サプリメント(マルチビタミン)が遺伝性の大腸がんを防ぐ:研究報告

LINEで送る
Pocket

3fd8c001b64ee9f1b1339b78c9589c0f_s

「サプリメントはがんの予防や治療に有効か?」については、一定の見解は得られていません。特に「ビタミンのサプリメントはがん予防に有効か?」については多くの疫学研究で調査されていますが、一定の効果があるとするものや、効果がないとするものもあり、いまだ結論はでていません。

試験管レベルや動物実験では、マルチビタミンは様々ながん予防に有効であることが示されています。また特定のビタミン(たとえばビタミンD)がある種のがんの予防に有効であるとする報告はありますが、マルチビタミンのがんに対する予防効果については否定的な論文も多くみられます。

さて、今回は発がんのリスクが高い特殊な症候群において、マルチビタミンとカルシウムが大腸がんの予防に有効であることを証明する研究結果を紹介します。

マルチビタミンのサプリメントががんに有効であることを支持するエビデンスの1つになると思います。

スポンサーリンク

リンチ症候群における大腸がんの発症リスクとマルチビタミン、カルシウム、および葉酸サプリメント

Multivitamin, calcium and folic acid supplements and the risk of colorectal cancer in Lynch syndrome. Int J Epidemiol. 2016 Jun;45(3):940-53. doi: 10.1093/ije/dyw036. Epub 2016 Apr 10.

リンチ症候群とは遺伝性非ポリポーシス性大腸がん(Hereditary Non-Polyposis Colorectal Cancer: HNPCC )とも呼ばれ、大腸がんをはじめ子宮内膜、卵巣、胃、小腸、肝胆道系、腎盂・尿管のがんの発症リスクが高まる遺伝性の疾患です。

この症候群の患者さんには、ミスマッチ修復遺伝子の異常やマイクロサテライト不安定性といった分子レベルでの異常がみられ、傷ついたDNAの修復が上手くできないために発がんリスクが高まると考えられます。

この研究では、米国、オーストラリア、カナダなどの大腸がん家族レジストリに登録された1966人のリンチ症候群の患者さんを対象としました。

これらの患者さんについて、自己申告によるサプリメントの摂取など生活スタイルを調査し、大腸がんの発がんリスクとの関係について解析しました。

結果を紹介します。

■ 744人の大腸がんを発症した患者のうち、(少なくとも1ヶ月以上)マルチビタミン、カルシウム、および葉酸サプリメントの摂取をしていた人は、それぞれ18%、6%、および5%であった。
■ 一方、1222人の大腸がんを発症しなかった人のうち、(少なくとも1ヶ月以上)マルチビタミン、カルシウム、および葉酸サプリメントの摂取をしていた人は、それぞれ27%、11%、および10%であった。
■ 他の大腸がんリスクと関係する因子で調節した解析では、3年間以上の)マルチビタミンの摂取(ハザード比 0.47)および(3年間以上の)カルシウムの摂取(ハザード比 0.42)が大腸がんリスクの減少と有意に相関していた
■ 葉酸サプリメントの摂取は大腸がんリスクの低下と有意な相関はなかった。

つまり、(3年間以上の)マルチビタミン摂取によって大腸がんのリスクを50%以上も減らすことができたという結果でした。

最近日本において大腸がんが増加しています。

もちろん特殊な母集団を対象としたこの研究結果をそのまま当てはめることはできませんが、マルチビタミンは大腸がんの予防(および治療)に有効である可能性を示したエビデンスになると考えます。

おすすめのマルチビタミンのサプリメントは?

13b2bfde8869f3b04eb3516cccfe498a_s

(注意)以下のサプリメント(商品)自体のがんに対する効果についてのデータや報告はありません。ご購入・ご利用に際しては自己責任でお願いします。

ビタミンのサプリメントを摂っている方は多いと思います。

ただ、ビタミンCだけを飲んでいたり、1ヶ月間飲んだだけでやめたりしてませんか?

ビタミンのサプリメントを摂取する上で重要なことは、必要なすべてのビタミンをカバーしていること、そして継続することです。

今回の結果からも、できれば1年以上(できれば3年以上)は続けたいですね。

そのためには、やはり価格的に手頃なこと、そしてわざわざ買いに行かなくても配達してくれる定期便がいいでしょう。

そこで、あのハウスから発売されたマルチビタミンのサプリメントをおすすめします↓

ハウス「1日分のビタミン」

1日分のビタミン

この1日分のビタミンには、栄養素等表示基準(2015)に基づいて、1日に必要なビタミン全13種類が全て配合されています。

実際に1粒中に以下の量(1日の必要量に対する割合)のビタミンが含まれています。

ビタミン 1日の必要量に対する割合
ビタミンA 450μg 100%
ビタミンB1 11mg 100%
ビタミンB2 1.1mg 100%
ビタミンB6 1mg 100%
ビタミンB12 2μg 100%
ビタミンC 80mg 100%
ビタミンD 5~10μg 100%~200%
ビタミンE 8mg 100%
ビタミンK 70μg 100%
葉酸 2.200μg 100%
ナイアシン 11mg 100%
ビオチン 45μg 100%
パントテン酸 5.5mg 100%

というわけで、必要なビタミンをすべてカバーしています。

定期コースで申し込むと、初回は1286円(送料無料)となり、1日あたりおよそ43円になります。その後も月2571円(1日あたり86円)と100円以下ですので、続けやすいですね!

「継続は力なり」といいますが、サプリメントはまさに継続することが大事ですね。

ハウス「1日分のビタミン」


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク