がん情報

症状で発見(診断)されたがんのステージは?がんのサインに気づく重要性

投稿日:

がんは早期に発見されれば、治る可能性が高い病気です。

したがって、がんの死亡率を下げる目的で「がんの症状・サインを知ってください」といったキャンペーン(symptom awareness campaign)が世界的に行われています。

一方で、症状がでてから診断されたがんは「ステージ4などのかなり進行したがん」なので、このようなキャンペーンではがん死亡率の低下につながらない、といった意見もあります。

はたして、症状がでて診断されたがんは進行がんなのでしょうか?

今回、海外から一般的な「がん症状」がきっかけで診断されたがん患者さんのステージについての大規模研究の結果が報告されました。

がんの症状と診断時のステージとの関係

Presenting symptoms of cancer and stage at diagnosis: evidence from a cross-sectional, population-based study.  2019 Nov 5. pii: S1470-2045(19)30595-9. doi: 10.1016/S1470-2045(19)30595-9. [Epub ahead of print]

イギリスの国民がん診断報告書から一般国民におけるデータを使った解析です。

合計で7997人のがん患者を対象としました。

がんの種類は、膀胱がん、乳がん、結腸がん、子宮体がん、喉頭がん、肺がん、皮膚がん(メラノーマ)、口腔(または咽頭)がん、卵巣がん、前立腺がん、結腸がん、および腎臓がんの12のタイプ(すべて固形がん)でした。

20個の一般的ながんの症状(例えば、腹痛、体重減少、胸のしこり等)について、それぞれ診断時のステージ(ステージ4あるいはステージ1~3)の割合を調査しました

結果を示します。

■ がん患者に占めるステージ4の割合は、症状によって1%(異常なほくろ)から80%(首のしこり)まで様々でした。

■ 症状のうち、首のしこり、胸の痛み、および背中の痛みの3つは、ステージ4であるリスクが高いという結果でした。

■ 20のうち13の症状(異常なほくろ、胸のしこり、閉経後の不正出血、直腸からの出血、下部尿路症状、血尿、排便習慣の変化、嗄声、倦怠感、腹痛、下腹部痛、体重減少、および他のあらゆる症状)でがんが見つかった患者の50%以上は、ステージ4以外のステージ(1~3)でした(下図)。

症状 ステージ4の割合(%) (95%CI)
異常なほくろ 1% (1-3)
胸のしこり 5% (4-6)
閉経後の不正出血 6% (3-9)
直腸からの出血 16% (13-20)
下部尿路症状 19% (16-21)
血尿 21% (17-25)
排便習慣の変化 29% (26-32)
下腹部痛 29% (24-35)
他のあらゆる症状 36% (34-38)
腹痛 37% (32-42)
嗄声 41% (32-50)
倦怠感 47% (41-52)
体重減少 49% (45-53)
せき 54% (50-58)
血痰 54% (47-62)
呼吸器感染 56% (50-61)
呼吸困難 56% (52-61)
背中の痛み 61% (54-66)
胸の痛み 62% (56-67)
首のしこり 80% (71-87)

以上の結果より、いくつかの症状(首のしこり等)では診断時ステージ4であるリスクが高いものの、大部分の症状では、ステージ4よりも早い段階でがんが発見されていました

これは、早期診断のための「がんの一般的な症状の周知」の重要性をサポートするデータであるとしています。

がんの症状・サインを知っておきましょう

がんは種類(発生した臓器)や悪性度にもよりますが、早期に発見できれば治る可能性が高い病気です。

がんの病期(ステージ)別の生存率では、ステージ1の早期がんの5年生存率は90%以上であるのに対して、もっとも進んだ段階であるステージ4の場合、およそ20%まで下がります。

つまり、たとえがんになったとしても、早期に発見して適切な治療を受けることができれば、がんで死ぬことは回避できる可能性が高いのです。

がんを早期に発見するためには、できるだけ早く「がんのサインとしての症状」に気づき、勇気をもって専門の病院を受診することが重要です

そこで、「がんを早期発見するために、知っておくべき症状・危険因子(どんな人がなりやすいか)」を中心に、広くがんについての情報をまとめ、1冊の本にしました。

本書では、臓器(部位)別に、以下のおもながんの症状(サイン)と危険因子(どんな人がなりやすいか)をまとめました。

がんの種類(臓器)

口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん、肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆のうがん・胆管がん、膵臓がん、腎臓がん、尿路上皮がん(膀胱がん)、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、悪性リンパ腫、白血病、皮膚がん、脳腫瘍

例えば、堀ちえみさんで話題となった舌がん(口腔がん)については、2週間以上治らない口内炎・できもの、口の中のかたいしこり、あごの下、首のしこり(リンパの腫れ)などが典型的ながんのサインです。

「自分はどんながんになりやすいのか?」および、一般的な「がんの症状」を知っておくことはとても大切です。

「あの時に受診していれば・・・」ということにならないよう、気になる症状がある人は早めに医療機関で検査を受けましょう

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

医師(産業医科大学 第1外科 講師)、医学博士。消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 標準治療だけでなく、代替医療や最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。

-がん情報

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.