佐藤 典宏

お知らせ 著書

「ガンとわかったら読む本」が重版(3刷)累計10,000部となりました

2019/9/10  

おかげさまで、私のはじめての著書「ガンとわかったら読む本 (専門医が教えるガン克服の21カ条)」が3刷で累計一万部となりました。 本当にありがとうござ ...

がん情報 マインド

がん患者さん・家族のコミュニティ(SNS)を利用するメリット

2019/8/18  

がんの治療を続けるうえで、医師など医療者側からの情報だけでなく、実際に治療を受けた人からの情報が役立つことがあります。 また、同じ境遇を乗り越えてがん ...

食事療法

がん診断後には何を食べるべきか?食事の質と死亡率との関係

2019/8/1  

がんの原因として、食事や運動などの生活習慣が関係していることはご存じだと思います。 一方で、がん診断後の生活習慣(運動や食生活など)についてはあまり重 ...

QOL(生活の質) マインド

配偶者(パートナー)の存在はがん生存率に影響:家族によるサポートの重要性

2019/7/23  

とつぜんですが、皆さんには配偶者(あるいはパートナー)はいらっしゃいますか? 変な話に聞こえるかもしれませんが、配偶者(パートナー)の存在はがん生存率 ...

膵臓がん

膵癌(すい臓がん)に期待される最新の治療法5つをまとめて紹介

2019/6/29  

膵癌(すい臓がん)は年々増加傾向にあり、日本におけるがん死亡者数の第4位を占めるまでになっています。 膵臓がんの特徴は、なんと言っても「治療がむずかし ...

お知らせ

日刊ゲンダイヘルスケア紹介記事その3「大腸がん診断後の生活」

2019/6/21  

日刊ゲンダイヘルスケアで、記事第3弾がリリースされました(2019年6月21日)。 タイトルは、「急増中 「大腸がん」宣告後も長生きするための5つのヒ ...

QOL(生活の質) 食事療法

ケトン食による生存期間の延長:マウスのがん腹膜播種モデル

2019/6/17  

がんの食事療法については、効果が確認され、確立されたものはありません。 糖質を減らす食事療法(低糖質ダイエットあるいはケトン体ダイエット)についても、 ...

お知らせ

日刊ゲンダイヘルスケアで「このがん治療で・・」の内容が紹介されました(2)

2019/6/16  

日刊ゲンダイヘルスケアで『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』の内容が一部紹介されました(2019年6月14日)。 タイトルは、「が ...

お知らせ

日刊ゲンダイヘルスケアで「このがん治療で・・」の内容が紹介されました(1)

2019/6/16  

日刊ゲンダイヘルスケアで『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』の内容が一部紹介されました(2019年6月7日)。 タイトルは、「がん ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

オラパリブはBRCA遺伝子変異がある膵臓がんの生存期間を延長

2019/6/15  

オラパリブは、DNAの修復酵素であるPARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)を阻害する分子標的薬の1つです。 このPARP阻害剤は、乳がん(または ...

がんの予防

一度がんと診断された人はその後も新たながん(重複がん)に注意

2019/7/26  

最近のがん治療の進歩にともなって、がんを克服する「がんサバイバー」が急増しています。つまり、がんでも長生きできる時代となりました。 これに伴い、たとえ ...

膵臓がん

膵がん患者さんが日常生活で配慮したいこと:食事・運動・メンタル

2019/6/15  

先日(2019年3月30日)、パンキャンジャパン福岡支部主催の「膵がん勉強会・患者サロン in 産業医科大学病院」において、「膵がん患者さんが日常生活 ...

お知らせ がんの本 著書

『このがん治療でいいのか?と悩んでいる人のための本』が出版されました!

2019/6/16  

2019年3月29日、私の3冊目の著書、『このがん治療でいいのか?と悩んでいる人のための本』が出版されました。 サブタイトルは「読むセカンドオピニオン ...

マインド

「がんは気持ちで治る?」病気を楽天的に考えることで生存期間が延長

2019/6/15  

むかしから「病は気から」と言いますが、がんについてもあてはまりそうです。   がん患者さん(がんサバイバー)の中には、病気の見通しについて「 ...

免疫治療 肺がん

筋肉量の低下(サルコペニア)があると免疫チェックポイント阻害剤の反応が弱まる?

2019/6/16  

オプジーボやキイトルーダといった免疫チェックポイント阻害剤の適応が拡大し、肺がんをはじめ、さまざまながんの治療薬として普及しつつあります。 同時に、免 ...

がんの本

「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本:3/29発売予定

2019/3/13  

新著『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本: 読むセカンドオピニオン』が3月29日に発売となります。 この本は、がんの治療で悩んでいる ...

膵臓がん

不可逆的電気穿孔法(ナノナイフ)が膵癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の効果を高める

2019/6/16  

第4の標準治療として話題の免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ、キイトルーダなど)ですが、(メラノーマといった他のがんに比べ)膵臓がんに対してはあま ...

大腸がん 食事療法

野菜中心の低炭水化物(低糖質)食で大腸がんの生存率が改善:新たな食事療法のエビデンス

2019/6/15  

がんの食事療法については多くの議論があり、一定の見解が得られていません。 少なくとも、ランダム化比較試験などで証明されたエビデンスのある「がんに効く食 ...

お知らせ がんの本 著書

「がんが治る人 治らない人」出版のお知らせ

2019/6/16  

2019年1月29日、私の2冊目の著書「手術件数1000超 専門医が教える がんが治る人 治らない人」が出版されました。   昨今のがん情報 ...

食事療法

23種類もの果物を原料とするファビュラスフルーツ23を試してみました

2019/1/25  

 がんを克服するためには、病院での治療だけでなく、食事や運動、ストレスのない生活といった日常生活の改善(セルフケア)が欠かせません。 とくに食事(食べ ...

がん自然退縮 膵臓がん

膵臓がんリンパ節転移の自然寛解(自然退縮)の1例:炎症と免疫の関係

2019/6/16  

がんが、治療を受けずに自然に小さくなったり、消失する、いわゆる「自然退縮あるいは自然寛解(spontaneous regression)」の症例は、世 ...

マインド

がんを克服するメンタルの強さ:いつも「最良のシナリオ」を思い描く

2019/6/16  

古くから「病は気から」といいますが、わたしは「がん」においても同様のことが当てはまると感じています。 つまり、メンタルの持ち方によってがんの治療経過も ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がん手術後のFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)療法で生存期間が50ヶ月超え

2019/6/16  

膵臓がん(膵癌)は、切除手術だけでは再発するリスクが非常に高いため、これを予防するために術後の補助化学療法(追加の抗がん剤治療)を行うことが一般的です ...

がん遺伝子検査 乳がん

トリプルネガティブ乳がんのリスクを高める生まれながらの遺伝子変異を発見

2018/12/7  

トリプルネガティブ乳がんは、乳がん全体のおよそ10~15%にみられ、比較的若い女性に多いことが特徴です。 エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、お ...

膵臓がん

膵消化酵素補充療法(PERT)の重要性:すい臓がん患者の生存期間を延長

2019/7/10  

すい臓がん患者では、病状が進行するにしたがい、栄養状態の悪化および体重減少に悩まされることになります。 例えば、60~80%の進行膵臓がん患者は、カヘ ...

QOL(生活の質) マインド 補完代替医療

標準治療、非標準治療の枠組みを超えた「いいとこどり」のがん治療

2018/11/9  

がんと診断され、主治医から治療法の説明を受けた患者さんは、短時間のあいだに「とても難しい選択」を強いられることになります。 主治医から「どれがいいです ...

がん遺伝子検査 膵臓がん

膵臓がん患者の約5%に生まれつきの遺伝子変異(生殖細胞変異)を確認

2018/10/30  

膵臓がんの原因として、複数のがん関連遺伝子に変異が蓄積することが指摘されています。 たとえば、がん遺伝子(アクセル)であるKRAS(ケーラス)遺伝子の ...

がんの予防 食道がん・胃がん

胃がんの最大の原因 ピロリ菌感染について医師が解説:検査と除菌治療で大丈夫?

2018/10/18  

最近、中尾翔太さん(享年22歳)、山本KID徳郁さん(享年41歳)と、若くして「胃がん」で亡くなった有名人の報道が相次ぎました。 胃がんは全体的には高 ...

副作用 生活習慣

がん患者さんのお腹が膨らむ原因は?気をつける症状と自分でできる対策

2018/10/11  

がん患者さんでは、さまざまな原因でお腹が膨らむ(張る)ことがあります。 この状態を、医学的には腹部膨満(ふくぶぼうまん)といいます。 一時的なこともあ ...

免疫治療

免疫チェックポイント阻害薬はがん患者全員に効く夢の薬か?医師が解説

2019/6/26  

Q:免疫チェックポイント阻害薬は、がん患者全員に効果があるのか? A:免疫チェックポイント阻害薬は、10~30%のがん患者に効果が期待される。 201 ...

がんの予防 大腸がん 生活習慣

大腸がんを予防するための生活習慣!早めの夕食、食後の散歩、適度な睡眠時間

2018/9/27  

皆さんは、何時頃に夕食を食べ、何時頃に寝ていますか? 夕食後に散歩していますか? また、睡眠時間はどのくらいですか? 要約:大腸がんと生活習慣との関係 ...

再発・転移 手術 膵臓がん

膵臓がん:手術後すぐに再発する人しない人の違いとは?957例の解析より

2019/9/17  

要約:膵臓がん(膵癌)が手術後1年以内に再発する人は、術前に① 重い持病(併存疾患)があり、② 腫瘍サイズが3cmより大きく、③ 術前の腫瘍マーカー( ...

QOL(生活の質) 乳がん 補完代替医療

エビデンスに基づいた「がん患者さんのための補完代替医療」米国ガイドラインより

2018/9/15  

がんの告知を受け、治療を続ける患者さんの多くは、不安や精神的ストレスなど精神的な問題をかかえています。 また、抗がん剤などの治療にともなう副作用は、患 ...

がん情報 手術

がんの再発はどんな検査で診断するのか?消化器がんの場合

2018/9/13  

がんの治療で最も問題となるのは、やはり「再発」です。 「再発するか・しないか」によって、がん患者さんの運命が決まるといっても過言ではないでしょう。がん ...

手術

腹腔鏡手術は開腹手術より危険で死亡リスクが高い?迷っている患者さんへ

2018/9/11  

がん治療の選択肢の一つとして、手術は多くの患者さんに提示されます。 医療の進歩によって手術の安全性は高くなってきました。しかしながら、手術にともなう合 ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.