がん情報

がん情報

症状で発見(診断)されたがんのステージは?がんのサインに気づく重要性

2019/11/21  

がんは早期に発見されれば、治る可能性が高い病気です。 したがって、がんの死亡率を下げる目的で「がんの症状・サインを知ってください」といったキャンペーン ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 放射線治療

災害時のがん患者の注意点と治療を継続する重要性について

2019/10/19  

今回の台風19号のような大規模災害(天災)がおこった場合、がん患者さんがおかれる状況はときに重大な問題となります。 避難所での生活を余儀なくされること ...

がん情報 マインド

がん患者さん・家族のコミュニティ(SNS)を利用するメリット

2019/8/18  

がんの治療を続けるうえで、医師など医療者側からの情報だけでなく、実際に治療を受けた人からの情報が役立つことがあります。 また、同じ境遇を乗り越えてがん ...

がん情報 手術

がんの再発はどんな検査で診断するのか?消化器がんの場合

2018/9/13  

がんの治療で最も問題となるのは、やはり「再発」です。 「再発するか・しないか」によって、がん患者さんの運命が決まるといっても過言ではないでしょう。がん ...

がん情報 大腸がん

大腸がんの原因は口の中にいる歯周病菌(フソバクテリウム)?

2018/8/17  

最近、がんと細菌(とくに歯周病菌)との関係がクローズアップされてきました。 例えば、フソバクテリウム(Fusobacterium)という細菌は、おもに ...

がんの本 がん情報

身近な人が癌になった時どうしますか?がん患者さんの家族・親戚・友人におすすめの本5冊

2018/11/7  

がんは、患者さんだけでなく、家族をふくめ、まわりの人にも大きな影響を与えます。 とくに、がん患者さんの家族は色々な悩みや問題を抱えることになります。 ...

がんの予防 がん情報 食道がん・胃がん

胃がんで死なないために:危険因子、症状、早期診断法、治療、予後(生存率)まとめ

2018/7/9  

また一人、若くして胃がんで亡くなった芸能人のニュースが報道されました。 EXILE一族のダンス&ボーカルグループ「FANTASTICS」のパフォーマー ...

お知らせ がんの本 がん情報 著書

「ガンとわかったら読む本」が出版されました!

2019/6/16  

2018年6月16日、私のはじめての著書「ガンとわかったら読む本 (専門医が教えるガン克服の21カ条)」が出版されました。 皆様のご支援のおかげです。 ...

がん情報 膵臓がん

膵臓がんに対する腫瘍溶解性ウイルスHF10の安全性と有効性:国内第Ⅰ相試験の結果

2018/6/10  

日本国内における膵癌(膵臓がん)による死亡者数は増加の一途をたどっており、現在がん死亡者数の第4位となっています。 膵臓がんが予後不良である原因には、 ...

がんの本 がん情報

がん患者さんが主治医(担当医師)との関係をよくするための5つのポイント

2019/4/27  

がんの治療を受ける場合、主治医(担当医)との信頼関係はもっとも大切なことのひとつです。 なぜならば、がんの治療は患者さんと医師との共同作業であり、お互 ...

がん情報 膵臓がん

膵臓がんの脳転移:症状、診断・治療・余命および特徴的な遺伝子異常とは?

2018/5/15  

膵臓がん(膵癌)の転移は、おもに肝臓、リンパ節、腹膜、あるいは肺に多くみられます。 一方、膵臓がんの脳への転移(転移性 脳腫瘍)は比較的まれで、1%に ...

がん情報 手術 膵臓がん

がん手術までの待ち時間(手術の遅れ)は生存率に影響するのか?:膵臓癌の場合

2019/7/14  

がんと診断されてから手術までの期間(待ち日数)は、緊急手術をのぞき、およそ1週間から1ヶ月の範囲がほとんどだと思います。 ただ、病院によってかなり差が ...

がん情報 がん遺伝子検査 膵臓がん

膵体尾部のがんは膵頭部のがんより悪性度が高い?遺伝子シグネチャーの解析結果より

2019/6/26  

膵臓がんは予後不良ながんとして有名ですが、がんが発生する部位によっても予後が違うことがわかっています。 膵臓は、からだの右側(十二指腸側)より頭部、体 ...

がんの予防 がん情報 がん遺伝子検査

がんの遺伝子(DNA)検査:いくらかかる?何がどこまでわかり、本当に役に立つのか?

2019/4/29  

分子生物学の革命的な進歩にともない、がんと遺伝子との関係について多くの情報が得られ、また膨大なデータが蓄積されつつあります。 また遺伝子解析法(とくに ...

がん情報 肺がん

肥満と低体重(やせ型)は肺がん術後の生存率を低下:適正体重をキープする重要性

2018/5/15  

日本における平均寿命の延長にともない、高齢のがん患者が増加しています。 がんの標準治療には手術、抗がん剤、放射線治療がありますが、高齢のがん患者さんに ...

がん情報 膵臓がん

膵癌(すい臓がん)の原因・予防・症状・診断・治療(手術・抗がん剤)についてのまとめ

2019/8/9  

2018年1月6日、楽天は星野仙一球団副会長(元監督)が1月4日に亡くなったことを発表しました。70歳でした。 死因は膵臓がんだったそうです。 くわし ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに新たな治療:ヒアルロン酸を分解するPEGPH20と抗がん剤の併用が生存率改善

2018/5/15  

ヒアルロン酸は、細胞の外側に存在する細胞外マトリックスと呼ばれるもので、皮膚や関節などを中心に、体のあらゆる組織に存在します。 ヒアルロン酸は、その水 ...

がん情報 免疫治療 肺がん

抗PD-L1抗体デュルバルマブ(durvalumab)が非小細胞肺癌の生存期間を有意に延長

2018/5/15  

切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌(小細胞癌という特殊なタイプ(組織型)以外の約80%の肺がん)は予後不良ながんですが、ここにきてその治療法は大きく変 ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬

抗がん剤治療中の癌患者さんにインフルエンザ予防接種は有効で安全か?

2019/10/24  

インフルエンザのシーズンになると、外来に通ってこられるがん患者さんから「インフルエンザの予防接種は受けたほうがいいですか?」という質問を受けることが増 ...

QOL(生活の質) がん情報 サプリメント

がんの痛みと感染症の軽減にビタミンDのサプリメントが有効!

2018/5/15  

  ビタミンDはからだにとって非常に重要な栄養素であり、カルシウムの吸収と骨の正常な成長を促す以外にも細胞の成長、免疫機能の調節、炎症の抑制 ...

がん情報 乳がん 大腸がん 肺がん

【医師が解説】がん代替医療の生存率へあたえるインパクト:標準治療に比べ死亡リスクを2.5倍に増加

2018/11/7  

最近、手術、抗がん剤、放射線治療などの標準治療を拒否して代替医療(alternative medicine)を選択する有名人の報道をよく目にします。 ...

がん情報 マインド 膵臓がん

アドレナリンが膵臓がんの悪性度を高める!心配や不安・ストレスによるがん進行の理由

2018/5/15  

がん患者さんの多くは心配や不安といった心理的(精神的)苦痛を感じています。 最近の報告によると、この心理的苦痛が強いほど、がん患者の生存期間(余命)が ...

がんの予防 がん情報 膵臓がん

膵臓がんに効く可能性がある一般の薬5つ:アスピリン、メトホルミン、スタチン、β-ブロッカー、ビスフォスフォネート

2019/9/3  

手術手技の向上や強力な抗がん剤の導入にもかかわらず、膵臓がんの5年生存率は10%未満であり、消化器がんの中で最も予後不良ながんです。 新しい抗がん剤・ ...

がん情報 免疫治療 大腸がん

アスピリンによる大腸がんの生存率改善には免疫チェックポイント(PD-L1)が関与

2018/5/15  

解熱鎮痛剤として有名なアスピリンですが、最近ではがんを予防するだけではなく、がんによる死亡リスクを低下させる効果もあることが話題となっています。 例え ...

QOL(生活の質) がん情報 食事療法

食欲不振に悩んでいるがん患者さんへ!食欲を高める効果が期待できる薬5種

2018/5/16  

食欲不振は、多くのがん患者さんが経験する一般的な症状であり、長期(慢性的)に続く場合には栄養失調、体重減少やカヘキシアなど重大な合併症を引き起こす可能 ...

がん情報 サプリメント

がん幹細胞をターゲットにした抗がんサプリメント5つ:再発・転移を防いで根治を目指す!

2019/9/9  

腫瘍の中に存在し、抗がん剤などの治療が効かない一部のがん細胞(がんの親玉)である「がん幹細胞(Cancer stem cell)」が話題となっています ...

がん情報 大腸がん 手術

大腸がんの肝転移と肺転移をあきらめない!積極的な手術(外科切除)で治る可能性は?

2019/6/17  

遠くの臓器に転移を認める、ステージ4の大腸がんの5年生存率は、10~20%であると報告されています。 大腸がんの場合、肝臓や肺に転移することが多く、が ...

QOL(生活の質) がん情報 サプリメント

進行がんに伴うカヘキシア(悪液質)に効果が期待される栄養素・サプリメント5つ

2019/5/31  

進行がん患者にみられるカヘキシア(悪液質)とは、骨格筋の持続性の喪失を特徴とした栄養障害であり、食事がとれなくなることに加え、癌による代謝の異常や全身 ...

がん情報

何故がん患者さんは死ぬのか?がん末期の状況と実際の死因を医師が解説

2018/5/16  

がんが進行すると、最終的には命を落とすことになります。しかし、何故がん患者さんは死ぬのでしょうか?直接的な死因は何なのでしょうか? 今回は、がん患者さ ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

オラパリブは転移性乳がん(BRCA遺伝子変異陽性)の生存率を改善

2019/6/7  

転移を認める乳がんに対する治療には限界があり、新たな治療薬の開発・導入に期待が集まっています。 オラパリブ(アストラゼネカ)は新しい経口分子標的薬であ ...

がん情報

腫瘍マーカーの種類とがんの診断・治療・経過観察における役割について

2018/5/16  

腫瘍マーカーとは、ごく簡単にいうと、血液中の特殊なタンパク質などの濃度で、がんの存在や広がり(あるいは再発)などが予測できる検査のことです。がんの種類 ...

がん情報 副作用 大腸がん 抗癌剤・分子標的薬 食道がん・胃がん

がん患者さんを襲う緊急事態オンコロジカル・エマージェンシーとは?

2018/5/16  

オンコロジカル・エマージェンシーとは、がん(悪性腫瘍)そのものが原因でおこったり、がんの治療の結果、命をおびやかす急性の病態のことをいいます。 なかに ...

がんの本 がん情報

がん治療の病院選びで悩んだときに参考になる本3冊

2018/11/7  

がんと診断されたら、どの病院で治療を受けますか? 治療を受ける病院を選ぶことは、がん患者さんにとって最初の大仕事といえます。なぜならば、病院によって治 ...

がん情報 乳がん 免疫治療

アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)がトリプルネガティブ乳がん患者の生存期間を延長

2018/5/16  

  トリプルネガティブ乳がんに対しては、ホルモン療法やハーセプチンなどのHER2標的の分子標的薬の効果が期待できないため、通常の抗がん剤治療 ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに対するゲムシタビン(ジェムザール)とS-1(ティーエスワン)の併用療法の効果

2018/5/16  

切除手術ができない転移性膵臓がんや局所進行膵臓がんに対しては、抗がん剤治療が中心となります。長らくゲムシタビン(ジェムザール)の単独投与が行われていま ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.