「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本:3/29発売予定

LINEで送る
Pocket

このがん治療 発売予定画像

新著『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本: 読むセカンドオピニオン』が3月29日に発売となります。

この本は、がんの治療で悩んでいる全ての人に、すこしでも安心して治療を受けてもらうために「エビデンスに基づいたひとつの答えを示したい」という思いで書きました。

 

がん治療が進歩し、選択肢が増えたからこそ、ますます正しい情報が必要です。

手術、抗がん剤、放射線治療、そして免疫チェックポイント阻害剤、

「私にはどれがいいのか?」

その判断のひとつのヒントになればと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本: 読むセカンドオピニオン

現代は二人にひとりががんを患い、三人にひとりががんで亡くなる時代を迎えました。

一方で、治療技術の進歩により、がんによっては5年生存率は6割を超え、がんは治る病気、一生付き合っていく病気とも言われています。

そんな時代を迎えたいまでも、がんと告知された患者さんは、さまざまな問題に直面します。

☑ どうやって病院を選ぶか?
☑ どういう医師が担当医としてふさわしいのか?
☑ どの治療法を選択すべきか?
☑ いかに手術のダメージを減らすか?
☑ どうやって抗がん剤治療を乗り切るか?
☑ 代替医療には意味があるのか?
☑ がん治療をサポートするために、自分でできることはあるのか?

これらは、がんを克服する上で重大な問題であり、正確な情報に基づいて適切な選択ができるかどうかで生死が分かれるといっても過言ではないのです。

がん治療は「情報戦」である

みなさんは、どうやってがんについての情報を集めていますか?
おそらく多くの人が、インターネットや本、雑誌などから、がんに関する情報を集めていることでしょう。

しかし、よく言われることですが、巷にあふれるがんについての情報は、まさに玉石混淆(ぎょくせきこんこう)です。

なかには、エビデンスのまったくない間違った情報や、高額な民間療法へと誘導する「がんビジネス」もあります。

例をあげればキリがないのですが、

「抗がん剤はすべて毒で、死期を早めるだけ」
「手術は死亡リスクの高い危険な治療」
「がんが消える食事法」
「末期がんでも奇跡的に回復した免疫治療」

などです。

このようなウソや偏ったがん情報が氾濫するなか、信頼できる情報だけを探し当てることは非常に難しい問題です。

特に、がんの告知を受けて動揺している患者さんは、「楽に治る」といった心地よい情報を信じてしまう傾向にあります。

その結果、まったく効果のない治療を選択してしまい、後悔することもあるのです。

私はそういう患者さんをたくさん見てきました。

がん治療は情報戦です。

つまり、「がんについての正しい情報を持っている人の方が、がんを克服できる可能性が高い」ということです。

そこで本書では、手術、抗がん剤治療、さらに生活習慣、セルフケアも含めたその他の治療について、多くのがん患者さんが遭遇する問題をピックアップし、最新の研究データ(いわゆるエビデンス)に基づいて詳しく解説しました

エビデンス17見本

本書:エビデンス17(見本)より

がんの治療を受ける上でとても重要な問題を取り上げましたが、実際には多くの人が知らなことばかりだと思います。

 

がんと告知され、手術や抗がん剤治療について悩んでいる患者さんや家族の方に役に立つ情報であると思います。

本書を参考にして、がん治療についての正しい情報を知り、賢くがん治療を受けていただければ幸いです。

カバー

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク