「がんが治る人 治らない人」出版のお知らせ

LINEで送る
Pocket

DSCN0976

2019年1月29日、私の2冊目の著書「手術件数1000超 専門医が教える がんが治る人 治らない人」が出版されました。

昨今のがん情報の氾濫により、「何を信じればよいのか」といった、がん患者さんの悩みが増えていると感じています。

このような時代にあって、「正しい情報」、「適切な治療法」、そして「望ましい心の在り方」が生死をわけると言っても過言ではありません。

本書では、「がんが治る人」と「がんが治らない人」の特徴を対比しながら、がんを克服する具体的な方法について、実際の症例や最新の研究結果(エビデンス)を交えて解説します

  • がん告知に落ち込んでいる人、
  • がんと向き合っている人、
  • がん治療法の選択で悩んでいる人、
  • 治療後の再発・転移が不安な人、
  • 「どう過ごしたらよいか」分からないがん患者さん、そして
  • がん患者さんを支えるご家族の人

に是非お読み頂きたい本です。

本書の最大のメッセージは、

『あなたも「がんが治る人」になれる』ということです。

では、本書の内容について紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「がんが治る人 治らない人」について

665c92516b7bb7253d3daa92cd173cd6_s

なぜこの本を書いたのか?

「がん大国」日本では、年間におよそ100万人が新たに「がん」と診断されています。

一生涯で2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代です。

このような時代ですから、皆さんのがんについての関心も高まっていることでしょうし、世の中には、いろいろな「がんの情報」があふれています。

ただ、実際には「最新のがん治療法」や「夢の抗がん剤」のことは知っていても、がんを告知されたときの具体的な対処法や、その後の生活を想像できる人はほとんどいません。

つまり、「がん告知後にどうやって気持ちを立て直し、ベストの病院や治療法を選び、日常生活においてどんなセルフケアを行うべきか」について知っている人は、意外に少ないのです

がん告知の落ち込みから立ち直れず、まともな治療も受けられずに亡くなってしまう患者さん。

あやしげな民間療法にだまされて後悔する患者さん。

主治医のいいなりになって、最後まで自分の意見を言えない患者さん。

そして、せっかく治療を受けても、食事や運動に無頓着で、がんが再発してしまう患者さん。

残念なことに、このような患者さんが、いまだに多いのが現状です。

そこで、このような患者さんを一人でも減らすことができないか?という思いから、本書が生まれました。

本書の内容

がんが早期に発見され、手術がうまくいったとしても、一部の患者さんは、残念ながら、数年以内に再発して命を落とします。

一方、手術と抗がん剤の併用治療を行い、再発・死亡リスクが高く、かなりがんが進行した状態の患者さんの中には、5年~10年以上元気に暮らしている人がいます。

同じ臓器の同じステージのがんであっても、患者さんによって治療経過がまったく異なるのです

この違いは何なのでしょうか?

私は「がんが治る人」と「がんが治らない人」の違いを見つけるために、多
くのがん患者さんから話を聞き、表情やふるまいを観察し、検査データを解析
し、そして、徹底的に過去の研究論文を調査しました。

その結果、がんを克服した患者さんは、ある共通点をもっていることがわかりました。

それは、患者さん自身に「受け入れる力」「情報を集める力」「コミュニケーション力」「体力」、そして、「免疫力」5つの総合的な力があるということでした。

さらに、この5つの力は、決して特別なものではなく、みなさんのなかにも
必ず存在します。そして、この「がんが治る人がもつ総合力」の大切さに気づき、さらに高めることにより、がん克服への道がひらけるのです

皆さんにもぜひ、「がんが治る人」になって頂きたいと思います。

目次

はじめに

第1章  患者の「受け入れる力」がその後を決める

第2章  ガンを治すための正しい「情報」集め方

第3章  ガンを治す人は「コミュニケーション」で味方をつくる

第4章  治療・手術 をのりきるための「体力」づくり

第5章  ガンを治す人は、こうして「免疫力」を高める

おわりに・参考文献

まとめ

以上、「がんが治る人 治らない人」の内容についてでした。

がん患者さんやがんサバイバーのみなさん、そしてご家族の方にお読みいただき、ご意見・ご感想をお聞かせ頂ければと思います。

最後に、本書を出版するにあたり、企画をご採用頂いた「あさ出版」代表取締役の佐藤和夫様、編集をご担当頂いた中川奈津様、および、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 本書が一人でも多くのがん患者さんに届くことを祈っております。
 
 
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク