お知らせ がんの本 著書

『このがん治療でいいのか?と悩んでいる人のための本』が出版されました!

更新日:

DSCN1033

2019年3月29日、私の3冊目の著書、『このがん治療でいいのか?と悩んでいる人のための本』が出版されました。

サブタイトルは「読むセカンドオピニオン」です。

 

 

皆さんは、今のがん治療に満足してますか?

また、今受けている治療がベストかどうか知ってますか?

 

がん治療が進歩、多様化し、選択肢が増えつづけている昨今、ますますがんについての正しい情報が必要です

そこで、がんの治療で悩んでいる全ての人に、「エビデンスに基づいたひとつの答えを示したい」という思いで書きました。

セカンドオピニオンを考えている人に、まず読んで頂きたいと思います。

本書では、100を超える論文(エビデンス)に基づき、27のがん治療にまつわる疑問にこたえます。

 

『このがん治療でいいのか?と悩んでいる人のための本』の内容紹介

本書の内容を目次に沿って一部紹介します。

【治療編】

〈手術〉

  • 遠くても手術数の多い病院
  • 手術日による生存率
  • 「切らない」という選択肢
  • 執刀医の性別や年齢による手術後死亡率
  • 専門性の高さの重要性
  • 術後の痛み

〈化学療法〉

  • 抗がん剤治療開始時の免疫細胞の量
  • 抗がん剤の副作用
  • 抗がん剤治療によるダウンステージング
  • 免疫チェックポイント阻害剤

〈放射線治療〉

  • 手術の前後の抗がん剤治療や放射線治療
  • 第一選択としての放射線治療

【生活指導編】

〈食事〉

  • 抗がん剤治療中の魚介生もの、外出
  • 抗がん剤の副作用の吐き気を軽くする食べ物
  • 本当にがんに効く食べ物はあるのか
  • がん治療のカギを握る腸内細菌

〈運動〉

  • 運動ががん治療に必要な理由
  • 手術前の握力や歩く速度
  • 抗がん剤治療と筋肉量の関係性

 

このうち、エビデンスの一部を紹介します。

エビデンス11: 進行がんであっても、抗がん剤治療でステージが下がることで5年以上の長期生存も期待できる

エビデンス11

通常、遠くの臓器に転移をみとめるステージ4の進行がんの場合、手術ではなく、抗がん剤治療が選択されます。

これまでは、この抗がん剤治療は延命目的と考えられていました。

ところが最近では、強力な抗がん剤治療の出現により、がんが小さくなったり、転移がみえなくなって、ステージが下がるケースがでてきました。

この場合、当初は予定していなかった手術が可能となる場合があります。

これをコンバージョン手術といいます。

最近の報告によると、胃がんや膵臓がんでコンバージョン手術が可能となった症例が増え、5年以上の長期生存例もでてきました。

今後、このようなステージが下がることによるコンバージョン手術がますます増えることが期待されています。 

まとめ

本書では、がんの治療を受ける上でとても重要な問題を取り上げましたが、実際には多くの人が知らないこともあると思います。

がん治療についての正しい情報を知り、賢くがん治療を受けていただければ幸いです。

 

  • この記事を書いた人

佐藤 典宏

医師(産業医科大学 第1外科 講師)、医学博士。消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 標準治療だけでなく、代替医療や最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。

-お知らせ, がんの本, 著書

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.