海洋性オメガ3脂肪酸(DHA/EPA/DPA)が大腸がんの生存期間を延長する:研究報告

Pocket

2b1f2fad250dea454674022b0f5207f8_s

オメガ3不飽和脂肪酸(PUFAs)には、がんの予防効果があることがわかっています。

例えば、細胞や動物実験レベルでは、オメガ3脂肪酸はがんの進行を抑制し、また血管新生(がんに必要な血管を活発につくる)を阻害することが報告されています。

また、オメガ3脂肪酸は抗がん剤の治療効果を高めたり、がん患者にみられる栄養失調(カヘキシア)を改善することもわかっています(詳しくは下の記事をご参照ください)。

したがって、オメガ3脂肪酸の摂取は、がんの予防にとどまらず、がん患者の生存率の改善にも役に立つ可能性があります。しかし実際には人での研究はあまり報告されていません。

今回は、「がんの診断後に海洋性オメガ3脂肪酸を多く摂取することは、大腸がんによる死亡リスクを低下させる」という報告を紹介します。

スポンサーリンク

海洋性オメガ3脂肪酸の抗がん効果

海洋性オメガ3脂肪酸とは、魚やオキアミ(クリル)などの海洋生物に含まれるオメガ3脂肪酸のことであり、 EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、およびDPA(ドコサペンタエン酸)からなります。

オメガ3脂肪酸は、がんの予防効果があるといわれており、実際に魚介類(海洋性オメガ3脂肪酸)をたくさん食べる人ではがんの発症率が低いことが分かっています。

また動物実験レベルでは、オメガ3脂肪酸が大腸がんの成長や肝臓への転移を抑制することが報告されています。

海洋性オメガ3と大腸がんの生存率との関係

 b861464ac199df92da3827b83c6d59ae_s

米国の研究者らは、1659人の大腸がん患者について、診断されてからの食事による海洋性オメガ3脂肪酸の摂取量について調査しました。

そして追跡調査を行い、大腸がんによる死亡率との関係を調べました。

Marine ω-3 polyunsaturated fatty acid intake and survival after colorectal cancer diagnosis. Gut. 2016 Jul 19. pii: gutjnl-2016-311990. doi: 10.1136/gutjnl-2016-311990. [Epub ahead of print]

結果です。

■ 海洋性オメガ3脂肪酸を多く摂取することは、大腸がんによる死亡率の低下と関連しており、海洋性オメガ3脂肪酸を1日に0.10g未満しか摂取しない患者に比べ、1日に0.30g以上摂取する患者のほうがおよそ40%も大腸がんによる死亡リスクが低下していました。
■ さらに、診断後に海洋性オメガ3脂肪酸の摂取を(少なくとも0.15g/日以上)増やした患者では、診断後も摂取量を変えなかった(または0.02g/日以下しか変えなかった)患者に比べ、約70%も大腸がんによる死亡リスクが低下していました。
■ 一方、診断後の海洋性オメガ3脂肪酸の摂取と全ての死因による死亡率とは関係がありませんでした。

以上の結果より、がん診断後の海洋性オメガ3脂肪酸摂取は、大腸がんの死亡リスクをさげることが示されました。

大腸がん患者さんには、積極的に海洋性オメガ3脂肪酸をとることをおすすめします。

特に、がんの診断前にはあまり摂取してなかった人も、診断後に摂取量を増やすことで死亡のリスクを減らすことができる可能性があります。

海洋性オメガ3脂肪酸をとりましょう!

海洋性オメガ3脂肪酸は、マグロ(脂身)、イワシ、サバ、アジなどの魚に含まれています。

厚生労働省によると、日本人には1日1g(1000mg)以上のEPAおよびDHA摂取を推奨しています。

日本人では、EPA 及び DHA 量を 0. 9g/日摂取している群で有意に、非致死性の心筋梗塞罹患の減少が認められている。これに丸め処理を行い、18 歳以上では、1g/日以上の EPA 及び DHA摂取量(魚で約 90 g/日以上)が望まれる

厚生労働省・脂質より

毎日、魚が食べれない人は、サプリメントで補うことができます。

海洋性オメガ3系脂肪酸のサプリメント 

海洋性オメガ3脂肪酸(とくにEPA)を多く含むサプリメントを以下のページで紹介しています。もしサプリメントをお考えでしたら参考にしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

オメガ3系脂肪酸の安全性 

さて、気になるのはオメガ3脂肪酸の副作用です。しかしながら、これまでの研究結果では、オメガ3脂肪酸のサプリメント摂取による有害事象は全くないか、あっても軽度であるとのことです

以下に厚生労働省「統合医療」情報発信サイトから引用します。

Tufts EPCでは、オメガ3系脂肪酸のサプリメント(魚油など)摂取による有害事象(魚臭い後味を除く)を評価するために148の研究を精査した。過半数(77件)が、有害事象は発生しなかったと報告している合計すると約10,000人の被験者が、1日0.3-~8 gのさまざまな形態と用量のオメガ3系脂肪酸のサプリメントを、1週間-7年以上摂取していた。ほとんどの研究は小規模であり、被験者数は数十人、サプリメントの摂取期間は6カ月未満であった。

一般に、副作用は軽度で、主に消化器症状(下痢など)であり、被験者の7%未満であると報告されているサプリメントは、死亡、生命を脅かす疾患、重大な障害またはハンディキャップなど、重篤な有害事象とは関連していない。オメガ3系脂肪酸は、出血イベントの頻度には影響を及ぼさなかった。しかし、2つのRCTで、患者がワーファリンあるいはアスピリンも毎日服用していた場合に易出血傾向を示した症例が何件か報告された。出血(創傷部あるいは消化管出血など)は概して軽度であった。

Tufts EPCは、魚油またはALAのサプリメントの摂取に関連する有害事象は軽症であり、そのサプリメントの減量または中止によって管理できると結論付けている。ただし、多くの試験で、特に試験終了前に中止した被験者について、十分な有害事象の報告をしていないため、有害事象データは不十分であるともしている。


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

Pocket

あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク