抗癌剤・分子標的薬

手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんステージ4でもあきらめない!抗がん剤によるダウンステージングとは?

2019/6/29  

膵臓がんは予後が悪い癌の代表格ですが、最大の原因は、診断された時にはすでに転移が認められ、切除ができないほど進行している患者さんが多いためです。 他の ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

オラパリブは転移性乳がん(BRCA遺伝子変異陽性)の生存率を改善

2019/6/7  

転移を認める乳がんに対する治療には限界があり、新たな治療薬の開発・導入に期待が集まっています。 オラパリブ(アストラゼネカ)は新しい経口分子標的薬であ ...

副作用 抗癌剤・分子標的薬

【医師が解説】抗がん剤治療(化学療法)にまつわる誤解

2018/5/16  

がん患者さんに「抗がん剤治療」についてお話しをすると、いろいろと誤解があることがわかります。なかには詳しい話をする前に、「副作用がでる毒薬を体に入れた ...

がん情報 副作用 大腸がん 抗癌剤・分子標的薬 食道がん・胃がん

がん患者さんを襲う緊急事態オンコロジカル・エマージェンシーとは?

2018/5/16  

オンコロジカル・エマージェンシーとは、がん(悪性腫瘍)そのものが原因でおこったり、がんの治療の結果、命をおびやかす急性の病態のことをいいます。 なかに ...

QOL(生活の質) 副作用 抗癌剤・分子標的薬 補完代替医療

抗がん剤の副作用対策:吐き気・嘔吐を抑えるために自分でできる非薬物療法

2019/7/20  

がんの治療を受けている多くの患者さんが経験する吐き気・嘔吐。 原因が様々なことから、治療することが難しい場合もあります。 特に、抗がん剤治療中の吐き気 ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに対する新たな治療戦略:画期的新薬CPI-613とmFOLFIRINOX併用の第1相試験

2018/5/16  

転移をみとめる進行膵臓がんに対しては、かつてはジェムザールやフルオロウラシル(5-FU)しか有効な治療がありませんでした。最近、ようやくジャムザール+ ...

副作用 抗癌剤・分子標的薬

抗がん剤治療中の急な発熱の原因は?発熱性好中球減少症(FN)について

2019/6/15  

抗がん剤治療の一般的な副作用として、骨髄抑制(こつずいよくせい)があります。これは、骨髄の血液をつくる働きが低下している状態で、赤血球、白血球、および ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに対するゲムシタビン(ジェムザール)とS-1(ティーエスワン)の併用療法の効果

2018/5/16  

切除手術ができない転移性膵臓がんや局所進行膵臓がんに対しては、抗がん剤治療が中心となります。長らくゲムシタビン(ジェムザール)の単独投与が行われていま ...

副作用 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

抗がん剤(ジェムザール)による早期の好中球減少は予後良好のサイン?膵臓がんでの検討

2018/5/16  

膵臓がんは早期発見が難しく、およそ8割は診断時に切除ができないほど進行しています(切除不能膵臓がん)。 切除不能膵臓がんに対しては、標準治療としてゲム ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬

【医師が解説】新しい抗がん剤、分子標的治療薬ってどんなくすり?その効果は?

2019/8/20  

がんの治療は日々進歩しています。 特に、ここ数十年でがんの分子レベルでの異常(タンパク質や遺伝子の変化)についての研究は飛躍的に進歩しました。そして、 ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

術前化学療法(GS療法)がボーダーライン膵臓がんの生存期間を延長:日本からの報告

2018/11/7  

膵臓がんは、たとえ切除手術ができたとしても、再発・転移することが非常に多い難治がんです。特にがんが重要な血管に接していて、切除ができるかどうか微妙な場 ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がん腹膜転移に対する新たな治療戦略(パクリタキセル+S1):日本からの研究結果

2019/6/27  

膵臓がんは非常に予後の悪い癌であり、5年生存率は依然として10%以下です。特に、膵臓がんは診断時にすでに転移していることが多く、外科的に切除ができない ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに新しい分子標的薬レファメチニブ(Refametinib)の効果期待:第I/II相臨床試験

2019/6/29  

膵臓がんはきわめて予後が悪い難治がんであり、転移を認める進行膵臓がんの平均の生存期間は未だに6~8ヶ月程度です。一刻も早く効果の高い抗がん剤の開発が必 ...

がん情報 子宮・卵巣がん 抗癌剤・分子標的薬

再発卵巣がん治療の革命?新規PARP阻害剤ニラパリブが生存期間を大きく延長

2019/12/2  

卵巣がんは初期症状が非常に乏しいため、患者の約80%がステージ3以上の進行がんの状態で発見されます。 切除可能な早期の卵巣がんの治療成績は良好ですが、 ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

HER2(ハーツー)陰性進行乳がんに新たな治療薬Ribociclib(リボシクリブ)の有効性証明

2018/5/16  

進行乳がんの治療成績はいまだ満足のいくものではなく、転移・再発乳がんは切除可能な局所再発を除いて治癒は極めて困難であり、化学療法後の10年生存率はわず ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 放射線治療 膵臓がん

局所進行膵臓がんに対する重粒子線(放射線)+抗がん剤(ゲムシタビン)治療の効果は?

2019/7/17  

膵臓がんは症状がでにくいことより、多くの患者さんでは進行した状態で発見されます。 切除が困難な局所進行膵臓がんの場合、一般的には抗がん剤や放射線(X線 ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

トリプルネガティブ乳がんに新しい治療法:ベリパリブ+カルボプラチン

2018/11/7  

乳がんは、遺伝的および臨床的に不均一であることより、個々の症例に最も適した治療法をみつけることは困難になっています。 特に、エストロゲン、プロゲステロ ...

がん情報 手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

高齢の膵臓がん患者は手術と抗がん剤のどちらを選ぶべきか?研究報告

2018/5/16  

膵臓がんの患者は年々増えており、日本における死亡者数は2013年には年間3万人を突破しました。 また膵臓がんは高齢者に多く、診断時の平均年齢は70歳以 ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

経口分子標的薬パルボシクリブ、進行乳がん治療薬として国内承認申請

2018/5/16  

日本における乳がんの年間罹患数は約7.4万人で、女性の部位別罹患数として第一位です。また2014年には乳がんの年間死亡者数は1.3万人を超えました。 ...

がん情報 手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんを生き抜くために!現時点でベストの治療法は?

2018/5/16  

膵臓がんは進行した状態で診断されることが多く、治療成績はがんの中でも最悪といわれています。 がんの治療では、まずは5年生存を目指すわけですが、日本にお ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.