肺がん

免疫治療 肺がん

筋肉量の低下(サルコペニア)があると免疫チェックポイント阻害剤の反応が弱まる?

2019/6/16  

オプジーボやキイトルーダといった免疫チェックポイント阻害剤の適応が拡大し、肺がんをはじめ、さまざまながんの治療薬として普及しつつあります。 同時に、免 ...

サプリメント 肺がん

ビタミンDのサプリメントで肺がん術後の生存率が改善:ランダム化比較試験

2018/7/25  

  一般的には、「サプリメントではがんは治らない」あるいは、「がんに効くサプリメントはない」といわれています。 一方で、多くの実験データや研 ...

手術 放射線治療 肺がん

早期肺がんに対する手術は放射線治療(SBRT)に比べて死亡率が上昇:海外からの報告

2018/12/6  

早期の非小細胞肺がん(NSCLC:肺腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)に対しては、肺切除手術が標準治療として長く行われてきました。 一方で、高齢の患者 ...

免疫治療 肺がん

術前のニボルマブ、肺がんの45%に治療効果あり:新たな術前免疫療法に期待

2018/11/7  

免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボあるいはキイトルーダ)によって、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の生存率が改善することがわかり、大きな期待が ...

がん自然退縮 免疫力 肺がん

ステージ4のがんが治療せずに自然に治る!肺がん(扁平上皮癌)の自然退縮例

2018/5/15  

肺がんは、日本におけるがん死亡者数の第1位(男女計)をしめる予後不良のがんです。 近年、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の導入によって進行した肺 ...

がん情報 肺がん

肥満と低体重(やせ型)は肺がん術後の生存率を低下:適正体重をキープする重要性

2018/5/15  

日本における平均寿命の延長にともない、高齢のがん患者が増加しています。 がんの標準治療には手術、抗がん剤、放射線治療がありますが、高齢のがん患者さんに ...

抗癌剤・分子標的薬 肺がん

小細胞肺がんに新たな分子標的薬ベネトクラックス(BCL-2阻害剤)が有効

2018/5/15  

小細胞肺がん(small cell lung cancer, SCLC)は肺がん全体の10~15%と比較的少ないのですが、悪性度が高く予後が悪いがんと ...

抗癌剤・分子標的薬 肺がん

オシメルチニブ(タグリッソ)がEGFR変異陽性の非小細胞肺がんに有効:ファーストラインの標準治療になるか?

2019/7/23  

肺がんは日本においても増加傾向にあり、がん死亡率トップの難治がんです。 しかしながら、近年の分子標的薬の開発・臨床への導入によって進行性の非小細胞肺が ...

QOL(生活の質) 肺がん

がんによる体重減少と悪液質(カヘキシア)の治療にアナモレリンが有効:進行性肺癌患者での臨床試験

2018/5/15  

食欲不振および体重減少を特徴とする悪液質(カヘキシア)は、進行がん患者さんにとって生活の質を低下させるだけではなく、栄養状態を悪化させ直接的な死因とな ...

がん情報 免疫治療 肺がん

抗PD-L1抗体デュルバルマブ(durvalumab)が非小細胞肺癌の生存期間を有意に延長

2018/5/15  

切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌(小細胞癌という特殊なタイプ(組織型)以外の約80%の肺がん)は予後不良ながんですが、ここにきてその治療法は大きく変 ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 放射線治療 肺がん

肺がんステージ4の治療法:手術による局所治療追加で抗がん剤単独より生存率を大幅に改善

2018/5/15  

非小細胞肺がん(肺腺がん、肺扁平上皮がん、肺大細胞がん)のステージ4(遠隔転移を認める状態)に対する治療にはさまざまなものがあり、未だに確立されたもの ...

がん情報 乳がん 大腸がん 肺がん

【医師が解説】がん代替医療の生存率へあたえるインパクト:標準治療に比べ死亡リスクを2.5倍に増加

2018/11/7  

最近、手術、抗がん剤、放射線治療などの標準治療を拒否して代替医療(alternative medicine)を選択する有名人の報道をよく目にします。 ...

がん研究 乳がん 大腸がん 肺がん 膵臓がん

糖尿病とがんとの関係:高血糖(ブドウ糖)はがん細胞の遊走・浸潤を刺激して転移を促進する

2018/5/15  

糖尿病は、膵臓がんなどがん発症の危険因子として知られています。また、糖尿病はがんの発症リスクを高めるだけではなく、がんの進行(浸潤や転移)にも深く関わ ...

がんの予防 抗癌剤・分子標的薬 肺がん

炎症を抑える分子標的薬(抗インターロイキン-1β抗体)カナキヌマブが肺癌を抑制

2018/5/16  

慢性の炎症が、がんの発症や進展(増殖、浸潤、転移)に深く関与していることはよく知られています。 とくに肺がんは、アスベスト、喫煙、あるいは他の吸入毒に ...

がんの予防 がん情報 サプリメント 乳がん 肺がん 膵臓がん

【医師が徹底調査】スピルリナ(フィコシアニン)の抗がん効果とそのメカニズム

2019/7/28  

スピルリナは、今から30億年以上も昔に地球上に誕生した「らせん形」の藍藻類の一種で、最古の植物といわれています。 主にアフリカや中南米の熱帯地方の塩水 ...

サプリメント 肺がん 食事療法

ブロッコリーを食べましょう!強力な抗がん効果をもつスルフォラファンが肺癌の成長を阻害

2018/11/23  

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科野菜には、がんの予防効果があることをご存じでしょうか? 特に、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンには強力な解 ...

がん情報 免疫治療 肺がん

肺がんの治療が変わる?免疫チェックポイント阻害剤による癌免疫療法の驚くべき効果

2018/5/16  

肺癌(肺がん)は日本におけるがん死亡率トップのがんであり、現時点での抗がん剤治療には限界があります。分子標的治療薬の登場によって肺がん治療の選択肢は増 ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.