がんを克服した人が共通して持っているマインドセット7つ

LINEで送る
Pocket

ca5f86877b342fc2f8f8479e6252294b_s

いつも思うのですが、がんを克服した人には共通した「何か」があります。その「何か」を考えてみました。

同じ進行がんの患者さんに同じような治療をしても、すぐに再発する人と再発せずに生き続ける人に分かれます。また、すでに全身に転移してたり、手術ができないほど進行したがんと診断されても、数年にわたって元気に外来に通ってくる患者さんがいます。

このような進行がんを克服した人、またはがんがあっても元気に暮らしている患者さんをよく観察すると、不思議とある共通点があることがわかりました。

それは、ある種のマインドセット(考え方、物の見方)を持っているのです。がんを克服した人が共通して持っているマインドセットを7つ、以下にまとめました

スポンサーリンク

がんを克服した人が持っているマインドセット

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

1.がんを必要以上に怖れない

大抵の人は、がんの告知をうけたときには落ち込んでしまい、「いつ死ぬのか?」、「どんな痛みやつらい症状がでるのか?」、と否定的なことばかり考えてしまいます。また、手術をうけた後や、治療中でもがんの再発のことが頭からはなれず、中にはうつ状態になる方もいます。

しかし、がんを克服した人は、がんを必要以上に怖れません。たとえ落ち込んでも一時的で、引きずりません。

なぜなら、がんを怖れても何一つメリットがないことを知っているからです。むしろ、がんを必要以上に怖れることは食欲の低下や不眠の原因、あるいはストレスとなり、全身状態や免疫力を低下させる原因となります。

2.くよくよせずいつも笑顔でいる

「がんになって笑顔ができるわけない!」と言われるかもしれません。ごもっともです。ただ、一日中がんのことをくよくよ考えていたらストレスがたまり、治療にも前向きになれないでしょう。

がんを克服した人はくよくよせず、とにかくいつも笑顔でいます。不思議なことに、無理をしてでも笑顔でいると、つらいことを忘れ、気分が晴れてきます。また笑顔でいると免疫力がアップし、がんの自然治癒力が高まります。

もちろん体調のすぐれない時や、きつくて笑顔でいられない時もあるでしょう。そんなときでも一日に何度か鏡をみて、ステキな笑顔をつくってみてください。

3.自分で治療法を決定する

がんの治療方針を決めるとき、多くの患者さんは「先生におまかせします」と主治医がすすめるままの治療を選びます。しかし、がんの治療法は自分で決定することが重要です。詳しくは、「がんの治療法は受け身でなく自分で決めましょう!」をどうぞ!

がんを克服した人は、自分で治療法を決定します。そして、絶対に治ると信じてその治療を受けます。

自分の意思で治療法を選ぶことにより、自分で治すという積極的な気持ちと責任感が生まれます。あなた自身の人生なのですから、誰がなんと言おうと、がんの治療方針は自分自身で決めることが重要なのです。

4.現実を受け入れて前向きに考える

がんになったとき、多くの人はその現実を受け入れることができず、「どうして自分だけが?」、あるいは「もっと早く検査していたら」など、後悔やネガティブな考えに支配されます。

ただ、こういったことをいくら考えてもがんが良くなるわけではなく、むしろ心理的ストレスとなってがんを進行させてしまう可能性もあるのです。

がんを克服した人は、現実を受け入れて前向きに考えます。「がんになって死を意識したからこそ、生きている喜びを感じることができる」、「がんになったからこそ、すばらしい出会いがあった」、「がんになったからこそ、毎日が充実している」と、つねに前向きに考えましょう。

5.趣味や好きなことをあきらめない

がんになると、検査、入院、手術、抗がん剤治療、外来通院など、色々なことに時間と体力と気力を奪われ、いろいろなことができなくなる(したくなくなる)ことがあります。しかし、がんになったからといって、趣味やスポーツ、旅行など楽しいことをあきらめる必要はありません。

がんを克服した人は、趣味や好きなことをあきらめません。それどころか、がんになってから新しい趣味を見つけたり、温泉旅行や海外旅行に行ったり、人生をエンジョイします。その結果、生きる目標や意欲がわいてきて免疫力が高まります。

自分の好きなことを思いっきり楽しんでください。

6.まわりの人に甘えず自分の役割を放棄しない

がんになると、まわりの人が気を遣い、あなたの代わりに色々とやってくれるようになります。例えば、家庭で以前やっていた家事も他の人がやってくれるようになる。仕事も長いあいだ休みをとり、他の人があなたの仕事をするようになる。近所づきあいもなくなり、友人とも会わなくなる。しかし、これでは前向きに生きる気持ちが失われ、活動性が低下していきます。

がんを克服した人は、まわりの人に甘えず自分の役割を放棄しません。「自分が必要とされている」、「自分にしかできないことがある」と信じて、家庭、仕事、コミュニティーにおける役割をしっかりと果たします。

あなたの役割を放棄しないでください。なぜなら、あなたの代わりはいないのですから。

7.感謝の気持ちを忘れない

がんになると自分の不幸を嘆き、感謝の気持ちを忘れがちになります。まわりの親切もよそよそしく感じるようになり、逆に「自分の気持ちなどわかるはずがない」と、怒りをぶつけたくなることもあるでしょう。

がんを克服した人は、感謝の気持ちを忘れません。いつでも誰かに「ありがとう」と言っています。自分を支えてくれる家族や友人、医療関係者に感謝します。そして、自分が今生きていることに感謝します。

感謝の気持ちはストレスをとりのぞき、きっとあなたの治療によい作用をもたらすことでしょう。

がんを克服したいと思う人は、ぜひこれらのマインドセットを意識するようにしてみてください。


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク