年別アーカイブ:2017年

がん研究 がん自然退縮 膵臓がん 食事療法

ケトン食は癌に効果があるのか?動物実験における抗がん作用のエビデンス

2018/5/16  

ケトン食(ケトジェニックダイエット)は、炭水化物(糖質)の摂取量を極端に減らし、脂質を増やすことで、ケトン体がエネルギー源として使われる状態に誘導する ...

QOL(生活の質) サプリメント

進行がん患者におけるフコイダンの抗炎症効果:抗癌サプリメントとしてのエビデンス

2018/6/20  

炎症ががんの進行を促すことは、多くの研究から明らかとなっています。実際に、炎症のマーカーが高いがん患者さんでは余命(生存期間)が短いという報告もありま ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんステージ4でもあきらめない!抗がん剤によるダウンステージングとは?

2019/6/29  

膵臓がんは予後が悪い癌の代表格ですが、最大の原因は、診断された時にはすでに転移が認められ、切除ができないほど進行している患者さんが多いためです。 他の ...

がん自然退縮 免疫力 大腸がん

がんが自然に治る!?大腸癌の自然退縮(消失)例の報告

2018/5/16  

がんが自然に小さくなったり消えてしまう、いわゆる「自然退縮(spontaneous regression)」の症例は、世界中から多数報告されており、そ ...

手術 膵臓がん

膵臓癌の手術(膵頭十二指腸切除)後の重大な合併症リスク解析:17,564人のデータより

2019/6/26  

膵臓がんに対する手術の方法はがんの部位によって決まりますが、おもに右側の膵臓を切除する膵頭十二指腸切除術と、左側の膵臓を切除する膵体尾部切除術がありま ...

QOL(生活の質) 運動

がん患者(がんサバイバー)さんにスポーツジムをすすめる理由5つ

2018/5/16  

がん患者さん/がんサバイバーの方にとって、運動(有酸素運動+レジスタンス運動)が重要であることは以前にも述べました。 多くの研究により、適度な運動が乳 ...

乳がん

【医師が解説】乳がん骨転移の余命(生存期間)は?研究報告より

2019/6/15  

がんが進行すると、他のいろいろな部位や臓器に転移をおこします。このうち、骨に転移することを骨転移といいます。 骨転移は乳がん患者さんに比較的多いとされ ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

オラパリブは転移性乳がん(BRCA遺伝子変異陽性)の生存率を改善

2019/6/7  

転移を認める乳がんに対する治療には限界があり、新たな治療薬の開発・導入に期待が集まっています。 オラパリブ(アストラゼネカ)は新しい経口分子標的薬であ ...

がん情報

腫瘍マーカーの種類とがんの診断・治療・経過観察における役割について

2018/5/16  

腫瘍マーカーとは、ごく簡単にいうと、血液中の特殊なタンパク質などの濃度で、がんの存在や広がり(あるいは再発)などが予測できる検査のことです。がんの種類 ...

大腸がん 手術

腸閉塞を合併した大腸がんの生存率は低いのか?日本からの研究報告

2018/5/16  

先日、「チューリップ」の財津和夫さん(69歳)が腸閉塞と大腸がん(下行結腸がん)と診断されたことがニュースとなりました。 ちなみにステージ(進行度)に ...

副作用 抗癌剤・分子標的薬

【医師が解説】抗がん剤治療(化学療法)にまつわる誤解

2018/5/16  

がん患者さんに「抗がん剤治療」についてお話しをすると、いろいろと誤解があることがわかります。なかには詳しい話をする前に、「副作用がでる毒薬を体に入れた ...

がん情報 副作用 大腸がん 抗癌剤・分子標的薬 食道がん・胃がん

がん患者さんを襲う緊急事態オンコロジカル・エマージェンシーとは?

2018/5/16  

オンコロジカル・エマージェンシーとは、がん(悪性腫瘍)そのものが原因でおこったり、がんの治療の結果、命をおびやかす急性の病態のことをいいます。 なかに ...

QOL(生活の質) 副作用 抗癌剤・分子標的薬 補完代替医療

抗がん剤の副作用対策:吐き気・嘔吐を抑えるために自分でできる非薬物療法

2019/7/20  

がんの治療を受けている多くの患者さんが経験する吐き気・嘔吐。 原因が様々なことから、治療することが難しい場合もあります。 特に、抗がん剤治療中の吐き気 ...

抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに対する新たな治療戦略:画期的新薬CPI-613とmFOLFIRINOX併用の第1相試験

2018/5/16  

転移をみとめる進行膵臓がんに対しては、かつてはジェムザールやフルオロウラシル(5-FU)しか有効な治療がありませんでした。最近、ようやくジャムザール+ ...

QOL(生活の質)

進行がん患者にみられる悪性腹水に対する治療法について:ガイドラインより

2018/5/16  

がんなど悪性腫瘍の影響によって生じた腹水を「悪性腹水」といいます。原因となるがんの種類には、卵巣がん、子宮体がん、乳がん、大腸がん、胃がん、膵臓がん等 ...

副作用 抗癌剤・分子標的薬

抗がん剤治療中の急な発熱の原因は?発熱性好中球減少症(FN)について

2019/6/15  

抗がん剤治療の一般的な副作用として、骨髄抑制(こつずいよくせい)があります。これは、骨髄の血液をつくる働きが低下している状態で、赤血球、白血球、および ...

がんの本 がん情報

がん治療の病院選びで悩んだときに参考になる本3冊

2018/11/7  

がんと診断されたら、どの病院で治療を受けますか? 治療を受ける病院を選ぶことは、がん患者さんにとって最初の大仕事といえます。なぜならば、病院によって治 ...

がん情報 乳がん 免疫治療

アテゾリズマブ(抗PD-L1抗体)がトリプルネガティブ乳がん患者の生存期間を延長

2018/5/16  

  トリプルネガティブ乳がんに対しては、ホルモン療法やハーセプチンなどのHER2標的の分子標的薬の効果が期待できないため、通常の抗がん剤治療 ...

がん研究 サプリメント 膵臓がん

ヒアルロン酸産生をブロックする薬(4-MU/ヒメクロモン)のがん治療における可能性

2018/11/7  

ヒアルロン酸とがん治療に関連した非常に興味深い研究報告があります。 前にも述べましたが、多くのがんではヒアルロン酸が異常に多くなっており、一部でがんの ...

QOL(生活の質) 手術 膵臓がん

膵臓切除後に注意する合併症:糖尿病はどの程度みられるのか?

2018/5/16  

膵臓のおもな働きとして、外分泌機能と内分泌機能があります。 外分泌機能とは消化液をつくって腸(十二指腸)の中に流す働きです。一方、内分泌機能とはインス ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに対するゲムシタビン(ジェムザール)とS-1(ティーエスワン)の併用療法の効果

2018/5/16  

切除手術ができない転移性膵臓がんや局所進行膵臓がんに対しては、抗がん剤治療が中心となります。長らくゲムシタビン(ジェムザール)の単独投与が行われていま ...

がん情報

脳転移(転移性脳腫瘍)でもあきらめない!10年生存例の解析

2017/5/17  

脳転移(転移性脳腫瘍)とは、肺がんや乳がんなど、脳以外の部位にできたがんが脳に転移した状態をいいます。 一般的に脳転移が認められた場合、がんの終末像( ...

副作用 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

抗がん剤(ジェムザール)による早期の好中球減少は予後良好のサイン?膵臓がんでの検討

2018/5/16  

膵臓がんは早期発見が難しく、およそ8割は診断時に切除ができないほど進行しています(切除不能膵臓がん)。 切除不能膵臓がんに対しては、標準治療としてゲム ...

がんの予防 サプリメント 大腸がん

サプリメント(マルチビタミン)が遺伝性の大腸がんを防ぐ:研究報告

2018/5/16  

「サプリメントはがんの予防や治療に有効か?」については、一定の見解は得られていません。特に「ビタミンのサプリメントはがん予防に有効か?」については多く ...

免疫治療 肝臓がん

進行肝細胞がんにオプジーボが有効:第1/2相試験(CheckMate040)の結果報告

2018/5/16  

肝細胞がんは肝臓にできる腫瘍の最も一般的なタイプです。日本における肝細胞がんの最大の原因はC型肝炎ウイルスであり、およそ70%を占めています。アルコー ...

サプリメント 大腸がん

フコイダンは転移性大腸がんの治療効果を高める:二重盲検ランダム化比較試験

2018/6/20  

フコイダンは昆布やメカブといった海藻のネバネバしたヌメリ成分であり、以前から抗がんサプリメントとして知られています。フコイダンは主に免疫力を高めること ...

がん研究 乳がん 免疫力

トリプルネガティブ乳がんの余命(生存率)を決めるのはやっぱりナチュラルキラー細胞(免疫)だった?

2018/9/27  

トリプルネガティブ乳がんとは、ホルモン受容体であるエストロゲンレセプターとプロゲステロンレセプターおよび細胞の増殖や悪性化に関わるHER2(ハーツー) ...

がん研究 サプリメント 大腸がん 食事療法

プロバイオティクスでがん治療:乳酸菌由来の新規抗がん物質フェリクロームとは?

2018/5/16  

プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌など、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善し、人体に有益な作用をもたらす生きた微生物(いわゆる善玉菌 ...

サプリメント

サプリメントは本当にがんに効くのか?動物実験からの新たなエビデンス

2019/11/26  

「サプリメントは本当にがんに効くのか?」ということに関しては、未だに議論があるところです。また飲むとしたらどのサプリメントがいいのか?についてもいろい ...

がん情報 膵臓がん

無症状の膵臓がんは予後がいいのか?研究報告と尾道方式がもたらした重要なヒント

2018/8/9  

膵臓がんは、早期には症状が乏しいことより、多くの患者さんは切除不能の進行した状態で診断されます。 ただ最近では、症状のない段階で膵臓がんと診断される患 ...

手術 運動 食事療法 食道がん・胃がん

胃がん患者におけるサルコペニアと術後合併症:術前筋トレのすすめ!

2020/1/5  

最近、「サルコペニア」という言葉を耳にする機会が増えました。サルコペニアとは、簡単に言うと病的な筋肉量や筋力の低下のことで、がん(特に消化器がん)の患 ...

がんの予防 大腸がん 食事療法

がんに効く野菜「にんにく」の発癌を抑える作用

2019/10/19  

にんにくが体によいことはよく知られていますが、消化器がんなどの悪性腫瘍の予防にも効果があるといわれています。 事実、アメリカの国立がん研究所で1990 ...

膵臓がん

転移性膵臓がんの長期生存例:オリゴメタ治療後12年無再発の症例報告

2018/5/16  

一般的に、遠くの臓器に転移を認める膵臓がん(転移性膵臓がん)の予後はきびしく、多くの報告では5年生存率は1%未満とされています。 しかしながら、「転移 ...

がんの本 マインド 手術 生活習慣

ステージ4咽頭がんを克服したサバイバーによる体験記「がんの手術をする前に」から学ぶべきこと

2018/8/27  

がんサバイバーの体験記には、多くの学ぶべきことがあります。 進行がんを克服した春名伸司さんと、日本ホリスティック医学協会会長である帯津良一先生の共著「 ...

手術

がん患者さん必見!外科医が教える、腕のいい理想的な外科医を見抜く方法

2018/5/16  

がんの手術が成功するためには、第1に経験豊富で腕のいい外科医に巡り会うことが必要条件となります。特に、複雑で難易度の高い手術であれば、なおさら外科医の ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.