トリプルネガティブ乳がんのリスクを高める生まれながらの遺伝子変異を発見

LINEで送る
Pocket

633247b72253f3fe26a4acdf4ef65bbb_s

トリプルネガティブ乳がんは、乳がん全体のおよそ10~15%にみられ、比較的若い女性に多いことが特徴です。

エストロゲン受容体プロゲステロン受容体、およびがん細胞の増殖に関わるHER2(ハーツー)のすべてが陰性(ネガティブ)のがんです。

ホルモン療法やハーセプチンなどのHER2標的の分子標的薬の効果が乏しいため、治療の選択肢が限られています。

また、局所進行や転移をともなった状態で見つかることも多く、他のタイプの乳がんと比べて進行が早いとされています。

このため、トリプルネガティブ乳がんの危険因子を同定し、予防または早期発見の方法を確立する必要があります。

これまでの研究では、BRCA1という遺伝子に変異があるとトリプルネガティブ乳がんになりやすいことが分かっていましたが、そのほかの遺伝子異常に関しては不明でした。

今回、大規模な遺伝子調査により、トリプルネガティブ乳がんの発症リスクを高める複数の(生まれつきの)遺伝子変異が発見されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遺伝子パネル検査によるトリプルネガティブ乳がんの発症リスク遺伝子の同定

Triple-Negative Breast Cancer Risk Genes Identified by Multigene Hereditary Cancer Panel Testing. J Natl Cancer Inst. 2018 Aug 7. doi: 10.1093/jnci/djy106. [Epub ahead of print]

【対象と方法】

対象は、米国の多施設に登録された10901人のトリプルネガティブ乳がん患者。

このうち、8753人について21個の遺伝子パネル検査、および2148人について17遺伝子パネル検査を行い、生まれつきの遺伝子変異(生殖細胞変異)を調査しました。

対照群(26000人以上)と比較し、リスクを高める素因遺伝子を同定しました。

【結果】

● コントロールと比較し、BARD1、BRCA1、BRCA2、PALB2、およびRAD51Dの生殖細胞変異があると、トリプルネガティブ乳がんのリスクが非常に(5倍以上)高くなっていました(下図)

トリプルネガティブ乳がん遺伝子リスク

● BRIP1、RAD51C、およびTP53の生殖細胞変異があると、 トリプルネガティブ乳がんのリスクが中程度(2倍以上)高くなっていました。
● これらのトリプルネガティブ乳がんリスク遺伝子変異は、患者全体の12.0%にも認められていました。

【結語】

遺伝子パネル検査により、トリプルネガティブ乳がんの素因遺伝子(生まれながらの変異があるとなりやすい遺伝子)としてBARD1、BRCA1、BRCA2、PALB2、およびRAD51Dが発見された。

まとめ

今回、1万人以上のトリプルネガティブ乳がん患者さんを対象とした遺伝子検索により、リスクを高める素因遺伝子として、BRCA1以外の遺伝子が複数同定されました。

およそ12%のトリプルネガティブ乳がん患者に、これらの遺伝子に生まれながらの変異があると考えられます。

この情報により、トリプルネガティブ乳がんのスクリーニング検査、リスクの評価、および予防法の開発・改善が期待されます。

さらに、これらの遺伝子(あるいは細胞シグナル経路)をターゲットにした新しい治療戦略(分子標的薬など)が効果的である可能性があります。

今後の研究を待ちたいと思います。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク