手術

再発・転移 手術 膵臓がん

膵臓がん:手術後すぐに再発する人しない人の違いとは?957例の解析より

2018/9/20  

要約:膵臓がん(膵癌)が手術後1年以内に再発する人は、術前に① 重い持病(併存疾患)があり、② 腫瘍サイズが3cmより大きく、③ 術前の腫瘍マーカー( ...

がん情報 手術

がんの再発はどんな検査で診断するのか?消化器がんの場合

2018/9/13  

がんの治療で最も問題となるのは、やはり「再発」です。 「再発するか・しないか」によって、がん患者さんの運命が決まるといっても過言ではないでしょう。がん ...

手術

腹腔鏡手術は開腹手術より危険で死亡リスクが高い?迷っている患者さんへ

2018/9/11  

がん治療の選択肢の一つとして、手術は多くの患者さんに提示されます。 医療の進歩によって手術の安全性は高くなってきました。しかしながら、手術にともなう合 ...

がんの本 手術 抗癌剤・分子標的薬 放射線治療

がんの治療をうける人にお勧めの本(その1):手術・抗がん剤・放射線治療編

2018/11/7  

「がんは情報戦」とも言えます。 がんに対する標準治療、最新のがん治療、あるいは治療による副作用の対処法など、知っている人と知らない人では治療の成績(つ ...

手術 放射線治療 肺がん

早期肺がんに対する手術は放射線治療(SBRT)に比べて死亡率が上昇:海外からの報告

2018/12/6  

早期の非小細胞肺がん(NSCLC:肺腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)に対しては、肺切除手術が標準治療として長く行われてきました。 一方で、高齢の患者 ...

手術

「ドクターX 」大門未知子のように失敗しない外科医はいるのか?

2018/11/18  

外科医が登場する映画やドラマはたくさんあるのですが、最近では天才外科医・大門未知子が主人公の「ドクターX」が大ヒットし、話題となりました。 われわれ外 ...

がん情報 手術 膵臓がん

がん手術までの待ち時間(手術の遅れ)は生存率に影響するのか?:膵臓癌の場合

2019/7/14  

がんと診断されてから手術までの期間(待ち日数)は、緊急手術をのぞき、およそ1週間から1ヶ月の範囲がほとんどだと思います。 ただ、病院によってかなり差が ...

QOL(生活の質) 手術

がんのバイパス手術とは?どんな癌で何の目的でするの?気になる合併症や予後は?

2018/5/15  

がんの手術には、がんを取り除くための手術(切除手術)だけでなく、がんによる管(くだ)や胃腸のつまりを改善するための手術があります。 これをバイパス手術 ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 放射線治療 肺がん

肺がんステージ4の治療法:手術による局所治療追加で抗がん剤単独より生存率を大幅に改善

2018/5/15  

非小細胞肺がん(肺腺がん、肺扁平上皮がん、肺大細胞がん)のステージ4(遠隔転移を認める状態)に対する治療にはさまざまなものがあり、未だに確立されたもの ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

FOLFIRINOX後のジェムザール+アブラキサンで局所進行切除不能膵臓がんが切除可能に!

2018/5/15  

膵臓がんは、初期には自覚症状に乏しいことより、多くの場合、診断時にはかなり進行しています。 なかでも、離れた臓器には転移を認めないが、がんが重要な血管 ...

QOL(生活の質) 乳がん 手術

センチネルリンパ節陽性の乳癌でも腋窩リンパ節郭清は必要ない?10年生存率の比較より

2018/5/15  

乳がん患者の手術では、これまで長い間、腋窩リンパ節郭清(腋のリンパ節の摘出)が行われてきました。 腋窩リンパ節郭清は局所を制御するよい方法ではあります ...

手術 膵臓がん

膵臓がんの手術:膵体尾部切除後の合併症である膵液瘻(すいえきろう)の危険因子と予防策

2019/6/25  

膵体尾部切除(尾側膵切除)は、膵臓がんに対する標準術式のひとつですが、合併症が比較的多い手術です。 とくに、膵臓を切った端などから膵液がもれる合併症で ...

乳がん 手術

癌の手術をしないという選択肢:手術拒否は乳がん患者の死亡率を2.4倍も高める

2018/11/7  

がん治療には、いろいろな選択肢があります。 医師はエビデンス(医学的根拠)やガイドラインにしたがって、最も治療効果の高い方法を提案するでしょう。しかし ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 食道がん・胃がん

ステージ4でもあきらめない!切除不能胃がんに対するmDCS療法とコンバージョン手術

2019/7/8  

胃がんの罹患率は減少しているにもかかわらず、切除不能の進行胃がんによる死亡者数はいまだに多く、世界的にも大きな問題となっています。 しかし最近では、新 ...

手術 膵臓がん

術前化学療法(抗がん剤治療)を受けた膵臓がん患者に術後も抗がん剤が必要か?最新研究結果より

2018/5/16  

  膵臓がんに対しては、手術と化学療法(抗がん剤)や放射線などを組み合わせる集学的治療の重要性が広く認識されるようになってきました。 「切除可能な膵臓 ...

がん情報 大腸がん 手術

大腸がんの肝転移と肺転移をあきらめない!積極的な手術(外科切除)で治る可能性は?

2019/6/17  

遠くの臓器に転移を認める、ステージ4の大腸がんの5年生存率は、10~20%であると報告されています。 大腸がんの場合、肝臓や肺に転移することが多く、が ...

手術 膵臓がん

がん手術後の痛みのコントロールが生存率に影響:膵臓癌に対する切除術でのデータ

2018/5/16  

がんの手術後には、傷の痛みはもちろんですが、手術に関連した様々な部位の痛みをともないます。特に、膵臓がんの手術では、通常、比較的傷が大きな開腹手術にな ...

手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんステージ4でもあきらめない!抗がん剤によるダウンステージングとは?

2019/6/29  

膵臓がんは予後が悪い癌の代表格ですが、最大の原因は、診断された時にはすでに転移が認められ、切除ができないほど進行している患者さんが多いためです。 他の ...

手術 膵臓がん

膵臓癌の手術(膵頭十二指腸切除)後の重大な合併症リスク解析:17,564人のデータより

2019/6/26  

膵臓がんに対する手術の方法はがんの部位によって決まりますが、おもに右側の膵臓を切除する膵頭十二指腸切除術と、左側の膵臓を切除する膵体尾部切除術がありま ...

大腸がん 手術

腸閉塞を合併した大腸がんの生存率は低いのか?日本からの研究報告

2018/5/16  

先日、「チューリップ」の財津和夫さん(69歳)が腸閉塞と大腸がん(下行結腸がん)と診断されたことがニュースとなりました。 ちなみにステージ(進行度)に ...

QOL(生活の質) 手術 膵臓がん

膵臓切除後に注意する合併症:糖尿病はどの程度みられるのか?

2018/5/16  

膵臓のおもな働きとして、外分泌機能と内分泌機能があります。 外分泌機能とは消化液をつくって腸(十二指腸)の中に流す働きです。一方、内分泌機能とはインス ...

手術 運動 食事療法 食道がん・胃がん

胃がん患者におけるサルコペニアと術後合併症:術前筋トレのすすめ!

2018/8/20  

最近、「サルコペニア」という言葉を耳にする機会が増えました。サルコペニアとは、簡単に言うと病的な筋肉量や筋力の低下のことで、がん(特に消化器がん)の患 ...

がんの本 マインド 手術 生活習慣

ステージ4咽頭がんを克服したサバイバーによる体験記「がんの手術をする前に」から学ぶべきこと

2018/8/27  

がんサバイバーの体験記には、多くの学ぶべきことがあります。 進行がんを克服した春名伸司さんと、日本ホリスティック医学協会会長である帯津良一先生の共著「 ...

手術

がん患者さん必見!外科医が教える、腕のいい理想的な外科医を見抜く方法

2018/5/16  

がんの手術が成功するためには、第1に経験豊富で腕のいい外科医に巡り会うことが必要条件となります。特に、複雑で難易度の高い手術であれば、なおさら外科医の ...

マインド 手術 運動 食事療法

がんの手術を受けるみなさんへ、プレハビリテーション(予防的リハビリテーション)のすすめ!

2018/5/16  

がんと診断され、手術を控えた多くの患者さんは、不安や心配な気持ちから、何も手に付かない状態でしょう。 実際に手術を終えた患者さんにお話を聞くと、手術の ...

がん情報 大腸がん 手術 食道がん・胃がん

消化器がんに対する腹腔鏡(ふくくうきょう)手術のメリット、デメリットとは?

2018/11/20  

がんに対する治療の基本は、手術、抗がん剤(化学療法)、放射線治療のいわゆる三大療法ですが、なかでも手術による切除が最も根治性(完全に治癒する可能性)の ...

大腸がん 手術 膵臓がん 食事療法 食道がん・胃がん

術前の予後栄養指数(PNI)が消化器がんの術後合併症と生存期間を決める!

2018/5/16  

みなさんは、がんの手術がうまくいくかどうか(つまり術後合併症や生存期間)を決める上で重要なことは何だと思いますか? がんの手術の成績を決める因子として ...

がん情報 手術

がんの手術を受ける患者さんへ!手術前に必ずしてもらいたい5つのこと

2018/11/7  

がんに対する治療法は日々進歩しています。新しい抗がん剤や放射線治療、さらには免疫治療も開発され、臨床応用されるようになりました。 また、外科の分野では ...

がん情報 手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

高齢の膵臓がん患者は手術と抗がん剤のどちらを選ぶべきか?研究報告

2018/5/16  

膵臓がんの患者は年々増えており、日本における死亡者数は2013年には年間3万人を突破しました。 また膵臓がんは高齢者に多く、診断時の平均年齢は70歳以 ...

がん情報 手術 抗癌剤・分子標的薬 膵臓がん

膵臓がんを生き抜くために!現時点でベストの治療法は?

2018/5/16  

膵臓がんは進行した状態で診断されることが多く、治療成績はがんの中でも最悪といわれています。 がんの治療では、まずは5年生存を目指すわけですが、日本にお ...

Copyright© 「がん」をあきらめない人の情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.