アサイー(アサイーベリー)はがんを抑制する:最新の研究結果まとめ

LINEで送る
Pocket

f2e2c5b595ea8b42051fc84e93379911_s

がん患者さんには、適量のフルーツ(果実)をおすすめしています。

フルーツには、酵素が含まれていることより消化を助け、また抗酸化作用や抗炎症作用を有するものがあり、がんの予防や治療に効果が期待されています。

なかでも、アサイー(あるいはアサイーベリー)にはアントシアニンをはじめ豊富なポリフェノールや栄養素が含まれており、健康食として話題となっています。

これまでの実験・研究により、アサイーには様々ながんに対する予防・治療効果があることが分かってきました。

今回、アサイーベリーの抗がん作用について最新のデータを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アサイーとは?

fa0baaab464c6abcd4c5c65b85529f5c_s

アサイー(açaí)は南米アマゾン原産のヤシ科の植物です。

ブラジルでは伝統食として食べられておりましたが、最近では欧米や日本においても「スーパーフルーツ」として人気があります。

アサイーの実は非常に栄養価が高く、果実100g中に含まれるポリフェノールは約4.5gで、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれています

また、鉄分食物繊維カルシウムビタミンCなどもふくまれており、まさにスーパーフードといえるでしょう。

アサイーの抗がん作用まとめ:レビュー論文

アサイーの抗がん作用に関する、これまでの研究をまとめた論文が発表されました。

Anticancer potentialmolecular mechanisms and toxicity of Euterpeoleracea extract (açaí): A systematic review. PLoS One. 2018 Jul 2;13(7):e0200101. doi: 10.1371/journal.pone.0200101. eCollection 2018.

2017年12月までに、医学文献データベース(PubMed, Medline, Lilacs and SciELO)に掲載された論文のうち、がんとアサイーについての研究を調査しました。

全部で60本の論文がヒットしましたが、このうち最終的には6つの論文で、動物のがんモデル食道がん、尿路がん、メラノーマ、大腸がんなど)でアサイーの薬理学的作用が調べられていました。

全部で747匹の動物(ラットなど)が解析されており、アサイー(おもに果肉ペースト)はチューブ栄養(30mg/kg~40,000mg/kg)あるいは食餌(全体の2.5%~5%)として投与されていました。

結果について以下にまとめます。

● すべてのがん動物モデルにおいて、アサイーはがん発生率、がん増殖、腫瘍の数およびサイズを抑制していました。
● そのメカニズムとして、アサイーの炎症を抑える作用がん増殖を抑制する作用、およびがん細胞にアポトーシス(プログラムされた細胞死)を誘導する作用が関与している可能性が示されていました(下図)。

アサイーによる抗がん作用メカニズム

● 一方で、(投与された範囲において)アサイーにあきらかな遺伝毒性は認められませんでした。

アサイーによる大腸癌の抑制(マウスモデル)

1例として、アサイーによる大腸がんの抑制実験を紹介します。

Açaí Berries Inhibit Colon Tumorigenesis in Azoxymethane/Dextran Sulfate Sodium-Treated Mice. Gut Liver. 2017 Mar 15;11(2):243-252. doi: 10.5009/gnl16068.

この研究では、発癌物質であるアゾキシメタン/デキストラン硫酸ナトリウムによって大腸がんを発生するマウスモデルを用いて、アサイーの効果を調べています。

■ アサイー(5%のアサイーを含むペレット)は、化学発癌マウスにおける、大腸腺腫および大腸がんの発生率を有意に低下させました(腺腫、23.1% vs 76.9%, p=0.006; がん, 15.4% vs 76.9%, p=0.002)(下図)。

アサイーによる大腸化学発癌抑制

■ アサイーを投与したマウスでは、炎症のマーカーであるMPO、TNF-α、IL-1β、IL-6などが有意に低下していました。

以上の結果から、アサイーは、マウス発癌モデルにおいて大腸がんを有意に抑制する効果が確認されたとしています。

一方で、これらの研究結果は細胞および動物実験レベルにとどまり、人におけるアサイーのがん抑制効果の臨床試験は行われていません。

今後、アサイーから抗がん物質の抽出など研究がすすむことを期待しています。

アサイーをとりましょう!

928bf3243ad3f653affabb50a98c1180_s

アサイーは、他のフルーツ同様そのまま摂るのが一番のオススメですが、なかなか日本では手に入らないのが問題です。

アマゾンなどネットではアサイーのスムージーや冷凍ペレットが入手できます↓

アサイースムージー

アサイービューティースムージー 200g×4袋セット

アサイー冷凍ピューレ

アサイー 100% 冷凍ピューレ 100g×4パック×5袋

そのままで、あるいは他のフルーツ(バナナなど)と一緒にスムージーやジュースにして飲むのが美味しいようです。

クックパッドのレシピを紹介します。

ちなみに、ハワイではアサイーボウルが大人気とのことです。もし旅行される機会があったら是非おためしください。

0e006ab202fa9e03d8410ec55a7e9e15_s

アサイーのおすすめサプリメント

毎日アサイーを食べる(飲む?)のは現実的に難しいですね。

そこで、手軽にとれるアサイーのサプリメントがあります↓

新聞や雑誌でも話題!【アサイーベリー】

このアサイーベリーには、ブルーベリーのおよそ5倍のアントシアニンが含まれています。

アサイーベリーアントシアニン

アントシアニンには目のピント調節機能を改善するという効能があります。

ですので、このような方におすすめだそうです↓

アサイーベリーおすすめ

さらに、アントシアニンには抗がん作用があることが分かっており、以前の記事で紹介しています。

また、この【アサイーベリー】には、アントシアニン以外にも、鉄分、食物繊維、カルシウム、ビタミンC、ルテイン、レスベラトロールなど、がん患者さんに必要な成分が豊富に含まれています。

ということで、私も”老眼対策?”とがん予防のために、【アサイーベリー】を飲んでます!

DSCN0884

1袋3,800円ですが、定期便にすると3,420円となり、1日(2粒)あたり114円とお得になります!

DSCN0878

毎日つづけたい習慣です!

まとめ

アサイーはアントシアニンなどポリフェノールを豊富に含み、動物実験においてがんを抑制する作用が確認されています。

冷凍ピューレを利用したアサイースムージーや、サプリメントで効率よく摂ることをおすすめします。


応援よろしくおねがいします

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク