がんに効くサプリメントを医師が徹底調査!癌治療をサポートするフコイダンの5つの効果とは?

LINEで送る
Pocket

6e2f9fed0b1405ddaf3c127521831063_s

フコイダンとは、褐藻類(かっそうるい)といわれるコンブ、ワカメ(メカブ)、モズクに含まれる特有のヌメリ成分(食物繊維)の一種です。あの「ネバネバ成分」ですね。

以前からがんの治療に効果があるとの噂があり、「抗がんサプリメント」としてネットでも話題になってきました。

おそらく多くのがん患者さんはフコイダンのことを聞いたことがあると思いますし、実際に試してみた方も多いと思います。

さて「がんに効く」といわれているフコダインですが、実際にはどうなのでしょうか?

今日は、このフコダインのがんに対する効果について、実際のがん患者における臨床試験のデータも含め、徹底的に調査してみました。

フコイダンのサプリメントをお考えのかたはこちらをどうぞ↓

がん患者さんにおすすめしている最低限のサプリメントについてはこちらをどうぞ↓

スポンサーリンク

がん治療をサポートするフコイダンの5つの効果

医学論文の文献検索サイトPubMed(パブメド)で、Fucoidan(フコイダン)とCancer(がん)の2つのキーワードを入力すると、200以上の論文がヒットしました。

つまり、多くの研究者がフコイダンとがんとの関係について研究している証拠です。しかし、そのほとんどは細胞や動物を使った実験で、人における臨床試験は少ないのが現状です。

まずは、「フコイダンがどうしてがんによいのか?」について調べてみました。

フコイダンとがんとの関係についての基礎的な実験結果によると、フコイダンは以下の5つのおもな作用によってがんの治療をサポートすることがわかりました。

1.がん細胞に対する抗腫瘍(アポトーシス導入)作用

フコイダンは、様々な種類のがん細胞(乳がん、大腸がん、肺がん、前立腺がん、膀胱がん、肝臓がん、白血病細胞など)に対して増殖を抑制し、またアポトーシス(プログラムされた積極的な死)の経路を活性化してがん細胞を死に導くとされています。

さらに、動物実験ではフコイダンはがんの増殖を抑制し、転移を減少させることが示されています。

一例を紹介します。マウスを使った肺がんモデルでの実験です。この実験では、フコイダンをエサに混ぜて与えたところ、下図のようながんの増殖抑制効果がみられました。

フコイダン肺がんマウス実験

Oncotarget. 2014 Sep 15;5(17):7870-85.より引用(一部改変)

2.血管新生を抑制し、がんの成長・転移を阻止する作用

がんが大きく成長するためには、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)などの物質を分泌し、新しく血管をつくる必要があります。これを血管新生(アンジオジェネシス)といいます。

フコイダンは、がん細胞によって誘発されるこの血管新生を抑えることが報告されています。この結果、フコイダンを与えたマウスでは、様々ながん(肺癌など)の増殖が抑制されることが証明されています。

たとえば、フコイダンは血管新生を阻害することにより、マウスにおける乳がんの肺転移を抑制したと報告されています(下図)。

フコイダン乳癌マウス肺転移

PLoS One. 2012;7(8):e43483. より引用(一部改変)

3.免疫力を高める作用

フコイダンは、がんに対する免疫力の”かなめ”であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)の数を増やし、また同時にその活性を高めることが確認されています

実際に、人における研究で、メカブから抽出されたフコイダンを摂取することで、NK細胞の活性が上昇する傾向にあったというデータもあります(J Nutr. 2013 Nov;143(11):1794-8)。

NK細胞は、人間の免疫システムをつかさどる重要な免疫細胞です。体内にウイルスや病原体が入り込んだり、がん細胞など異常な細胞が発生した際に、最初に攻撃を始めるのがこのNK細胞です。

またフコイダンは、がん細胞を殺傷する役目のキラーT細胞(細胞傷害性T細胞)とよばれるリンパ球を増加させるとの報告もあります。

4.抗がん剤・分子標的薬の効果を高める作用

通常の抗がん剤と同時にフコイダンを投与することで、治療の効果を高めると報告されています。

例えば、フコイダンは、HER2陽性乳がん等に対して使われている分子標的薬(チロシンキナーゼ阻害剤)であるラパチニブ(タイケルブ)のがん増殖抑制効果を相乗的に高めることが報告されています(Evid Based Complement Alternat Med. 2014;2014:865375. doi: 10.1155/2014/865375.)。

5.疲労感を軽減し、がんや抗がん剤治療にともなう筋肉の萎縮を改善する作用

フコイダンは、運動に伴う疲労感を軽減し、がんや抗がん剤治療が原因の筋肉の萎縮を改善することが動物実験で示されています。

筋肉の萎縮(サルコペニア、いわゆる筋肉やせ)はがんの予後を悪くする原因ですので、フコイダンで筋肉の萎縮を予防することはがんの治療にもよい影響を与えると考えられます。

このように、フコイダンにはがん治療中のがん患者さんにとってメリットとなるさまざまな効果があると報告されています。

人におけるフコイダンの効果(3つの臨床試験結果より)

47a877a869d1ce8cc6e8318707d67a8b_s

細胞や動物実験に比べ、人におけるフコイダンの研究は少ないのが現状です。

しかし、最近になってフコイダンの効果についての臨床研究の報告が増加しています。ここでは、フコイダンの効果を実際のがん患者さんで調べた3つの臨床試験について解説します。

1.転移性大腸がんに対する抗がん剤と低分子フコイダンの併用療法

転移性大腸がん患者さんを対象とした二重盲検ランダム化比較試験において、低分子フコイダンの治療効果について調査した研究結果が報告されました。

Efficacy of Low-Molecular-Weight Fucoidan as a Supplemental Therapy in Metastatic Colorectal Cancer Patients: A Double-Blind Randomized Controlled Trial. Mar Drugs. 2017 Apr 21;15(4). pii: E122. doi: 10.3390/md15040122.

転移を認める大腸がん患者60人を、30人ずつ2つのグループ(フコイダン投与群とコントロール群)にランダムに割り付けました。

全ての患者さんに対して一般的な抗がん剤治療(FOLFIRI+ベバシズマブ(アバスチン)療法)を行い、フコイダン投与群では1日2回、フコイダン(計4g)を投与しました。一方コントロール群には同量のセルロースパウダーを投与しました。

結果を示します。

■ 病勢コントロール率(寛解+不変)は、フコイダン群では92.8%、コントロール群で69.2%であり、フコイダン群で有意に高かった(p = 0.026)
■ コントロール群に比べ、フコイダン群では全生存期間(18.04 vs. 12.96ヶ月; p = 0.092)および無増悪生存期間(15.93 vs. 10.80ヶ月; p = 0.075)が延長する傾向にあったが、統計学的な有意差は認めなかった(下図)。

フコイダン転移性大腸がんランダム化比較試験生存率

■ その他、副作用(AEs)および生活の質(QOL)については両群の間に有意な差は認めなかった。

この結果より、フコイダンは抗がん剤治療と併用することで、転移性大腸がん患者さんの病勢コントロール率(効果があった+進行を認めなかった患者さんの率)を改善し、生存期間を延長する可能性が示されました。

2.大腸がん患者における抗がん剤治療とフコイダンの併用

大腸がん患者を対象に、フコイダンが通常の抗がん剤治療の効果を高めるか、また抗がん剤の副作用を減らすことができるかについての日本からの論文を紹介します。

Fucoidan reduces the toxicities of chemotherapy for patients with unresectable advanced or recurrent colorectal cancer. Oncol Lett. 2011 Mar;2(2):319-322. Epub 2011 Jan 21.

20名の切除不能の進行または再発大腸がん患者のうち、通常の抗がん剤治療(FOLFOXまたはFOLFIRIという標準的な抗がん剤組み合わせ)だけのグループと、フコイダンを併用したグループとに分けて、副作用と治療成績(生存期間)について検討しています。

ちなみにフコイダンは沖縄もずくから抽出したものを用い、患者は1日におよそ4グラムのフコイダンを含む液体を化学療法開始の日から6ヶ月間内服しました。

結果を示します。

■ フコイダンを併用したグループでは、抗がん剤の副作用である疲労感が60%から10%へと減少していた。しかし、下痢、神経障害、骨髄抑制などの副作用はフコイダンでは軽減しなかった。
■ フコイダンを併用したグループでは、抗がん剤だけの治療グループと比べて長く治療を続けることができた(平均19.9サイクル vs 10.8サイクル、P=0.016)
■ 統計的には有意な差はなかったが、フコイダンを併用したグループの方が、抗がん剤だけのグループに比べて生存期間が長い傾向にあった
■ フコイダンを併用した群を含め、両グループともに重大な副作用はみられなかった。

これらの結果より、フコイダンには抗がん剤治療の副作用(疲労感)を軽減する効果と、生存率を向上させる効果が期待されるとしています

3.進行がん患者におけるフコイダンの炎症と生活の質(QOL)への効果

An Exploratory Study on the Anti-inflammatory Effects of Fucoidan in Relation to Quality of Life in Advanced Cancer Patients. Integr Cancer Ther. 2017 Feb 1:1534735417692097. doi: 10.1177/1534735417692097. [Epub ahead of print]

本試験では、20人(平均年齢59歳)の転移を認める進行がん患者を対象としました。がんの種類は、肺がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胃がん、肉腫、子宮がん、乳がん、前立腺がん、および頭頸部がんでした。10人に手術、18人に抗がん剤、4人に放射線治療が行われていました。

これらの患者さんに、モズクから抽出したフコイダン(4g/日)を4週間にわたり投与しました。

投与後にCRP(C-リアクティブ・プロテイン)、炎症性サイトカイン(インターロイキン(IL)-1β、IL-6、TNF-α)の変化、およびQOL(生活の質)スコアと全生存を評価しました。

結果を示します。

■ 主な炎症性サイトカインであるIL-1β、IL-6、およびTNF-αはフコイダン摂取2週間後に有意に低下していました。
■ 試験期間を通じ、倦怠感を含むQOLスコアには変化がみられませんでした。
■ 単変量および多変量解析では、「フコイダンによるIL-1βの低下」最も全生存(予後)と相関する因子でした。すなわち、フコイダン摂取2週間後にIL-1βが低下した患者の生存期間(中央値13.0ヶ月)は、低下を認めなかった患者の生存期間(中央値5.0ヶ月)よりも有意に延長していました(P = 0.02)(下図)

フコイダンによるIL-1b低下と予後

つまり、フコイダンによってQOLが維持され、また一部の患者さんでは炎症を抑えることが明らかとなりました。また、フコイダンによる炎症の抑制(IL-1βの低下)は、予後良好のサインであることがわかりました。

本試験は、フコイダンが進行がん患者の炎症を抑えることを示した初めての臨床試験であり、フコイダンの抗がん効果のあらたなエビデンスとして重要であると考えられます。

フコイダンを含む食品・サプリメントは?

359507cb23ea2f295c1cb44aa4ee0e95_s

フコイダンは、昆布、わかめ、メカブ、モズクなどの海藻に多く含まれます。

とくに、北海道・函館周辺の海域に生息する「ガゴメ昆布」には通常の真昆布と比較すると約3倍ものフコイダンが含まれています。またモズクではオキナワモズクにフコイダンが多く含まれています。

なかでも北海道産のがごめ昆布や沖縄のオキナワモズクに多く含まれています。

海藻サラダ、味噌汁、もずく酢、メカブなどで摂取しましょう!

また、毎日しっかりとフコイダンをとるためにはサプリメントが便利です。

ただし、フコイダンのサプリメントを選ぶ時は、他の素材と複合配合されているものも多いので、商品の重さではなくフコイダンの含有量をしっかりと確認しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント