膵臓がん

膵臓がん

膵癌(すい臓がん)に期待される最新の治療法5つをまとめて紹介

2019/6/29  

膵癌(すい臓がん)は年々増加傾向にあり、日本におけるがん死亡者数の第4位を占めるまでになっています。 膵臓がんの特徴は、なんと言っても「治療がむずかし ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

オラパリブはBRCA遺伝子変異がある膵臓がんの生存期間を延長

2019/6/15  

オラパリブは、DNAの修復酵素であるPARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)を阻害する分子標的薬の1つです。 このPARP阻害剤は、乳がん(または ...

膵臓がん

膵がん患者さんが日常生活で配慮したいこと:食事・運動・メンタル

2019/6/15  

先日(2019年3月30日)、パンキャンジャパン福岡支部主催の「膵がん勉強会・患者サロン in 産業医科大学病院」において、「膵がん患者さんが日常生活 ...

膵臓がん

不可逆的電気穿孔法(ナノナイフ)が膵癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の効果を高める

2019/6/16  

第4の標準治療として話題の免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ、キイトルーダなど)ですが、(メラノーマといった他のがんに比べ)膵臓がんに対してはあま ...

がん自然退縮 膵臓がん

膵臓がんリンパ節転移の自然寛解(自然退縮)の1例:炎症と免疫の関係

2019/6/16  

がんが、治療を受けずに自然に小さくなったり、消失する、いわゆる「自然退縮あるいは自然寛解(spontaneous regression)」の症例は、世 ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がん手術後のFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)療法で生存期間が50ヶ月超え

2019/6/16  

膵臓がん(膵癌)は、切除手術だけでは再発するリスクが非常に高いため、これを予防するために術後の補助化学療法(追加の抗がん剤治療)を行うことが一般的です ...

膵臓がん

膵消化酵素補充療法(PERT)の重要性:すい臓がん患者の生存期間を延長

2019/7/10  

すい臓がん患者では、病状が進行するにしたがい、栄養状態の悪化および体重減少に悩まされることになります。 例えば、60~80%の進行膵臓がん患者は、カヘ ...

がん遺伝子検査 膵臓がん

膵臓がん患者の約5%に生まれつきの遺伝子変異(生殖細胞変異)を確認

2018/10/30  

膵臓がんの原因として、複数のがん関連遺伝子に変異が蓄積することが指摘されています。 たとえば、がん遺伝子(アクセル)であるKRAS(ケーラス)遺伝子の ...

再発・転移 手術 膵臓がん

膵臓がん:手術後すぐに再発する人しない人の違いとは?957例の解析より

2019/9/17  

要約:膵臓がん(膵癌)が手術後1年以内に再発する人は、術前に① 重い持病(併存疾患)があり、② 腫瘍サイズが3cmより大きく、③ 術前の腫瘍マーカー( ...

がんの予防 サプリメント 膵臓がん

膵臓がんの予防にビタミンは有効か?最新のメタ解析より

2018/8/24  

「ビタミンなどのサプリメントは、がんの予防に有効か?」 この話題に関しては、長く議論され続けていますが、賛否両論あり、いまだに一定の見解は得られていま ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに対するFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)の効果は?日本での成績まとめ

2019/6/23  

膵臓がん(膵癌)は、5年生存率10%以下という予後不良のがんであり、近年増加傾向(日本におけるがん死亡者数の第4位)にあります。 膵臓がん治療の最大の ...

がん情報 膵臓がん

膵臓がんに対する腫瘍溶解性ウイルスHF10の安全性と有効性:国内第Ⅰ相試験の結果

2018/6/10  

日本国内における膵癌(膵臓がん)による死亡者数は増加の一途をたどっており、現在がん死亡者数の第4位となっています。 膵臓がんが予後不良である原因には、 ...

膵臓がん

膵臓がん(膵癌)の診断法を医師が解説:その検査は何のため?

2018/11/7  

がんの疑いがあるとき、たとえばCTやMRI、血液検査など、色々な検査をします。 検査だけで2週間(あるいは、それ以上)かかる場合もあります。また、当然 ...

がん研究 膵臓がん 食事療法

ケトン食が効くがんと効かないがんの違いとは?ケトン体分解酵素による治療効果予測

2019/8/31  

がんの食事療法として全世界で注目を集めているものに、ケトン食(ケトジェニックダイエット)があります。 ケトン食とは、限りなく糖質(炭水化物)を制限し、 ...

がん情報 膵臓がん

膵臓がんの脳転移:症状、診断・治療・余命および特徴的な遺伝子異常とは?

2018/5/15  

膵臓がん(膵癌)の転移は、おもに肝臓、リンパ節、腹膜、あるいは肺に多くみられます。 一方、膵臓がんの脳への転移(転移性 脳腫瘍)は比較的まれで、1%に ...

がん研究 膵臓がん

膵臓がんの新たな腫瘍マーカー CEMIP(KIAA1199)とは?CA19-9との併用で診断率アップ

2018/11/7  

膵臓がん治療における最大の問題点は、診断時におよそ70~80%の患者さんが切除不能の進行がん(局所進行または転移性)であるという事実です。 つまり、早 ...

がん情報 手術 膵臓がん

がん手術までの待ち時間(手術の遅れ)は生存率に影響するのか?:膵臓癌の場合

2019/7/14  

がんと診断されてから手術までの期間(待ち日数)は、緊急手術をのぞき、およそ1週間から1ヶ月の範囲がほとんどだと思います。 ただ、病院によってかなり差が ...

肝臓がん 胆のう・胆管がん 膵臓がん

がん患者さんにみられる黄疸(おうだん)の原因、治療、予後(余命)について

2019/6/17  

がん患者さんにみられる症状のひとつとして、黄疸(おうだん)があります。 黄疸とは、血液中のビリルビンという色素が増加することにより、皮膚や眼球(白目の ...

がん情報 がん遺伝子検査 膵臓がん

膵体尾部のがんは膵頭部のがんより悪性度が高い?遺伝子シグネチャーの解析結果より

2019/6/26  

膵臓がんは予後不良ながんとして有名ですが、がんが発生する部位によっても予後が違うことがわかっています。 膵臓は、からだの右側(十二指腸側)より頭部、体 ...

がん情報 膵臓がん

膵癌(すい臓がん)の原因・予防・症状・診断・治療(手術・抗がん剤)についてのまとめ

2019/8/9  

2018年1月6日、楽天は星野仙一球団副会長(元監督)が1月4日に亡くなったことを発表しました。70歳でした。 死因は膵臓がんだったそうです。 くわし ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに新たな治療:ヒアルロン酸を分解するPEGPH20と抗がん剤の併用が生存率改善

2018/5/15  

ヒアルロン酸は、細胞の外側に存在する細胞外マトリックスと呼ばれるもので、皮膚や関節などを中心に、体のあらゆる組織に存在します。 ヒアルロン酸は、その水 ...

抗癌剤・分子標的薬 放射線治療 膵臓がん

膵臓がんに温熱療法(ハイパーサーミア)は効くのか?臨床研究の結果まとめ

2019/7/26  

膵臓がん(膵癌)は、しばしば抗がん剤や放射線治療に抵抗性を示すため、効果を高めるための併用療法が必要です。 温熱療法(ハイパーサーミア)は、固形癌に対 ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

FOLFIRINOX後のジェムザール+アブラキサンで局所進行切除不能膵臓がんが切除可能に!

2018/5/15  

膵臓がんは、初期には自覚症状に乏しいことより、多くの場合、診断時にはかなり進行しています。 なかでも、離れた臓器には転移を認めないが、がんが重要な血管 ...

サプリメント 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

クルクミンはがん幹細胞を標的として膵癌に対する抗がん剤(ゲムシタビン)の効果を増強

2018/5/15  

ウコンの成分であるクルクミン(ターメリック)には、がんの発生、増殖、浸潤、転移などを抑制する効果があることが明らかとなってきました。 このクルクミンの ...

サプリメント 膵臓がん 食事療法

タマネギの抗がん成分「ケルセチン」が膵臓がんの悪性化(増殖・浸潤・転移)を阻止!

2019/7/15  

野菜や果物など植物中に存在する天然の化学物質(ファイトケミカル)には、がんを予防したり進行を抑える作用をもつものがあります。 中でもタマネギに多く含ま ...

がん情報 マインド 膵臓がん

アドレナリンが膵臓がんの悪性度を高める!心配や不安・ストレスによるがん進行の理由

2018/5/15  

がん患者さんの多くは心配や不安といった心理的(精神的)苦痛を感じています。 最近の報告によると、この心理的苦痛が強いほど、がん患者の生存期間(余命)が ...

がんの予防 がん情報 膵臓がん

膵臓がんに効く可能性がある一般の薬5つ:アスピリン、メトホルミン、スタチン、β-ブロッカー、ビスフォスフォネート

2019/9/3  

手術手技の向上や強力な抗がん剤の導入にもかかわらず、膵臓がんの5年生存率は10%未満であり、消化器がんの中で最も予後不良ながんです。 新しい抗がん剤・ ...

がん研究 乳がん 大腸がん 肺がん 膵臓がん

糖尿病とがんとの関係:高血糖(ブドウ糖)はがん細胞の遊走・浸潤を刺激して転移を促進する

2018/5/15  

糖尿病は、膵臓がんなどがん発症の危険因子として知られています。また、糖尿病はがんの発症リスクを高めるだけではなく、がんの進行(浸潤や転移)にも深く関わ ...

がん研究 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんにジェムザールが効かない理由は細菌だった?抗生剤で治療効果が高まる可能性

2018/5/16  

膵臓がんに対する化学療法(抗がん剤治療)の選択肢は増えてきましたが、やはり現在でもゲムシタビン(ジェムザール)をベースとした治療が主体となっています。 ...

QOL(生活の質) 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

高齢の切除不能すい臓がん患者に対する治療法選択:抗がん剤治療か支持療法(緩和医療)か?

2018/5/16  

  日本における平均寿命の延長に伴い、高齢の膵臓がん(膵癌)患者が増えてきました。 手術成績の向上や新しい抗がん剤治療の導入などにより、膵臓 ...

サプリメント 膵臓がん

ブルーベリー(アントシアニン)が膵臓がん細胞の動きを封じ込める!抗がんサプリメントとして期待

2019/7/14  

膵臓がん(膵癌)は、悪性度が非常に高い癌であり、まわりの組織や臓器に広がりながら進行し、また遠くの臓器に転移をきたすのが特徴です。 したがって、この膵 ...

手術 膵臓がん

膵臓がんの手術:膵体尾部切除後の合併症である膵液瘻(すいえきろう)の危険因子と予防策

2019/6/25  

膵体尾部切除(尾側膵切除)は、膵臓がんに対する標準術式のひとつですが、合併症が比較的多い手術です。 とくに、膵臓を切った端などから膵液がもれる合併症で ...

がん遺伝子検査 大腸がん 胆のう・胆管がん 膵臓がん 食道がん・胃がん

消化器がん(胃・大腸・胆道・膵臓がん)を早期に発見する遺伝子マイクロアレイ血液検査とは?

2018/5/16  

がん分子生物学研究の飛躍的な進歩により、様々ながんの遺伝子異常をつかった診断法や治療法が開発・導入されつつあります。 とくに、がんに特異的なマーカーは ...

手術 膵臓がん

術前化学療法(抗がん剤治療)を受けた膵臓がん患者に術後も抗がん剤が必要か?最新研究結果より

2018/5/16  

  膵臓がんに対しては、手術と化学療法(抗がん剤)や放射線などを組み合わせる集学的治療の重要性が広く認識されるようになってきました。 「切除可能な膵臓 ...

乳がん 大腸がん 子宮・卵巣がん 膵臓がん 食事療法

ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ)の驚くべき抗がん効果:医師による研究報告のまとめ

2019/6/15  

夏野菜の代表として食卓に登場するゴーヤ(別名、ゴーヤー、ニガウリ、ツルレイシ)ですが、最近がんを抑制する食べ物として注目を集めています。 ゴーヤはウリ ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.