年別アーカイブ:2016年

がん情報 大腸がん

高血糖(糖尿病)が大腸がん患者の生存率を低下させる理由:新たな研究報告

2018/5/16  

大腸がんは世界的に増加傾向にあります。 特に日本では近年大腸がん患者が急速に増加しており、最近の全国集計によると罹患数は男女合わせて第1位(2012年 ...

がんの予防 膵臓がん

膵臓がんは予防できるの?大切な3つのキーワード:禁煙、節酒、マグネシウム(ナッツ)

2019/4/25  

膵臓がんは治療がむずかしく、いまだに「難治がん(治らないがん)」として悪名高いがんの一つです。 日本における最新のデータでは、膵臓がんの10年生存率( ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに新しい分子標的薬レファメチニブ(Refametinib)の効果期待:第I/II相臨床試験

2019/6/29  

膵臓がんはきわめて予後が悪い難治がんであり、転移を認める進行膵臓がんの平均の生存期間は未だに6~8ヶ月程度です。一刻も早く効果の高い抗がん剤の開発が必 ...

サプリメント 副作用 食事療法

フコイダンはがんに効くのか?研究や臨床試験で明らかとなった癌治療をサポートする作用

2020/7/21  

「フコイダンはがんに効くのか?」 外来で、がん患者さんから質問されます。 フコイダンとは、褐藻類(かっそうるい)といわれるコンブ、ワカメ(メカブ)、モ ...

がん情報

がん治療を納得して受けるために!セカンドオピニオンのタイミングと注意点

2018/5/16  

がんの治療でもっとも大切なことは、自分のがんの状態や治療についての情報をしっかり集めること、そして主治医や家族と十分に話し合った上で、最終的に自分で選 ...

がん情報 乳がん

糖尿病は乳がん患者の予後(生存率)を悪化させるのか?最新のメタアナリシスより

2018/5/16  

糖尿病は世界的に増加傾向にありますが、日本においても増加の一途をたどっています。 糖尿病は、様々ながん発症のリスクとなることが報告されています。また、 ...

サプリメント 膵臓がん 食事療法

オメガ3脂肪酸は膵臓がん患者の体重を増加させ、カヘキシア(悪液質)の治療に有効

2018/5/16  

膵臓がんは初期には症状がほとんどないため、多くの場合、進行した状態で診断されます。 病状が進行するにしたがい、膵臓がんの患者は痛み、嘔吐、嘔気、食欲不 ...

がん情報 乳がん 免疫治療

トリプルネガティブ乳がんに対する免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダの効果

2018/5/16  

トリプルネガティブ乳がんは、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンの受容体と、HER2(ハーツー)という細胞の表面にあるがんを促進するタンパク ...

マインド

あなたの「キャンサーギフト」は何ですか?がんになって良かったこと

2019/12/27  

みなさんは、キャンサーギフト(cancer gift)という言葉をご存じですか? 文字どおり「がんからの贈り物」のことで、がんになったことで、はじめて ...

がん情報 膵臓がん

炎症が膵臓がんの生存期間を決める:新たな予後因子CRP/アルブミン比率

2018/5/16  

昔から炎症とがん(悪性腫瘍)との間には深い関係があることが示されてきました。つまり、慢性の炎症はがんの原因となり、またがんを進行させることがわかってい ...

がんの予防 マインド

がんに対する準備してますか?余命半年の進行がん患者となった外科医からの教訓

2019/8/22  

がんの告知は時と場所を選ばず、そして誰にでも訪れます。そんなことを改めて感じさせる本があります。 「がんの外科医が、一晩でがん患者になってからしたこと ...

がん情報 免疫治療 膵臓がん

ゲムシタビンによる膵臓がん術後の再発防止にはナチュラルキラー(NK)細胞が関与:研究報告

2018/5/16  

膵臓がんの治療では、たとえ完全に腫瘍を取りのぞく手術(治癒切除)ができたとしても、局所(もともとのがんがあった部位)に再発したり、遠くの臓器に転移(遠 ...

がん情報 子宮・卵巣がん 抗癌剤・分子標的薬

再発卵巣がん治療の革命?新規PARP阻害剤ニラパリブが生存期間を大きく延長

2019/12/2  

卵巣がんは初期症状が非常に乏しいため、患者の約80%がステージ3以上の進行がんの状態で発見されます。 切除可能な早期の卵巣がんの治療成績は良好ですが、 ...

がん情報 膵臓がん

「切除不能膵癌に対して免疫療法は推奨されるか?」膵癌診療ガイドライン2016年版より

2018/5/16  

膵臓がん患者の5年生存率(治療開始から5年後に生存している人の割合)は依然として10%以下であり、消化器がんの中では最悪の成績です。 特に、はなれた臓 ...

がん情報 膵臓がん

ガイドライン解説!「膵癌の発見(早期診断)はどのようにしたらよいか?」膵癌診療ガイドラインより

2018/11/20  

膵臓がんは年々増えており、日本における死亡者数は2013年には年間3万人を突破しました。 膵臓がん患者の5年生存率(治療開始から5年後に生存している人 ...

がん情報 膵臓がん

転移性膵臓がんに対するベストの1次+2次化学療法の生存期間は13.5ヶ月!

2018/5/16  

転移性膵臓がんに対してはさまざまな抗がん剤による治療が試されてきましたが、有効なものがほとんどなく、最も効果が高いとされるゲムシタビンを使っても生存期 ...

がん情報 免疫治療

がん免疫療法オプジーボ(ニボルマブ)の安全性と有効性まとめ:27の臨床試験の総合評価

2018/11/7  

免疫チェックポイント阻害剤ニボルマブ(オプジーボ、抗PD-1抗体)の快進撃がとまりません。 現在、日本におけるオプジーボの適応疾患は、メラノーマ、非小 ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

HER2(ハーツー)陰性進行乳がんに新たな治療薬Ribociclib(リボシクリブ)の有効性証明

2018/5/16  

進行乳がんの治療成績はいまだ満足のいくものではなく、転移・再発乳がんは切除可能な局所再発を除いて治癒は極めて困難であり、化学療法後の10年生存率はわず ...

QOL(生活の質) 生活習慣

ゆっくり眠りたいがん患者さんへ!不眠・睡眠障害を解消する方法5つ

2019/11/8  

多くのがん患者さんは、不眠や中途覚醒(真夜中に目が覚める)など睡眠障害に悩まされています。 これは、がんに伴う不安、痛みなどの症状、また治療の副作用な ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 放射線治療 膵臓がん

局所進行膵臓がんに対する重粒子線(放射線)+抗がん剤(ゲムシタビン)治療の効果は?

2019/7/17  

膵臓がんは症状がでにくいことより、多くの患者さんでは進行した状態で発見されます。 切除が困難な局所進行膵臓がんの場合、一般的には抗がん剤や放射線(X線 ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

トリプルネガティブ乳がんに新しい治療法:ベリパリブ+カルボプラチン

2018/11/7  

乳がんは、遺伝的および臨床的に不均一であることより、個々の症例に最も適した治療法をみつけることは困難になっています。 特に、エストロゲン、プロゲステロ ...

がん情報 免疫治療 食道がん・胃がん

免疫チェックポイント阻害剤ニボルマブ(オプジーボ)が進行胃がんの生存期間を延長

2018/5/16  

胃がんは、日本における最も多いがんの一つです。 胃がんの死亡率は年々減少傾向ではありますが、肺がん、大腸がんに続き、がん死亡の第3位(2014年)です ...

がん情報 乳がん

「トリプルネガティブ乳癌」若い女性に多い予後不良な乳がんの特徴とは?

2019/7/13  

乳癌は増えています。 小林麻央さんや北斗晶さん、また南果歩さんなど多くの芸能人が乳癌と診断されています。 また最近、乳がんのなかでも比較的予後(治療成 ...

がん情報 手術

がんの手術を受ける患者さんへ!手術前に必ずしてもらいたい5つのこと

2018/11/7  

がんに対する治療法は日々進歩しています。新しい抗がん剤や放射線治療、さらには免疫治療も開発され、臨床応用されるようになりました。 また、外科の分野では ...

がん情報 乳がん

ビタミンDの低下は乳癌の死亡率を高める:乳がんサバイバーにおける調査結果

2018/7/25  

ビタミンDは脂溶性ビタミンで、カルシウムの吸収と骨の正常な成長を促す以外にも細胞成長、神経筋機能、免疫機能の調節、炎症の抑制効果など様々な役目を果たし ...

がん情報 免疫治療 膵臓がん

膵臓がんにオプジーボが効くようになる?免疫療法の効果を高める新たな治療戦略

2019/7/9  

がんに対しては、手術、抗がん剤、放射線のいわゆる3大療法が治療の中心です。しかし、膵臓がんなどの予後が悪いがんに対しては治療の限界があります。 この限 ...

サプリメント 副作用 食事療法

医師が推薦!がん患者さんが治療のために是非とりたいオイル(油)4種

2018/5/31  

以前は、健康のためには油(オイル)は控えめにしましょう!というのが一般的でした。 しかし最近、オイルの重要性が見直されてきました。ある種のオイルは病気 ...

がん情報 手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

高齢の膵臓がん患者は手術と抗がん剤のどちらを選ぶべきか?研究報告

2018/5/16  

膵臓がんの患者は年々増えており、日本における死亡者数は2013年には年間3万人を突破しました。 また膵臓がんは高齢者に多く、診断時の平均年齢は70歳以 ...

がん情報 乳がん 抗癌剤・分子標的薬

経口分子標的薬パルボシクリブ、進行乳がん治療薬として国内承認申請

2018/5/16  

日本における乳がんの年間罹患数は約7.4万人で、女性の部位別罹患数として第一位です。また2014年には乳がんの年間死亡者数は1.3万人を超えました。 ...

がんの本 マインド

がん患者さん必読!勇気をもらえる、がん闘病記5冊

2018/11/7  

がん患者さんにとって最も勇気づけられることは、実際にがんを克服したサバイバーの存在でしょう。 特に、ステージ4の進行がんや、余命半年の末期がんから生還 ...

サプリメント 肺がん 食事療法

ブロッコリーを食べましょう!強力な抗がん効果をもつスルフォラファンが肺癌の成長を阻害

2018/11/23  

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科野菜には、がんの予防効果があることをご存じでしょうか? 特に、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンには強力な解 ...

QOL(生活の質) 食事療法

主食・スイーツをあきらめない!がんサバイバーの糖質制限ダイエットを強力にサポート

2019/6/16  

がんサバイバー、がん患者さんには、「無理をしない糖質制限ダイエット」をおすすめしています。でも、どうしても主食(ごはん、パン、めん類)やデザート(スイ ...

がん情報 免疫治療

免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボ、キートルーダ)が効きやすいがんとは?

2018/5/16  

がん治療の新しい流れとして、免疫チェックポイント阻害剤の開発、臨床研究、および実用化が加速しています。 現時点では、ヤーボイ(抗CTLA-4抗体)とキ ...

がん情報 手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんを生き抜くために!現時点でベストの治療法は?

2018/5/16  

膵臓がんは進行した状態で診断されることが多く、治療成績はがんの中でも最悪といわれています。 がんの治療では、まずは5年生存を目指すわけですが、日本にお ...

QOL(生活の質) マインド 補完代替医療

がん患者・サバイバーの不安・ストレスや症状をやわらげる「マインドフルネス」とは?

2018/9/15  

マインドフルネスは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて現実をあるがままに受け入れる心の状態のことをいいます。瞑想やヨガを組み合わせたマインドフル ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.