佐藤 典宏

がんの予防 大腸がん 食事療法

緑茶抽出物(カテキン)が大腸ポリープ/大腸癌を予防する:ランダム化比較試験

2018/5/16  

緑茶はすぐれた健康飲料であり、心臓病や脳血管疾患、およびがんを予防する効果があるといわれています。 実際に、緑茶を習慣的に摂取する人たちでは、これらの ...

大腸がん 手術 膵臓がん 食事療法 食道がん・胃がん

術前の予後栄養指数(PNI)が消化器がんの術後合併症と生存期間を決める!

2020/2/12  

みなさんは、がんの手術がうまくいくかどうか(つまり術後合併症や生存期間)を決める上で重要なことは何だと思いますか? がんの手術の成績を決める因子として ...

サプリメント 大腸がん 食事療法

海洋性オメガ3脂肪酸(DHA/EPA/DPA)が大腸がんの生存期間を延長する:研究報告

2022/2/19  

オメガ3不飽和脂肪酸(PUFAs)には、がんの予防効果があることがわかっています。 例えば、細胞や動物実験レベルでは、オメガ3脂肪酸はがんの進行を抑制 ...

がん研究 マインド

精神的・心理的苦痛はがんの死亡率を上昇させる!セルフチェックのすすめ

2018/11/7  

昔からよく「病(やまい)は気から」といいますが、実際に多くの研究によって、心血管病や脳卒中などの病気のリスクは、心理的な状態によって強く影響されること ...

がん情報 子宮・卵巣がん 食事療法

タマネギに驚きの抗がん成分:オニオンA(ONA)は卵巣がんの発育を抑制する

2018/7/15  

卵巣がんは、女性のがんの中でも非常に予後の悪いがんです。 特に、進行した卵巣がんの場合、がんが腹膜へ転移(播種:はしゅ)したり、腹水がたまることが多い ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

術前化学療法(GS療法)がボーダーライン膵臓がんの生存期間を延長:日本からの報告

2018/11/7  

膵臓がんは、たとえ切除手術ができたとしても、再発・転移することが非常に多い難治がんです。特にがんが重要な血管に接していて、切除ができるかどうか微妙な場 ...

がん情報 免疫治療

免疫チェックポイント阻害剤ペムブロリズマブ(キイトルーダ)が膀胱がんなど(尿路上皮がん)にも有効

2018/5/16  

新たな免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(キイトルーダ)の勢いが止まりません。 2016年9月に悪性黒色腫に対する適応で承 ...

がんの予防 膵臓がん 食事療法

野菜・果物をとりましょう!食物繊維は膵臓がんのリスクを大幅に低下させる

2020/3/3  

膵臓がんは非常に予後(治療成績)が悪いがんであり、10年生存率はわずかに5%です。 最近では新しい抗がん剤やレジメン(投与の組み合わせ)の導入により、 ...

乳がん 食事療法

【医師が解説】覚えておきたい!乳がんの再発を防ぐための食べ物7種

2020/6/4  

乳がんは全世界において、女性における最も一般的な悪性腫瘍です。 一部の乳がん患者さんは、手術や抗がん剤による治療後も再発の危険にさらされるため、長期に ...

がん情報 膵臓がん

スタチン(高コレステロール血症薬)が膵臓がん患者の死亡率を低下:最新の報告より

2018/11/7  

スタチンとは、高脂血症(高コレステロール血症)の治療薬で、現在では様々な種類が使われています。 このスタチンは、本来のコレステロールを低下させる作用と ...

サプリメント 乳がん 食事療法

舞茸(マイタケ D-フラクション)が乳がんを抑制する:キノコの抗がん効果についての新たなエビデンス

2018/8/28  

よく「きのこ系食品ががんに効く」とは言われますが、直接がんを抑制する作用についての報告は少ないのが現状です。 最近、きのこ類の中でも舞茸(まいたけ)の ...

サプリメント 大腸がん

EPA(エイコサペンタエン酸)の抗がん作用:ステージ4(肝臓転移)の大腸癌に対する臨床試験

2022/2/19  

EPA(エイコサペンタエン酸)は、必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一種で、魚油(フィッシュオイル)に多く含まれています。 EPAには血液をさらさらにする ...

がんの予防 サプリメント

癌に効くフルーツ:抗がん作用があるブルーベリーの成分アントシアニンとは?

2021/3/11  

最近、ブルーベリーなどの成分であるアントシアニンが、目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにする効果があることより、眼精疲労のサプリメントとして ...

がん情報 がん研究

ヒアルロン酸はがんを進行させる?新しい治療のターゲット

2018/5/16  

ヒアルロン酸はからだのあちこちに存在する成分で、お肌のハリやうるおいを保つために必要な成分であるため、化粧品やサプリメントなどに使われています。 また ...

がんの予防 がん情報 サプリメント 乳がん 肺がん 膵臓がん

【医師が徹底調査】スピルリナ(フィコシアニン)の抗がん効果とそのメカニズム

2019/7/28  

スピルリナは、今から30億年以上も昔に地球上に誕生した「らせん形」の藍藻類の一種で、最古の植物といわれています。 主にアフリカや中南米の熱帯地方の塩水 ...

大腸がん 運動

座って過ごすより散歩をしましょう!がん患者の生存率とウォーキングなどの活動時間との関係

2019/7/17  

がん患者さんは、どうしても外へでることが少なくなり、活動性が低下する傾向があります。お家のなかで座ってテレビを見たり、本や雑誌を読んだりする時間が多い ...

QOL(生活の質) 乳がん

がん骨転移に対するゾレドロン酸(ゾメタ)の投与間隔が変る?:4週毎 vs 12週毎のランダム化比較試験

2018/5/16  

乳がんなどの骨転移は、痛み(疼痛)、骨折、手足のしびれや麻痺、および高カルシウム血症など、さまざまな厄介な症状や合併症を引き起こします。 これら骨転移 ...

がん情報 サプリメント 膵臓がん

クルクミンは膵臓がん(膵癌)の転移を抑える:間質(かんしつ)細胞を標的にした新たな抗癌作用

2018/7/5  

ウコンの成分であるクルクミンが、発がんを予防し、がんの進行を抑制する報告が増えています。 海外の臨床試験では、肝臓に転移した膵臓がんが、クルクミンの単 ...

がん情報 免疫治療

再発性の頭頸部(とうけいぶ)がんに対するニボルマブの効果:第III相臨床試験

2018/5/16  

免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブ(抗PD-1抗体)の快進撃が止まりません。今回は、難治性といわれる再発性頭頸部(とうけいぶ)がんに対するニボ ...

マインド

がん患者・サバイバーのみなさんへ!潜在意識でがんを克服するアファメーションのすすめ

2020/6/30  

みなさんはアファメーションをご存じですか? アファメーションとは、肯定的な自己宣言のことです。 つまり、ポジティブな言葉を自分に語りかけ、行動と人生に ...

免疫治療 膵臓がん

膵臓がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の効果を高める新たな戦略:IL-6阻害

2017/1/21  

がんに対する第4の治療といわれる免疫療法の開発および臨床応用が加速度的にすすんでいます。 なかでも免疫チェックポイント阻害剤は、免疫細胞のブレーキを外 ...

QOL(生活の質) マインド

がんになって良かったことが実感できる「ベネフィット・ファインディング」のすすめ

2018/5/16  

多くのがん患者さんが、「なぜがんになってしまったのだろう?」と、がんの否定的な面ばかり考えてしまいます。 しかし、この否定的な感情は生活の質(クオリテ ...

がんの予防 サプリメント

強力な癌抑制作用を持つウコンの成分テトラヒドロクルクミンとは?

2018/5/31  

ウコンの成分であるクルクミンが、がんの予防や治療に効果があることは、多くの研究によって示されています(詳しくは、こちらの記事をどうぞ↓)。 【医師監修 ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がん腹膜転移に対する新たな治療戦略(パクリタキセル+S1):日本からの研究結果

2019/6/27  

膵臓がんは非常に予後の悪い癌であり、5年生存率は依然として10%以下です。特に、膵臓がんは診断時にすでに転移していることが多く、外科的に切除ができない ...

がん情報 大腸がん

高血糖(糖尿病)が大腸がん患者の生存率を低下させる理由:新たな研究報告

2018/5/16  

大腸がんは世界的に増加傾向にあります。 特に日本では近年大腸がん患者が急速に増加しており、最近の全国集計によると罹患数は男女合わせて第1位(2012年 ...

がんの予防 膵臓がん

膵臓がんは予防できるの?大切な3つのキーワード:禁煙、節酒、マグネシウム(ナッツ)

2019/4/25  

膵臓がんは治療がむずかしく、いまだに「難治がん(治らないがん)」として悪名高いがんの一つです。 日本における最新のデータでは、膵臓がんの10年生存率( ...

がん情報 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんに新しい分子標的薬レファメチニブ(Refametinib)の効果期待:第I/II相臨床試験

2019/6/29  

膵臓がんはきわめて予後が悪い難治がんであり、転移を認める進行膵臓がんの平均の生存期間は未だに6~8ヶ月程度です。一刻も早く効果の高い抗がん剤の開発が必 ...

サプリメント 副作用 食事療法

フコイダンはがんに効くのか?研究や臨床試験で明らかとなった癌治療をサポートする作用

2020/7/21  

「フコイダンはがんに効くのか?」 外来で、がん患者さんから質問されます。 フコイダンとは、褐藻類(かっそうるい)といわれるコンブ、ワカメ(メカブ)、モ ...

がん情報

がん治療を納得して受けるために!セカンドオピニオンのタイミングと注意点

2018/5/16  

がんの治療でもっとも大切なことは、自分のがんの状態や治療についての情報をしっかり集めること、そして主治医や家族と十分に話し合った上で、最終的に自分で選 ...

がん情報 乳がん

糖尿病は乳がん患者の予後(生存率)を悪化させるのか?最新のメタアナリシスより

2018/5/16  

糖尿病は世界的に増加傾向にありますが、日本においても増加の一途をたどっています。 糖尿病は、様々ながん発症のリスクとなることが報告されています。また、 ...

サプリメント 膵臓がん 食事療法

オメガ3脂肪酸は膵臓がん患者の体重を増加させ、カヘキシア(悪液質)の治療に有効

2018/5/16  

膵臓がんは初期には症状がほとんどないため、多くの場合、進行した状態で診断されます。 病状が進行するにしたがい、膵臓がんの患者は痛み、嘔吐、嘔気、食欲不 ...

がん情報 乳がん 免疫治療

トリプルネガティブ乳がんに対する免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダの効果

2018/5/16  

トリプルネガティブ乳がんは、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンの受容体と、HER2(ハーツー)という細胞の表面にあるがんを促進するタンパク ...

マインド

あなたの「キャンサーギフト」は何ですか?がんになって良かったこと

2019/12/27  

みなさんは、キャンサーギフト(cancer gift)という言葉をご存じですか? 文字どおり「がんからの贈り物」のことで、がんになったことで、はじめて ...

がん情報 膵臓がん

炎症が膵臓がんの生存期間を決める:新たな予後因子CRP/アルブミン比率

2018/5/16  

昔から炎症とがん(悪性腫瘍)との間には深い関係があることが示されてきました。つまり、慢性の炎症はがんの原因となり、またがんを進行させることがわかってい ...

がんの予防 マインド

がんに対する準備してますか?余命半年の進行がん患者となった外科医からの教訓

2019/8/22  

がんの告知は時と場所を選ばず、そして誰にでも訪れます。そんなことを改めて感じさせる本があります。 「がんの外科医が、一晩でがん患者になってからしたこと ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.