ドクターズチョイス!すべてのがん患者さんへすすめる厳選サプリメント5種

Pocket

1f762c6d3f7276484324cb18de61c5bd_s

がん患者さんにサプリメントが必要かどうかについは、いろいろと意見があります。

わたしも昔は「がんに効くサプリメント」なんてインチキだと思ってましたから(笑)。

しかし、サプリメントについていろいろと勉強し、また自分でも試してみた結果、今ではがんの治療や再発防止にサプリメントは欠かせないと思ってます

しかし、ネットには「がんに効く」というサプリメントの情報が氾濫しており、どのサプリメントがいいのか判断がとても難しいと思います。なかには高価なだけで全く効果がない(あるいはむしろ有害な)ものもあるため、注意が必要です

そこで、ある程度の医学的な根拠(エビデンス)のある、あるいはエビデンスレベルは低いものの、過去の研究結果から効果が期待できるがん患者さんに最低限とってほしいおすすめサプリメントを紹介します。

がん患者さんにサプリメントが必要な理由

まずは、がん患者さんにサプリメントが必要な理由をあげてみます。

● 一般的に、多くのがん患者さんでは、病気自体の影響で栄養摂取・吸収が悪化しており、とくに進行がんでは、直接的な死因となる栄養失調(カヘキシア)や筋肉やせ/筋力低下(サルコペニア)となることが多い。
● サプリメントには、強力な抗酸化作用や炎症(えんしょう=がんの進行に関与する)を抑える作用を示すものがあり、がんの成長や進行(転移など)を抑える効果が期待できる。
● サプリメントには免疫力を高めるものがあり、がんの治療効果を高めたり、再発を防ぐ作用が期待できる。
● サプリメントの中には、それ自体ががん細胞を直接攻撃する(アポトーシスを誘導する)ものや、実際に人においてがんの成長を抑える効果が報告されているものがある。

したがって、通常のがん治療にサプリメントを上手に組み込むことにより、体力の低下を防ぎ、栄養状態を保ち、また抗酸化力や免疫力をアップすることでがん治療の効果を高めることが期待できます

では、具体的におすすめのサプリメントを紹介していきます。

ドクターズチョイス!最低限とってほしい、おすすめの抗がんサプリメント5種

(注意)以下のサプリメント(商品)自体のがんに対する効果についてのデータや報告はありません。ご購入・ご利用に際しては自己責任でお願いします。

1.マルチビタミン(とくにビタミンC、E)

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

多くの人は、食事から十分なビタミン類を摂取できていません。特に食事が十分とれないとき、あるいは消化吸収力が低下している場合、どうしてもビタミンやミネラルが不足してきます。したがって、マルチビタミンは、すべてのがん患者さんにおすすめの基本のサプリメントです。

身体の恒常性(ホメオスタシス)や免疫のバランスを保つためには、すべてのビタミンをバランスよく摂取することが大切ですが、とくにビタミンCとEには抗酸化作用があり、がんの再発予防や治療にとても重要です

また、ビタミンDの不足は様々な病気の原因となるだけではなく、がん患者さんの死亡率を高めるとの報告もあります(詳しくは、「ビタミンDの低下は乳癌の死亡率を高める:乳がんサバイバーにおける調査結果」)。したがって、ビタミンDもすすんで摂取した方がよいでしょう。

10種のビタミンを同時にとれる、食品由来のマルチビタミンのサプリメントはこちらです! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

10種のビタミンを同時にとれるマルチビタミンのサプリメント

2.EPA(エイコサペンタエン酸)

fish oil

EPAはオメガ3脂肪酸に分類される成分で、私たちの健康に欠かせない必須脂肪酸とも呼ばれています。

がんと炎症は密接に関係しています。つまり、がんは炎症によって発生し、炎症によって進行するのです。EPAは、炎症にともなって放出されるがん促進因子のひとつであるアラキドン酸の合成を抑える働きがあり、がんの増殖や転移を抑える効果があります。

実際のランダム化比較試験において、サプリメントとしてのEPAの投与は、大腸がん肝転移の患者さんの生存期間を延長することが示されています(詳しくはこちらの記事をご参照ください↓↓↓)

EPA(エイコサペンタエン酸)の抗がん作用:大腸がん肝転移に対する臨床試験

さらに、末期がん患者さんを対象にした臨床試験で、病勢コントロール率83%と驚くべき抗がん効果を報告した古川健司先生による「免疫栄養ケトン食」では、ケトン食にEPAとタンパク質の摂取を強化しています。

このようにEPAには強い抗炎症作用があり、多くの研究によりがん予防効果、抗がん作用があることがわかっています

 EPAは、特に青魚に多く含まれる脂肪酸ですが、体内では作られにくく毎日の食事やサプリメント等でしっかりと摂り入れることが大切です。ただ、サプリメントによってEPA量のばらつきがあるので注意が必要です。

サプリメント別のEPA量を比較してみました!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

EPAがたっぷり含まれているオメガ3脂肪酸サプリメント

3.クルクミン/テトラヒドロクルクミン(ウコン)

b14aad137ae83273fa9662925a26a34b_s

「ウコンががんにいいの?二日酔いでしょ?」という方、まずはこちらの記事をどうぞ。

【医師監修】発がん、転移を抑えるウコン(クルクミン)の抗がん作用

ウコンの成分であるクルクミンには、血管新生(がんの成長に不可欠な、新たな血管を引き寄せる作用)の阻害作用抗炎症作用細胞死(アポトーシス)の導入作用、またがん幹細胞(がんの中でもとくに薬が効きにくい細胞)を特異的に攻撃する作用などがあり、抗がんサプリメントとして知られています。

実際、クルクミン摂取により、大腸の前がん病変の数が40%減ったという報告や、進行した膵臓がんに対するクルクミン単独治療による臨床試験では、肝臓の転移病変が著明に縮小した症例(下図)が報告されています。

%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e8%86%b5%e7%99%8c%e8%82%9d%e8%bb%a2%e7%a7%bb%e7%b8%ae%e5%b0%8f

Dhillon N., et al. Clin Cancer Res. 2008;14:4491-9.より引用

クルクミンは、細胞や動物実験だけではなく、人での臨床研究で効果が確認されている数少ない抗がんサプリメントです

がん統合医療のバイブルともいえる、ダヴィド・S・シュレベール著の「がんに効く生活」のなかでも、強力な抗がん効果のある食物としてターメリック(ウコン)を紹介しています

クルクミンはがん患者さんにとって是非とも摂取したいサプリメントですが、じつは脂溶性物質(脂には溶けるが、水には溶けない)であるため、吸収率が非常に悪いことが問題でした。つまり、通常のままではクルクミンを大量に摂取しても十分な血中濃度が得られないため、なるべく吸収されやすいかたちで摂取する必要があります。

吸収率を高めたクルクミンのサプリメントに関してはこちらのページをどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

吸収率を高めたクルクミンのサプリメント

4.ブロリコ(ブロッコリー抽出成分)

f5f25226489eff0285454a7e902959d3_s

免疫を担当する細胞には色々な種類がありますが、なかでも細胞傷害性リンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、がん細胞やウイルス感染細胞などの除去に重要と考えられています。

がんになる人、あるいはがん治療後に再発する人は、NK細胞などによる免疫監視機構が弱くなっていることが分っています。したがって、がんの予防や再発防止には、この免疫力(免疫監視機構)を強化することが大事なのです

そして、この免疫力を高める成分がブロリコです

ブロリコは、東京大学と5年間の共同研究によりブロッコリーから世界で初めて発見された成分です。2011年に実施した人での臨床試験では、NK細胞の活性化(平均10%)が確認されました。

また、実験の結果、自然免疫を高めると言われるアガリクス、ハナビラタケ(有効成分はβグルカン)の55倍、メカブフコイダンの60倍、プロポリスにおいては1000倍以上も免疫活性が高いことが確認されています。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%b3%e5%85%8d%e7%96%ab%e5%8a%9b

健康維持のために、ブロリコを飲んでいる人が増えています。また、実際にリピート率90%以上という実績があります。

定期購入の場合には初回半額で、全額返金保証もついていて安心です

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

飲みやすい錠剤タイプです↓↓↓

P1000700

もっと詳しく知りたい方、まずは無料の資料請求だけでもしてみてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自然免疫を活性化させる新成分ブロリコ。プロポリスの1000倍以上のパワー。

5.ホエイプロテイン

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3

これは、正確にはサプリメントと言えるかどうか分かりませんが、がん患者さんにはプロテインをおすすめしています

がん患者さんでは筋肉量の低下によるサルコペニア(いわゆる筋肉やせ)がみられ、予後が悪くなる原因となっています。

筋肉量の減少を防ぐには、少なくとも毎食良質なたんぱく質を 25~30 g 程度摂取しなければなりませんが、食事だけからこれだけの良質なタンパク質を摂取することは困難です。

そこで、良質のタンパク質を手軽にとれるホエイプロテイン(乳清たんぱく質)をおすすめします。特に、筋肉の合成や維持に必要な、分岐鎖アミノ酸(BCAA)のロイシンビタミンDが入ったものがベストです。

これを朝夕の2回、1回につき20g(合計40g)をとるのがよいと思います(吸収のことを考えると食事の前や運動直後がいいと思いますが、間食時でも結構です)。

ロイシンとビタミンDが入った理想的なホエイプロテインはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  

私の場合、毎朝、牛乳でとかしたプロテインで各種サプリメントを飲んでいます(水で飲むよりも飲みやすく感じます)。

以上が、がん患者さんあるいはがんサバイバーの方に最低限とってもらいたいサプリメントでした。

まとめ

794f5efa1b4cfb5e594a2297121fd89e_s

がん患者さん(がんサバイバーの人)にとってもらいたい5つのサプリメントと、期待される効果を以下にまとめてみます。どれも、がんを克服する上で欠かせない作用です。

1.マルチビタミン → 抗酸化作用

2.EPA → 抗炎症作用

3.クルクミン → 血管新生阻害作用

4.ブロリコ → 免疫力の向上

5.ホエイプロテイン、BCAA(分岐鎖アミノ酸) → 筋肉(筋力)維持、サルコペニア/カヘキシア予防

まずはこの5つの基本のサプリメント(マルチビタミン、EPA、クルクミン、ブロリコ、ホエイプロテイン)を試してみてください!

私もがんの予防のために毎朝欠かさずに飲んでますが、1ヶ月くらいから体調の変化(元気が出てきた、疲れにくくなった、かぜをひかなくなった等)が現れてきました。

みなさんにも是非このパワーを実感していただきたいと思います。ただし、サプリメントは飲み始めてすぐに劇的な変化があるわけではなく、効果がでるまでには(個人差がありますが)1~3ヶ月は時間がかかりますので、もし始めるのであれば1日でも早く始めましょう!


応援よろしくおねがいします!

いつも応援ありがとうございます。 更新のはげみになりますので、「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします_(._.)_!  

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ 

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. プリン より:

    とてもためになりました。参考にさせて頂きます。
    先生が今後講演会等される予定はありますでしょうか?ぜひ、参加させていただいきたいです。
    また、癌患者の糖質制限については、どう考えますか?

    • satonorihiro より:

      プリンさん

      暖かくなってきましたね。コメントありがとうございます。
      日々の診療の中で、がんの患者さん(あるいはご家族)が知りたいことや、困っていることをわかりやすく発信できればと思っています。
      糖質制限については、このブログでも取り上げましたが、可能であれば「ゆるい」糖質制限をおすすめしています。

      すべてのがん患者さんへ!楽しくゆるい糖質制限食のすすめ

      何事もそうですが、極端なことはおすすめできません。サプリにしろ、食事療法にしろ、無理せず自分でできる範囲でやるのがベストだと思います。

      PS) 講演などは予定していませんが、時間(と私の能力)の許す限りがんに関する疑問にはお答えしています。
      取り上げてもらいたいテーマなどがございましたら遠慮なくお聞かせください。今後のブログ記事の参考にさせていただきます。

      • プリン より:

        御解答ありがとうございました。
        大変うれしく思っています。
        北九州ではなかなか糖質制限に関するセミナーや糖質制限に知識があり医師の協力が得られることがなく、錯綜している日々でございます。
        ぜひ講演会など今後ありましたら、参加させていただきますのでよろしくお願いします。
        取り上げてほしいテーマとしては、がん患者は痩せて糖質制限をすると更に瘦せてしまうのではないかという不安もあります。タンパク質・脂質摂取することで体重増加は望めるのでしょうか。また、入院中ブドウ糖入りの点滴がとても多いように感じます。そういった場合はどうしたらよいのでしょうか。

        • satonorihiro より:

          プリンさん

          おっしゃるとおり糖質制限に関しては、まだ医師の間にも浸透しておらず、「まだエビデンスがない」といった理由から、否定的な医師も多いと思います。

          糖質制限による体重減少についてですが、確かにある程度の体重減少はあるようです。ただ、別の記事(ケトン食(ケトジェニックダイエット)が末期がんを救う:最新の研究結果)でも紹介しましたが、海外からのケトン食ダイエットの臨床研究では、11名中8名(73%)で体重の減少がみられたが、重大な副作用はなく、逆にほとんどの患者で生活の質(QOL)は改善したとのことです。
          つまり、「体重が減ったからきつい」ということではなく、「体重は減るけど体調はよくなる」ようです。
          さらに、治療効果があった患者では、治療効果を認めなかった患者より、より体重の減少がみられたということです。
          つまり、体重が減少するほうが、がんに対する治療効果が高いと考えられます。

          点滴に関しては、ほとんどのものにブドウ糖が含まれています。ただ、食事と違って点滴は通常ゆっくりと体に入ってきますので、(がん患者さんにとって避けたい)急に血糖値が上がるいわゆるスパイクはおこりにくいと考えられます。

          ですので、そこまで神経質にならなくていいと思いますよ。

  2. キノシタ より:

    いつも興味深い記事をありがとうございます。

    私が推奨して自身でも摂っているサプリメントと過半数が同じです。(メーカーは安いものにしていますが)
    ブロリコは一日おきにブロッコリーが食卓に載るので摂っていないし、ホエイプロテインは私の場合膵癌は完治しているので必要なしと考えています。

    • satonorihiro より:

      キノシタさん

      コメントありがとうございます。こちらこそキノシタさんのブログいつも楽しみにしております!

      サプリメントはあくまで補助的なものですので、基本は食事で摂るのがベストだと思います。
      私もブロッコリー(できればブロッコリースプラウト)、野菜、フルーツ(糖質の低いアボカドなど)、ナッツなどをできるだけ毎日食べてます。

  3. 品川プリンセス より:

    転移性膵癌 胃への転移で手術を受け、現在アブラキサンとジェムザールの治療が始まったところです。サプリメントは 進められないと言われていますが、力をつけるために、飲んでみたいのですがいけないのでしょうか。難治性だからこそできることをしたいと思うのですがーーー。サプリメントは治療が終わった人はいいのでしょうか。
    薬との反応がわからないからといわれました。基本は食事 わかっているのですが どうしてもがんに負けないことを考えると頼ってしまいます。
    お教えくださいませ。60台半ばです。

    • satonorihiro より:

      品川プリンセス様

      コメントありがとうございます。
      サプリメントはあくまで補助的なものですが、がん治療の効果を高める効果が期待できることもあります。
      また抗がん剤の副作用を軽くするといった報告もあります。
      賛否両論ありますが、私は治療中の患者さんにも、治療を終えたサバイバーの方にもサプリメントをすすめてます。
      「自分でできることは何でもやりましょう」というのが私のスタンスです。
      ただし、主治医の先生と相談してから信頼関係のもとにサプリメントを試してみてください。
      また、くれぐれも「がんが治る」といったたぐいの高額なサプリメントにだまされないようにしてください。

      アブラキサンとジェムザールはとても効果が期待できる治療法です。
      品川プリンセス様ががんを克服されることを祈っております。

  4. 品川プリンセス より:

    先生 親身にお答えくださって有難うございます。
    主治医の先生はいい顔されないかもしれませんね。 私も自分でできることは何でもやってみたいです。
    信頼関係って一番大切ですね
    まだ先生がわかりません。こわい感じのポーカーフェイスで 威圧感あります。

    先生のコメントに温かさを感じ 勇気を頂きました。感謝いたします。

  5. 品川プリンセス より:

    転移性膵癌は 決して完治できないものなのでしょうか
    オリゴメタ説のようにはいかないんでしょうか

    なんとしてでも助かりたいのです。
    方法はないのでしょうか

    • satonorihiro より:

      品川プリンセスさま

      何度もお聞きになったかもしれませんが、一般的に転移性膵癌は予後が悪いがんです。ただ、転移性膵癌でも完治する可能性はゼロではありませんし、がんの進行をうまくコントロール出来れば長期生存も可能です。
      現在報告されている5年生存率というのは5年以上前に治療した患者さんの統計です。

      今は、以前に比べて治療成績が向上しています。手術に加えて重粒子線や新しい抗がん剤など治療のオプションが増えました。今後もあたらしい治療法が開発され、臨床応用されることと思います。
      ですので、あきらめずに「自分でできること」を日々続けていくことをおすすめします。

  6. 品川プリンセス より:

    有難うございました
    できることからーーやっていきます。
    願わくば 奇跡を信じて サバイバー目指して

    感謝です