がんの原因:遺伝それとも生活習慣病?予防はできるの?

LINEで送る
Pocket

%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%81%a8%e6%9e%9c%e7%89%a9

がんの原因:遺伝それとも生活習慣病?予防はできるの?

みなさんは、がんの原因は何かご存じですか?

「がんは遺伝の病気である」というのを聞いたこともあるでしょう。
また、「がんは生活習慣病である」ということもよく言われています。

はたして、がんの原因は何なのでしょうか?
がんは遺伝病なのでしょうか?
それとも、生活習慣病なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

がんの原因は?遺伝か生活習慣か?

その答えは、両方です。

つまり、がんの原因は、遺伝的素因+後天的環境因子(生活習慣など)なのです

しかし、遺伝の割合は少なく、生活習慣や環境の影響が非常に大きいと言われています。

がん全体で考えると、喫煙や飲酒、食事、運動、職業、環境などがしめる割合はじつに70~80%にも上るとされています。

例えば、1996年にハーバード大学のがん予防センターから発表されたがん死亡の原因では、環境因子が全体の68%であり、このうち喫煙(30%)、食事(30%)、運動不足(5%)、飲酒(3%)がおもな原因との報告でした。

もちろんがんの種類によっては強く遺伝の影響をうけるもの(例えば遺伝性の乳がん、大腸がん、膵臓がんなど)もありますが、ほとんどのがんは「生活習慣病」と言えるのです。

では、生活習慣の改善でがんは防げるのでしょうか?

生活習慣の改善でがんが防げるのか?

答えはイエスです。
多くのがんは、生活習慣の見直しによって予防ができるのです。

例えば、国立がん研究センター予防研究グループによると、日本では男性のがんのおよそ55%(がん発生については53%、がん死については57%)は予防可能なリスク要因によるものでした。
一方、女性では予防可能な要因はがんの30%近く(がん発生とがん死でそれぞれ28%と30%)を占めました。

つまり、生活習慣の改善により、少なくとも30~50%のがんを防ぐことができる可能性があります

今からでもおそくありません。
がんを予防するために、積極的に生活習慣の改善にとりくみましょう。

日本人のためのがん予防法

さて、ではがんを予防するためには実際にはどうしたらいいのでしょうか?

たくさん報告されているがん予防法のうち、一番簡単でかつ医学的エビデンス(証拠)のしっかりしたものは、国立がん研究センターから提案された「日本人のためのがん予防法」です。

最新(2016年8月31日改訂版)のものを紹介します。

日常生活で簡単にできますので、ぜひ参考にしてください。

(1)喫煙

%e7%a6%81%e7%85%99

たばこは吸わない。他人のたばこの煙を避ける。

たばこを吸っている人は禁煙をしましょう。吸わない人も他人のたばこの煙を避けましょう。

(2)飲酒

%e3%81%8a%e9%85%92

飲むなら、節度のある飲酒をする。

飲む場合はアルコール換算で1日あたり約23g程度まで。
日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、焼酎や泡盛なら1合の2/3、ウィスキーやブランデーならダブル1杯、ワインならボトル1/3程度です。
飲まない人、飲めない人は無理に飲まないようにしましょう。

(3)食事

%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%84%e9%a3%9f%e4%ba%8b

食事は偏らずバランスよくとる。
*塩蔵食品、食塩の摂取は最小限に。
*野菜や果物不足にならない。
*飲食物を熱い状態で取らない。

食塩は1日あたり男性9g、女性7.5g未満、特に、高塩分食品(たとえば塩辛、練りうになど)は週に1回未満に控えましょう。

(4)身体活動

%e9%81%a9%e5%ba%a6%e3%81%aa%e9%81%8b%e5%8b%95

日常生活を活動的に。

たとえば、歩行またはそれと同等以上の強度の身体活動を1日60分行いましょう。また、息がはずみ汗をかく程度の運動は1週間に60分程度おこないましょう。

(5)体形

%e4%bd%93%e5%9e%8b

適正な範囲内に。

中高年期男性の適正なBMI値(Body Mass Index 肥満度)は21~27、中高年期女性では21~25です。この範囲内になるように体重を管理しましょう。
BMIの求め方 BMI値 = 体重(kg)/身長(m)2

(6)感染

%e6%84%9f%e6%9f%93

肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。
機会があればピロリ菌検査を。

・地域の保健所や医療機関で、一度は肝炎ウイルスの検査を受けましょう。感染している場合は専門医に相談しましょう。

・機会があればピロリ菌の検査を受けましょう。

感染している場合は禁煙する、塩や高塩分食品のとりすぎに注意する、野菜・果物が不足しないようにするなどの胃がんに関係の深い生活習慣に注意し、定期的に胃の検診を受けるとともに、症状や胃の詳しい検査をもとに主治医に相談しましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク