抗がん剤による「ケモブレイン」を予防・軽減するためのオメガ3脂肪酸摂取と糖類(糖質)制限

LINEで送る
Pocket

pills-3151088_1920

抗がん剤治療の進歩にともない、がん患者さんの生存期間は確実に延長しました。

一方で、抗がん剤治療中の患者さんの生活の質(クオリティオブライフ)を低下させる副作用対策が重要となってきます。

抗がん剤の副作用のひとつに、認知機能障害すなわち「ケモブレイン」があります。

これは、記憶、言語、集中力、作業能力などの脳のはたらき(認知機能)が低下するものです。

ケモブレインの原因はまだ解明されていませんが、抗がん剤による脳の構造変化、神経の炎症、あるいは神経再生の障害などのメカニズムが考えられています。

今回、化学療法による認知機能障害についての過去の研究をまとめた論文が報告されました。

この論文によると、「過去の研究結果は、海洋性オメガ3不飽和脂肪酸の摂取糖類(糖質)制限ケモブレインの予防と治療に有効な可能性を示唆している」と述べています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケモブレインとは?

93bde1bbc3c3f57e7d23e1af5500fb12_s

ケモブレイン(chemobrain)とは、別名ケモフォッグ(chemofog)とも呼ばれ、抗がん剤治療によって、記憶力、言語(なめらかにしゃべること)、集中力、作業能力といった認知機能が障害される副作用のことです。

明確な診断基準がないため、その頻度は不明ですが、じっさいには多くの抗がん剤治療を受けているがん患者さんが自覚し、日常生活に影響をきたしていると考えられます。

たとえば、抗がん剤治療を受けたがんサバイバーの70%が何らかの認知症状を訴えるという報告があります。また、治療後10年以上も症状がつづく場合もあるようです。

投与される抗がん剤の種類によって認知機能への影響が異なり、特に乳がん患者さんによく使われるアンスラサイクリン系薬剤は、ケモブレインをおこしやすいことが示されています。

ケモブレインの原因はまだ解明されていませんが、抗がん剤による脳の構造変化、神経の炎症、あるいは脳(海馬)における神経再生の障害などのメカニズムが考えられています。

現在、ケモブレインを予防法や軽減するための確立された方法はありません。しかし、いくつかの研究では、認知リハビリテーション(脳トレのようなもの)といった行動療法の有効性を報告しています。

ケモブレインの予防・軽減する有望な方法:オメガ3脂肪酸と糖類の効果について

Clearing the fog: a review of the effects of dietary omega-3 fatty acidsand added sugars on chemotherapy-induced cognitive deficits. Breast Cancer Res Treat. 2017 Feb;161(3):391-398. doi: 10.1007/s10549-016-4073-8. Epub 2016 Dec 8.

今回、米国の研究者らは、化学療法による認知障害についての過去の論文を調査し、有効な予防・治療法の検索を行いました。

おもな結果をまとめます。

■ 動物モデル(ラット)の実験において、ドキソルビシン(アンスラサイクリン系抗がん剤)にオメガ3脂肪酸を併用投与することで、うつ症状の出現を防ぎ、神経の炎症、酸化的ストレス、および神経のアポトーシス(プログラムされた細胞死)を抑制しました(Nutrients. 2016 Apr 23;8(4):243. doi: 10.3390/nu8040243.)(下図)。

PUFAによる脳神経細胞のアポトーシス抑制

■ 一方、糖類(糖質)が多い食事は、オメガ3脂肪酸の効果と反対に神経の炎症を増加させ、脳(海馬)における神経再生を阻害し、認知障害を進行させました。

以上より、ケモブレインの予防および治療には、食事からの海洋性オメガ3脂肪酸の摂取と糖類の減量が有効な可能性があるとしています。

今後、臨床試験などで実際に評価する価値があるとしています。

海洋性オメガ3脂肪酸をとるには

08b665d05d2e3f5889e6328c5ff158a6_s

海洋性オメガ3脂肪酸とは、魚やオキアミ(クリル)などの海洋生物に含まれるオメガ3脂肪酸のことであり、 EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、およびDPA(ドコサペンタエン酸)からなります。

その強力な抗酸化作用と抗炎症作用により、海洋性オメガ3脂肪酸の摂取は、がんの予防にとどまらず、がん患者の生存率を向上させることが報告されています。

オメガ3脂肪酸は、魚介類なかでもイワシ、サバ、アジ、マグロ(脂身)などに多く含まれています。しかしながら、毎日食べることは結構大変です。

また、オメガ3脂肪酸のうち、最近とくに注目をあつめているのは、DPA(ドコサペンタエン酸)です。

野菜を食べないイヌイット(エスキモー)にがんなどの病気が少ないのは、主食としているアザラシに豊富に含まれるDPAが原因ではないかと言われています。実は、DPAにはEPAの10~50倍のサラサラ成分が含まれているとのことです。

ところが、オメガ3脂肪酸のうち、DPA(ドコサペンタエン酸)は青魚にはほとんど含まれていません。DPAが含まれているのはアザラシをはじめとする海獣類、そして最も多く含まれているのがマンボウの肝油です。

マンボウの肝油を原料とした高濃度のDPA(57.6 mg)、DHA(52.8 mg)、EPA(44.4 mg)を含むサプリメントがこちらです↓

さらさらマンボウサンQ

さっそく試してみました。

初回おためし2袋(2ヶ月分)が、通常価格12,312円のところ、半額の6,156円1日100円ちょっと)です↓

P1010017

すぐに届きます。

P1010022

カプセルタイプです。若干、さかな(マンボウ?)のにおいがします。

P1010030

3カプセル中に、高濃度のDPA(57.6 mg)が含まれています!

さらに、DHA(52.8 mg)、EPA(44.4 mg)に加えて、1日に必要なコエンザイムQ1030mg)まで摂取できます。

マンボウ肝油のパワーを実感しましょう。

また、効果が実感できない場合には、返金保証つきです(商品到着から30日以内)なので安心です。

まずは2ヶ月間、試してみてはいかがでしょうか?

ゆるい糖質制限のすすめ

糖質制限食は、ダイエットや糖尿病に対する治療として普及していますが、最近ではがんの治療効果についても注目されています。

糖質を限りなく減らしたケトン食ダイエット(ケトジェニックダイエット)もあるのですが、わたしは食事の喜びをそこなわない程度の「ゆるい糖質制限食」をおすすめしています。

関連記事:すべてのがん患者さんへ!楽しくゆるい糖質制限食のすすめ

海洋性オメガ3脂肪酸の摂取と糖類の制限で、ケモブレインを予防・軽減しましょう!


応援よろしくおねがいします

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク