がん治療の新時代に突入:免疫チェックポイント阻害剤は夢のくすりか?

LINEで送る
Pocket

77d102c49a21ea9a93a6a2ab02c06771_s

がんの治療法は、日々進歩しています。

新しい抗がん剤や分子標的治療薬の導入、さらに最近では免疫チェックポイント阻害剤が登場し、がん治療を変える画期的な治療法として話題となっています。

今までの抗がん剤治療や免疫治療と違い、免疫細胞のブレーキをはずし、がんに対する攻撃力をキープする作用があります。

免疫チェックポイント阻害剤オプジーボとキイトルーダは、これまでの抗がん剤が効かなかったり、他に打つ手のなかった多くのがんの患者さんにとって新たな希望となる可能性があります。

さて、免疫チェックポイント阻害剤とはどんなくすりなのでしょうか?

スポンサーリンク

免疫チェックポイント阻害剤とは

抗PD-1モノクローナル抗体

人のからだには、もともとがん細胞を異物(よそ者)として認識し、退治する免疫細胞がいます。がんの治療には、この免疫細胞のはたらきが非常に重要です。

一方、免疫細胞には暴走しないようにブレーキがあります。このブレーキのひとつが、免疫チェックポイント分子PD-1(programmed cell death-1)と呼ばれる「カギ穴」です。

活性化した免疫細胞の表面にあるカギ穴PD-1に、PD-L1というカギが結合すると、免疫細胞にブレーキがかかり、がん細胞に対する攻撃をやめてしまうのです。がんは巧みにこの仕組みを利用し、免疫細胞の攻撃から逃れているのです。

そこで、この免疫細胞のブレーキを解除する薬が開発されました。抗PD-1モノクローナル抗体のニボルマブ(商品名オプジーボ)ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)です。

この抗PD-1抗体は、PD-1に結合することで、PD-1とPD-L1の結合を阻害します。これにより、免疫反応にかかっていたブレーキを解除することができ、がんを抗原とする抗原抗体反応を強くし、がん細胞の増殖を抑制すると考えられています。

抗PD-1モノクローナル抗体オプジーボが腎細胞がんに適応拡大

免疫チェックポイント阻害剤オプジーボは、これまで悪性黒色腫(皮膚がん)、非小細胞肺がんに対して使われていましたが、2016年8月、腎細胞がんの患者さんへの適応が追加承認されました

現時点(2016年11月3日)でのオプジーボの適応疾患

■悪性黒色腫
■非小細胞肺がん
■腎細胞がん

オプジーボの臨床試験では、血管新生阻害剤の治療歴を有する根治切除不能又は転移性の腎細胞がん患者に対して、世界で初めて全生存期間の延長を示すことに成功したとのことです。

日本を含む地域で実施された第三相臨床試験において、分子標的薬であるエベロリムス(アフィニトール)と比較して、オプジーボ使用群は優位な全生存期間の延長を示しています。

このように、オプジーボは腎細胞がんに対する新たな治療薬として効果が大変期待されています。

免疫チェックポイント阻害剤の将来

%e5%85%83%e6%b0%97%e3%81%aa%e5%ae%b6%e6%97%8f

抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(キイトルーダ)

また最近、新たな抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(キイトルーダ)が、未治療の非小細胞肺がんに対する非盲検ランダム化比較第Ⅲ相試験(KEYNOTE-024試験)において、従来の抗がん剤治療(シスプラチンをベースとしたレジメン)に対して効果が非常に高いことが分りました(詳しくは、肺がんの治療が変わる?免疫チェックポイント阻害剤による癌免疫療法の驚くべき効果)。

このペムブロリズマブについては、膀胱がん、乳がん、大腸がん、食道がん、胃がん、頭頸部がん、多発性骨髄腫、ホジキンリンパ腫、肝がん、卵巣がん、前立腺がんなどを対象とした臨床試験も国内で行われています。近い将来、肺がんをはじめとしてこれらのがんに対しても承認される可能性があります。

このように、今後、多くのがん患者さんに免疫チェックポイント阻害剤が使われるようになることが期待されています。しかし一方で、間質性肺炎といった重症の副作用の報告や、効果がなかったとする臨床試験の結果もでてきており、必ずしも「夢のくすり」ではないといわれています。

いずれにしても、もうしばらく臨床試験の結果を待たないといけませんが、これまでの抗がん剤では効果のなかった患者さんにとって、新たな福音となることは間違いないでしょう。


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク