医師が独断で選ぶ「抗がんサプリメント」10種:エビデンス重視

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医師が独断で選ぶ「抗がんサプリメント」ベスト10

8cc9cbdfc2ca62747246e86afbe913fb_s

これまで、サプリメントに関して多くの文献(医学論文)を調査し、また自分でも試してみた結果で厳選した「がん患者さんをサポートする抗がんサプリメント(トップ10)」ランキング形式で紹介します。

できるだけエビデンスを重視し、人や動物実験で、ある程度の効果が証明されているものを選びました。

ただし、何度も言いますが、「それだけでガンが治る(消える)サプリメント」はありません。考え方としては、「がん治療や日々の生活をサポートするために、無理にならない範囲で続けられる健康補助食品」です。

「知り合いがすすめるから」、「”末期がんが消えた”とうたっているから」、「値段が高いほうが効きそうだから」、といった理由で飲み始めるものではありません。

くれぐれもよくご検討のうえ、ご自分の判断で試してください。

では10位からいきましょう!

10位 HMB

目的:筋肉増強、サルコペニア予防

HMBとは3-ヒドロキシイソ吉草酸(β-hydroxy-β-methylbutyrate)の略で、必須アミノ酸の「ロイシン」の代謝物のことです。

最近、このHMBが筋肉の合成をうながし、分解を防ぐサプリメントとして注目を集めています。

じつは、がん患者さんが「筋肉を保つこと」はとても重要です。

というのは、がんによって筋肉量と筋力が低下するサルコペニアがおこる可能性があるからです。このサルコペニアがある患者さんでは、術後の合併症が増えたり、抗がん剤の副作用が多くなったり、死亡リスクが増加することがわかっています。

HMBは、筋肉を保ち、体重を維持・増加させ、サルコペニアを予防するサプリメントとして期待されています

実際に、サルコペニアを認める高齢の胃がん患者さんに、手術前から運動療法(握力トレーニング、ウォーキング、レジスタンス運動)と栄養サポート(必要カロリー+タンパク質摂取のアドバイス)に加え、HMBの投与を行ったところ、サルコペニアが改善し、重大な術後合併症はみられなかったとのことです。

わたしが実際に飲んでみて、オススメするのはこちらのサプリメントです。

国産のHMBカルシウムを使用しているとのこと。安心ですね。 

P1000826

タブレットタイプです。

P1000828

1粒に250mgのHMBカルシウムを含んでいます。1日8粒(推奨摂取量は6~12粒)2,000mgとなります。

なかなか体重が増えない方、サルコペニアの予防を考えている方におすすめのサプリメントです。

9位 乳酸菌(プロバイオティクス)

目的:腸内環境の改善・免疫力アップ

がん治療の成否を決定する要因のひとつに腸内細菌(マイクロビオータ)があります。

最近の研究では、悪玉菌が少なく、善玉菌が多い腸内環境をもつ人のほうが、免疫療法などの治療が効きやすく、長生きすることがわかっています。

腸内細菌を改善する方法として、長期的な食事パターンとプロバイオティクス(プロビオティクス)が重要であると言われています。

プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌など、腸内細菌叢のバランスを改善し、人体に有益な作用をもたらす生きた微生物(いわゆる善玉菌)のことです。

このプロバイオティクスは、がんの予防や治療にも効果が期待されています

実際に、乳酸菌(ラクトバチルス・カゼイ)の培養液から単離した物質であるフェリクローム(ferrichrome)を、大腸がん細胞を皮下に移植したマウスに投与したところ、がんの増殖をほぼ完全に阻害しました(Nat Commun. 2016 Aug 10;7:12365:下図)。

フェリクローム マウス大腸がんモデル

善玉菌は、腸内を通過し、やがて体外に排泄されてしまいます。そこで、腸内環境をベストな状態にするためには、毎日、乳酸菌をはじめとした善玉菌をできるだけたくさん摂る必要があります。

胃酸に強く生きたまま腸まで届き、善玉菌を増やす効果が期待できる乳酸菌のサプリメントがこちらです↓

乳酸菌革命

この「乳酸菌革命」ですが、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌に加え、上記の抗がん物質フェリクロームを産生するラクトバチルス・カゼイなどの乳酸菌が16種類も配合されたサプリメントです。

しかも1日に摂れる乳酸菌は1,000億個(一般的なヨーグルトの10倍以上)です!

また、通常価格でも1日100円(定期コースだとそれ以下)なので、ヨーグルトより安くつくかもしれませんね(というか、1粒でヨーグルト10個分ですから明らかに安いですね!)。

私も健康のため腸内環境には気を使っており、毎日飲んでます。

P1000818

1袋に62粒はいってます。1日2粒でおよそ1ヶ月分となります。

P1000815

カプセルで飲みやすく、毎朝忘れずに乳酸菌をとれます!お通じの具合もよくなってきました(個人的感想です)。

8位 マイタケ D-フラクション

目的:免疫力アップ、がんの増殖・転移をおさえる作用

きのこ類、なかでも舞茸(マイタケ)にはがん抑制効果が確認され、がんに効く食べ物(あるいはサプリメント)として注目されています。

0e908d289b342083b80bd7da0b336e19_s

マイタケから抽出された成分であるD-フラクション(可溶性β-グルカン)は、がんと戦う免疫細胞(マクロファージ、T細胞、ナチュラルキラー細胞)の活性を高めることに加え、直接がん細胞の増殖を抑制することが示されています

マイタケ D-フラクションは、乳がん細胞の生存、遊走、および浸潤を抑制し、さらにマウスの乳がんモデルにおいて、腫瘍の成長および肺への転移(個数)を抑制することが報告されました(Nutr Cancer. 2017 Jan;69(1):29-43)。

また、マイタケ D-フラクションは、悪性度の高いトリプルネガティブ乳がんの増殖および転移を防ぐことが示されました(Oncotarget. 2018 May 4;9(34):23396-23412:下図)。

Dフラクションマウストリプルネガティブ乳がんモデル   

「きのこ関連の抗がんサプリメント」としては、アガリクス、シイタケ菌糸体、メシマコブ、霊芝などが有名ですが、エビデンスの点からはマイタケ D-フラクションが最も効果が期待できると思います。

マイタケ D-フラクションのおすすめサプリメントはこちら↓

マイタケタブレット MXフラクション(錠剤)は、マイタケエキス末(MD-フラクション)とマイタケ子実体粉末(MX-フラクションを含む)を配合したタブレット(錠剤)タイプの健康食品です。 

7位 アントシアニン

目的:抗酸化作用、がんの増殖・転移をおさえる作用

アントシアニンとは、植物に含まれるポリフェノール(光合成によってできる植物の色素や苦味の成分)の一種です。

「アントシアニンが目にいい」ことは有名ですが、酸化炎症を抑える作用があり、一部の研究によるとがんの予防や治療効果もあるという報告があります。

実際に、ブルーベリー(ビルベリー)のジュースを飲んで得られる程度のアントシアニンの濃度でも、膵臓がんや肝臓がん細胞の遊走能(転移に必要な運動能力)を抑える可能性が示されました(Eur J Nutr. 2017 Feb;56(1):203-214)。

アントシアニンは、ブルーベリーやアサイーに豊富に含まれています。

なかでも、南米アマゾン原産のヤシ科の植物であるアサイー(アサイーベリー)にはブルーベリーのおよそ5倍ものアントシアニンが含まれています。

アサイーベリーのサプリメントがこちらです↓

【アサイーベリー】

DSCN0884

この【アサイーベリー】には、アントシアニン以外にも、鉄分、食物繊維、カルシウム、ビタミンC、ルテイン、レスベラトロールなど、がん患者さんに必要な成分が豊富に含まれています。

DSCN0878

1袋3,800円ですが、定期便にすると3,420円となり、1日(2粒)あたり114円とかなりお得になります!

アントシアニンは目の健康にもよいので、よくパソコン仕事や読書をする人にはお勧めのサプリメントです。

6位 ケルセチン

目的:がんの浸潤・転移をおさえる作用

野菜や果物など植物中に存在する天然の化学物質(ファイトケミカル)には、がんを予防したり進行を抑える作用をもつものがあります。

中でもタマネギに多く含まれるケルセチン(ポリフェノールの一種)は、強力な抗がん作用をもつことがわかってきました

ケルセチンは、膵臓がん細胞の増殖だけでなく、浸潤および遊走(運動能)を阻害することが報告されていますOnco Targets Ther. 2017 Sep 25;10:4719-4729:下図)。

ケルセチン膵臓がん遊走浸潤

ケルセチンは、タマネギの薄茶色の外皮に非常に多く含まれているため、皮ごと調理するか、タマネギの皮をつかったお茶などで工夫して摂取する必要があります。

ケルセチンのおすすめサプリメントはこちらです↓

タマネギ食用部分の他、タマネギの外皮を特に多く配合した健康食品です。

5位 スルフォラファン

目的:抗酸化作用、抗炎症作用、がんの浸潤・転移をおさえる作用

多くの疫学研究により、アブラナ科の野菜を多く食べる人は、がんになりにくいことが分かっています。この理由の1つに、アブラナ科野菜にふくまれる化学成分(ファイトケミカル)であるスルフォラファンのがん予防効果が考えられています。

スルフォラファンには、強力な解毒作用、抗酸化作用、および抗炎症作用があり、がんに対する予防・治療効果があることが証明されています。

実際に、多くの細胞や動物実験により、スルフォラファンは、肺がん、乳がん、膵臓がんなどの増殖を抑制することが示されています。

とくに、スルフォラファンは、抗がん剤が効きにくいがんの親玉である「がん幹細胞(かんさいぼう)」を殺すことで、トリプルネガティブ乳がんに対する抗がん剤治療の効果を高めという報告があります(Cancer Lett. 2017 May 28;394:52-64)。

スルフォラファンをとるには、ブロッコリースプラウトがいいようです。最近では、野菜コーナーでよく見かけるようになりました。

f1ac75938d39909046f1cfb75bcc4ff4_s

サプリメントで摂るなら、1日500mgのスルフォラファンを摂れるこちらをオススメします↓

アマゾンで3個セットで頼むと少し安くなります。

DSCN0900

1瓶に90カプセルはいってます。

DSCN0901

カプセルタイプで、飲みやすいです。

DSCN0907

「ブロッコリー(ブロッコリースプラウト)を毎日食べるのは無理」という人におすすめのサプリメントです。

4位 フコイダン

目的:免疫力を高める、がんの抑制作用

フコイダンとは、褐藻類(かっそうるい)といわれるコンブ、ワカメ(メカブ)、モズクに含まれる特有のヌメリ成分(食物繊維)の一種です。

抗がんサプリメントとして人気があります。

これまでの多くの研究により、フコイダンは以下の5つのおもな作用によって、がんの治療をサポートすることがわかりました。

1.がん細胞に対する抗腫瘍(アポトーシス導入)作用 

2.血管新生を抑制し、がんの成長・転移を阻止する作用

3.免疫力を高める作用

4.抗がん剤・分子標的薬の効果を高める作用

5.疲労感を軽減し、がんや抗がん剤治療にともなう筋肉の萎縮を改善する作用

さらに、フコイダンの効果を実際のがん患者さんで調べた3つの臨床試験があります。

このうち、ランダム化比較試験において、フコイダンは抗がん剤治療と併用することで、転移性大腸がん患者さんの病勢コントロール率(効果があった+進行を認めなかった患者さんの率)を改善し、生存期間を延長する可能性が示されました。

フコイダンのおすすめサプリメントを紹介します。

沖縄フコイダン

沖縄産モズク100%使用。1瓶(180粒)にフコイダンを42グラムも含んでいます!フコイダンの含有量ではトップクラスです。

フコイダンエキス原末

沖縄モズクを原料とした、フコイダンサプリメントです。1瓶にフコイダンを25グラム含んでいます。

オリヒロ 海からの恵み フコイダン 

「オリヒロ 海からの恵みフコイダン 90粒」は、メカブ由来のフコイダンのサプリメントです。1瓶(90粒)にフコイダンを9グラム含んでいます。

3位 クルクミン(ウコン)

目的:抗酸化、抗炎症作用、がんの成長抑制(血管新生阻害、間質抑制、免疫の賦活化)

ウコン(ターメリック)に含まれる黄色のポリフェノール化合物であるクルクミンは、以下のさまざまな作用機序によってがんを抑制することが報告されています。

  • 抗酸化・抗炎症作用
  • がん細胞の増殖シグナルを阻害する作用
  • がん細胞に対する細胞死(アポトーシス)の導入作用
  • 血管新生(がんの成長に不可欠な、新たな血管を引き寄せる作用)の阻害
  • がんの進行を手助けする周囲の間質(かんしつ)細胞への抑制作用
  • がん免疫のブレーキとなる制御性T細胞を減少させ、一方がん攻撃の司令塔となるTh1細胞を増加させる作用

さらに、クルクミンは、実際の臨床試験においてもその抗腫瘍効果が確認されています

たとえば、膵癌(すい臓がん)患者を対象とした、クルクミン単独治療による臨床試験では、クルクミンの血中濃度が低かったにもかかわらず、2人に効果がみられ、肝臓への転移病変が著明に縮小した症例が報告されています(下図)

%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e8%86%b5%e7%99%8c%e8%82%9d%e8%bb%a2%e7%a7%bb%e7%b8%ae%e5%b0%8f

Dhillon N., et al. Clin Cancer Res. 2008;14:4491-9.より引用

ウコンあるいはクルクミンはがん患者さんにとって是非とも摂取したいサプリメントですが、じつは脂溶性物質(脂には溶けるが、水には溶けない)であるため、吸収率が非常に悪いことが問題でした。

この問題を解決したのが、クルクミンが分解されてできるテトラヒドロクルクミン(テトラヒドロクルクミド)です。

テトラヒドロクルクミン

テトラヒドロクルクミンの特徴は、クルクミンよりも安定で分解されにくいということです。

動物実験(子宮頸がんのマウスモデル)では、テトラヒドロクルクミンを投与することによって、がんの増殖が抑制されることが報告されています(Biomed Res Int. 2016)↓

テトラヒドロクルクミン ヌードマウス実験

秋ウコンを原料とし、このテトラヒドロクルクミドを95%含有したサプリメントがこちら↓

【秋ウコンホワイト】

P1000523

水がいらないタブレットタイプです。

P1000528

レモン風味で美味しいです。

他のウコンのサプリメントと比較しても安い(1ヶ月分が送料無料の2750円1日あたり91円)ので、続けやすいのもうれしいですね。

2位 EPA(エイコサペンタエン酸

目的:抗炎症作用、がんの増殖抑制

EPA(エイコサペンタエン酸)はDHA(ドコサヘキサエン酸)と同様、必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一種で、魚油(フィッシュオイル)に多く含まれています。

EPAには強い抗炎症作用があり、心筋梗塞や虚血性心疾患、動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、血栓症高脂血症などの予防や改善に役立つことが明らかになっています。

また、以下の理由により、EPAには、がんの予防および治療効果があると考えられています

● 多くの細胞や動物実験において、EPAはがんの発生や増殖・転移を抑える

● EPAを多く含む青魚を食べている人はがんになりにくいという研究結果や、前立腺がんのリスク低下も報告されている

● ランダム化比較試験において、術前のEPAの投与は、大腸がん肝転移の患者さんの生存期間を延長する傾向があることが示された(Gut. 2014 Nov;63(11):1760-8:下図)

EPA生存率

EPAは、特に青魚に多く含まれる脂肪酸ですが、体内では作られにくく毎日の食事やサプリメント等でしっかりと摂り入れることが大切です。ただ、サプリメントによってEPA量のばらつきがあるので注意が必要です。

おすすめのEPAサプリメントを3つ紹介します。

DSさらさら

数あるEPAのサプリメントのなかでも、ダントツのEPA含有量(1,041mg)を誇るのがこちらです↓

 DSさらさら

 

メタボリックシンドロームを初めてTVで紹介した、生活習慣病の第一人者の岡部 正(おかべ ただし)医師が開発したサプリメントです。

抗酸化作用のある成分トランスレスベラトロールアスタキサンチンを加えており、EPAの酸化しやすいという弱点をカバーしています。

厚生労働省が推奨する1日のオメガ3脂肪酸量(1,000mg以上)を超えてますので、このサプリメントだけでEPAは十分といえます

イマークS

あのニッスイが開発したドリンクタイプのサプリメントがこちらです↓

「イマークS」

こちらも、EPA600mg(+DHA 260mg)とたっぷり含まれています。

今なら1,000円で10日間お試しできます↓ さっぱりしたヨーグルト味で、とても美味しいです。魚くさいかな?と心配しましたが、全然大丈夫でした。

P1000687

さかな暮らし

最後に、コストパフォーマンスが高いサプリメントを紹介します。

さかな暮らし

この「さかな暮らし」ですが、EPA含有量は600mg(+DHA 280mg)と多く、しかも値段がおてごろです。定期便でたのむと、およそ1ヶ月分が2520円になります。

こちらになります↓

P1000672

1日6粒でEPA+DHAが合計で860mgもとれるのがうれしいですね!

P1000678

さらに、今話題のクリルオイル「南極オキアミ」というエビに似たプランクトンから抽出される脂質成分)も含んでいます。

1位 ビタミン+ミネラル(微量元素)

目的:抗酸化作用、がん予防、副作用の軽減・全身状態の改善

おすすめのサプリメント第1位は、やはりビタミンとミネラルでしょう。

ビタミンとミネラルは、からだの調子をととのえ、免疫力や生活の質(QOL)を保つために必要な栄養素です。実際、ビタミンやミネラル欠乏によって、貧血など様々な病気になります。

「ビタミンとがん」に関する研究は非常に多く、一部にネガティブなデータがあることも確かです。ただ、同じような研究でも、スタイル(後ろ向きか前向きか等)、対象者や規模(誰を何人対象にしているのか等)によって結果が異なることはよくあることです。

これまでの研究結果を独自に調査した結果、以下のことが明らかとなっています。

● 120万人以上を対象とした最新のメタ解析(多くの研究結果を総合的に解析する手法)によると、ビタミンの摂取(とくにビタミンB12とビタミンD)は膵臓がんのリスクを10%減少するMedicine (Baltimore). 2018 Mar;97(13):e0114)
● リンチ症候群という、がんの発症リスクが高まる遺伝性疾患の患者さん約2000人を対象とした臨床研究において、3年間以上にわたってマルチビタミンを摂取していた人は、大腸がんを発症するリスクが50%以上も減少していたInt J Epidemiol. 2016 Jun;45(3):940-53)
● 日本の臨床研究(ランダム化比較試験)において、ビタミンDのサプリメント(1,200 IU/日)によって肺がん患者の生存率が改善したClin Cancer Res. 2018 Jul 17. doi: 10.1158/1078-0432)
● マルチビタミンのサプリメントによって抗がん剤の副作用である末梢神経障害(手足のしびれ)が軽くなった(J Natl Cancer Inst. 2017 Dec 1;109(12))

わたし自身、マルチビタミン+ミネラルのサプリメントを毎日摂っていますが、今はこちらのオールインワン・サプリメントを利用しています↓

マルチバランスサプリメント 元気セブン

元気セブン

この「元気セブン」の1袋(7粒)には、各種ビタミン(ビタミンB群+C+D+E)ミネラルを中心に、オメガ3不飽和脂肪酸のEPA・DHAや、コエンザイムQ10、リコピンまで含まれています。

元気セブン

まさにこれだけで十分なオールインワンのサプリメントです。初回限定で半額となり、なんと1袋(1日)当たり58円になります!

また、わたしはこれにビタミンDを追加しています。

まとめ

以上、私が独断で選んだ「がん患者さんをサポートする抗がんサプリメント(トップ10)」でした。

順位 サプリメント
10位  HMB
9位  乳酸菌(プロバイオティクス)
8位  マイタケ D-フラクション
7位  アントシアニン
6位  ケルセチン
5位  スルフォラファン
4位  フコイダン
3位  クルクミン(ウコン)
2位  EPA
1位  ビタミン+ミネラル

この中から、ご自分に合ったサプリメントを選ぶとよいでしょう!

すぐに効果があらわれる訳ではありませんが、続ければ、きっとあなたのがん治療をサポートするパワーになると思います。


応援よろしくおねがいします

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

佐藤 典宏

医師、医学博士、メディカル・サプリメント・アドバイザー。 消化器外科医として診療のかたわら癌の基礎的な研究もしています。 ☞ くわしいプロフィールはこちら ☞ 標準治療、代替医療、最新のがん情報についてエビデンスをまじえて紹介します。がん患者さんやご家族のかたに少しでもお役に立てれば幸いです。☞ 当ブログが本になりました!「ガンとわかったら読む本」マキノ出版 ☞ 
あなたへのおすすめ記事
あなたへのおすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク