに効くのか? 

・抗ガン作用の強い野菜ベスト10 

・夜間の絶食時間を13時間以上保つ 

(6)不当に高いサプリメントには手を出すな 

・怪しい「ガンビジネス」に注意しよう 

・ガンの治療効果を高める4つのサプリメント 

・筋肉を維持・増強に役立つサプリも活用 

(7)もし再発してもあきらめない 

・「ガン再発=死が近い」の認識を改める 

・再発ガンにも対応可能な治療が増えた 

・治療が効かなかったガンを叩く夢の薬 

・ガンは個別化医療の時代へ 

・今までの努力には意味と意義がある 

以上です。

「ガンの治療で、自分でできることなんてあるの?」

「結局はいい病院といい医者でしょ?」

「医者にまかせておけばいいのでは?」

「自分が何かしたって、がん治療の結果が変わるとは思えない・・・」

こういった考え方や意見もあると思います。

確かに、ガンの治療では、いい病院、いい医師、いい治療法を選び取ることが大切です。もちろん、それだけで治る人もいるでしょう。

しかし、その治療法を最大限に生かすために、患者さん自身が知っておくべきこと・やるべきことがあるのです

あなた自身の心構えや努力で、がん治療の結果はきっと変わってきます

まとめ

ガンの治療法は、あなた自身で勇気を持って選んでください。

そして、どんな時でも希望を持って前にすすみましょう。

また、病院や医師、あるいは最新の治療法に依存するのではなく、自分自身で治すという気持ち・姿勢が大切です。

「勇気・希望そして自分自身で治すという気持ち」

これが、本書で伝えたかった最大のメッセージです。


応援よろしくおねがいします

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク